<   2009年 04月 ( 24 )   > この月の画像一覧

企みのダンボール工作*全体的にアレなものたち。

d0018646_11294698.jpg
あまりの愉快さに私の口角はあがりっぱなしで、ちょっとほんとにホッペタ筋肉痛になりそうだったROUGEの通し稽古。笑

新東京レビューROUGE本公演! メリーゴランドトーキョーvol.3スクラップ マンション レヴュー☆☆!!
さらに豪華で贅沢で、楽しい仕上がりに期待が膨らむ本番前。

そのステージのための作品。
今日のご紹介は、なんだか全体的に過ぎ去った時間を感じさせる切なさ漂う面々。
エリマキトカゲも、カセットテープも、ホッピングも。。。
いまは、いづこ?
どういう具合に登場するのか、お見逃し無く。ご期待あれ。

[info]
新東京レビューROUGE本公演! MERRY-GO-ROUND TOKYO vol.3☆スクラップ マンション レヴュー☆☆
2009年5月3日(日・祝)〜6日(月・祝) 14:00〜、19:00〜 at 新宿スペース107
【お問合せ】
遊々団ブランシャ事務所 TEL:03-3342-0105 / FAX:03-3342-0106
E-mail : info@blanc-c.com http://www.blanc-c.com/
by makisaegusa | 2009-04-30 23:28 | [AD]新東京レビューROUGE | Trackback | Comments(6)

ROUGE的最良物件*スクラップマンションの外観案内。

d0018646_1844373.jpg
もうもう、もう間もなくに本番が迫り稽古も白熱の踊り子たちROUGEの面々。
今回の公演のタイトルは、「スクラップマンション・レビュー」!!
この前は、その一室のすばらしく乱雑なファニーな様子を紹介したけれど、今日は、その外観。
チラリと垣間見られる、その他の部屋にも興味をかき立てられる!
この星の住人じゃないようなのもいたりして、近所付き合いの斬新さもまた、住人だけの醍醐味パニック。

・・・といった具合。
一見すると宝の山で、人によってはゴミ屋敷とか呼びそうなこのマンションは、
きっと時空も超えて、なんでもありなんだろうという私のインスピレーションによって、こんな風な絵に表現された。

実際のマンションにまつわるあれこれは、公演にてお確かめください。
ご契約希望者には、必見の舞台。
ヨウコソ。イヒヒ・・・

[info]
新東京レビューROUGE本公演! MERRY-GO-ROUND TOKYO vol.3☆スクラップ マンション レヴュー☆☆
2009年5月3日(日・祝)〜6日(月・祝) 14:00〜、19:00〜 at 新宿スペース107
【お問合せ】
遊々団ブランシャ事務所 TEL:03-3342-0105 / FAX:03-3342-0106
E-mail : info@blanc-c.com http://www.blanc-c.com/
by makisaegusa | 2009-04-29 19:12 | [AD]新東京レビューROUGE | Trackback | Comments(2)

青シャシン遊び 第二回*花・クローバー・根っこ。

d0018646_10634.jpg
今日の太陽は、ちょうどのサンサンだったから、久々にブループリントで遊ぶことにした。
ブループリントというのは、単純に日本語で青写真
簡単に言えば、日光写真。
写真を撮りたい現物を、感光紙とアクリル板との間に挟んで待つこと数分。
太陽の光に当てておく時間は、はじめ薄い青色の感光紙がほぼ白くなるまで。
その日の陽の強さ次第。
そして、用紙を水にさらして、乾燥させれば完成という手順。

今回は、庭にスクスクと育っている雑草各種。
色は判別不能だけど、黄色のよい形の花と、その根っこと、クローバー。
前回よりも、待つことを覚えたためか上出来。
そして、かっこいい。
シルエットは、宿る魂を生け捕って焼き付けたかのよう。
グッジョブ。
次は何を捕獲しよう。
by makisaegusa | 2009-04-28 00:57 | Daily fun-まいにち遊び | Trackback | Comments(0)

Knock Knock.

d0018646_13583517.jpg
「ありのままでいいんだよ」
そういわれても、焦りが消えていかない理由は、
ありのままの自分の足りなさや、ふがいなさを受け入れられず、未だ、無いものねだりの執着心だけに駆り立てられているから。

まずは、今の自分を知り、認め、納得すること。
その過不足全部が、自分の現状だと自覚すること。
いくらありのままでいいって声を聞いたとしても、心の周囲を閉じたままじゃ、届かず浸透もしていかないのは当然の仕組み。
行動の前にあるのは、受容。
受け入れらて初めて、人は、新しい自分を始められるスタート地点に立つ。
怖がることは何も無い。
理想に届いてない現実こそ、人の常。
by makisaegusa | 2009-04-26 14:37 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(4)

トある法則。

d0018646_2292439.jpg
"他人に迷惑かけなきゃ、何やってもいい"というスタンスでいる人は、往々にして他人に迷惑をかける傾向にある。
・・・という人生統計学上の法則を再発見。
自由と自己中の混乱型に分類。
by makisaegusa | 2009-04-25 02:25 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(2)

花嫁のためのコラージュ教室。

d0018646_0203478.jpg
今日は、『花嫁のためのコラージュ教室』の日。
自分のステキなステキな結婚式写真をコラージュしたいと言う、友だちアリチャンのご要望によって特別開講したもの。
講師は、私。生徒は、ひとり。
とっても贅沢!

自分ひとりでコラージュ作品を作るときは、すべて感覚的に色を選んだり配置したりしていたけれど、
それを人に教えるために、分かりやすい言葉に直して解説することが、いつもと違って新鮮。
自分の写真に充分酔っぱらいながら、写真や色んな種類の紙や雑誌を、切ったり貼ったり・・・すっごく楽しそうなアリチャン♪
あっという間に時間がすぎて、素晴らしくキュートでハッピーな作品に完成した。ワーイ☆☆☆

大好きなイタリアンのTONINO(トニーノ)でのランチから始まった今日の工作教室は、
毎日のいろんなことを話したりしながら、気分までハッピーになったオプションだらけの楽しい会になった。
また、気が向いたら開講してみよっと。ウヒヒ
生徒の上達っぷりも楽しみ。
by makisaegusa | 2009-04-24 00:18 | Collage-コラージュ | Trackback | Comments(4)

字を知っている人。

d0018646_1294488.jpg
もうすぐ、祖父の一周忌が来ること考えながら、"おじいちゃんの書く字が好きだったなあ"と思い出していると、
そっか、人がいなくなるということは、その人が生み出していたすべての表現も、
また、新しく生み出されることが無くなってしまうということなんだって、当たり前だけど、そんなことに気づいた。

それから、私は、その人の文字がどんな風なのだかを知っている人って、一体どれくらいいるんだろう?という疑問に至った。

私は、他の人と比べるとよく手紙をやりとりする方だと思うから、手紙を入れている箱はすぐにいっぱいになるけれど、
それでも、どんな字を書くのか知らない人って結構いる。
ずっと前なら、考えられなかったことなのに、いまじゃ、世の中のやりとりの大半はメールになってしまったことが、
やっぱり、ポッカリと空洞を感じたりもする。

うちの父は、今も昔もかわらず乱雑な字で、母は、とてもきれいな字で、祖母は、風流な字。
友人のタオシンは、残念なくらいにひょろひょろのハフュッフェンな字で、
ヒサミは、あったかな字で、ナオミチャンはクリアでリズムのある字。
そんな風に、みんなそれぞれに味わいがあって、それぞれに良さがある。
お互いの文字を知っていることって、感情を交換できる安心感に似てる気がする。

とても現代的な、そして本気で残念な疑問だけど、"みんなの字は、どんななんだろ?"って考えてると、
なんだか、無性に、誰かに手紙を書きたくなってくる・・・。


photo: おじいちゃんからの手紙と、ヒサミからの手紙。
※「人生はこねこねねんど」は、私たちの思いつきことばで、なんとでもなるよの意味。
※「根無し草」は、私が根なし草になるには、なによりも心に根っこが必要だと言ってたことによる。なつかしや。笑
by makisaegusa | 2009-04-22 01:29 | Recommend-トテモステキ | Trackback | Comments(4)

幸福論。

d0018646_18171018.jpg
他人との比較の中に、自分の幸福を見いだそうとするから、優越感が必要になる。
d0018646_18173350.jpg

by makisaegusa | 2009-04-21 18:18 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(0)

Don't work too hard........and remember to eat!

d0018646_428432.jpg
どうやら、私、とてつもない忙しさのために、ここんとこ一気に痩せてしまったらしく、みんなを心配させている。
友だちからは、別れのあいさつがてら「ごはん食べるんだよ」とか、「寝るんだよ」とか言われる始末。笑
ほんと人騒がせな奴だと、自分を省みたりもするけれど、気遣ってくれる友だちの存在は、本当にありがたい。
手を合わせて拝みたくなる。
ありがたや。

日本人は、基本的に死ぬ直前までも働いていそうなくらい、よく働いているけど、多忙なときほど無用なストレスから自分を解放しておくことは大切。
気持ちが自然体でいられれば、どんな時でも、イマジネーションが尽きる心配なんてないと、私は信じているから、
一日に500個アイディアを依頼されても、案外平気でやってのけるんじゃないかと思うけど、
気持ちが汲々としてしまったときには、一滴だって落っこちてこなくなる。
日々の目標は、いつも凪の精神をキープすること。
もちろん、喜怒哀楽は、必須。

息をふーっとはいたときに、一番身体がやわらかく曲がるみたいに、
きっと、人は、リラックスしているときに、最良のパフォーマンスをマークできるようになっているんだと思う。

そんなわけで、軽く自分のことは棚上げしつつ、みんなには、もっとリラックスすることを嘆願致します。
だいたいのことは、なんとかなってしまうしね。笑
かしこ。


p.s. YES! I'm eating very much!!!
by makisaegusa | 2009-04-20 01:19 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(3)

神さまプログラミング。

d0018646_1534682.jpg
どんなにパーフェクトな人間でありたいと願っても、
決して完全体になれないのは、もしかしたら、人間がそういう風に作られているからなのかもしれないと思った。

一人じゃ、生きられないように。
互いに、不足を補い合って生きるように。
最初っから、人とつながり合うことなくしては、最後のピースが見つからないようにインプットされていて、
私たちは、巡り合うため、限りなく完全に近づきながらも、永遠に未完であり続けるのかもしれない。

無条件の感謝感激と誇らしさを感じる、粋な計らい。
by makisaegusa | 2009-04-19 01:48 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(6)