<   2008年 11月 ( 28 )   > この月の画像一覧

『モルヒネ』を絶版にする。

d0018646_15355581.jpg
私が、オーストラリアから帰国して出版された最初の本、『モルヒネ』。
(*→作品コンセプトレター(日本語&English))
ご存知の方もいらっしゃるでしょう。
残念ながら出版社がなくなってから久しいのですが、
法的措置によって、別の出版社から、出版も可能ということになっておりました。
しかしながら、この私、ついつい返事をせずに日々が過ぎ、
知らぬ間に返答のリミットを越えていたため、先方よりご連絡を頂く始末。

で、結果はというと、絶版にすることを決定!
しかも、けっこうあっさり。笑

思い入れが強いとは言っても、あの作品は、あの頃の自分の中の全てを表現したものであって、
今、それを再びリリースしたところで、とても私自身を表現しているとは思えず。
あれは、当時の私と、編集者と、デザイナー、そいういう仲間とタイミングで作ったからこそ、ああいったものになり得たのだと。
モルヒネは、まだシドニーに暮らしていた22歳の頃に書かれた言葉と撮られた写真の作品で、翌年に発表されたもの。
(*→私にとっては、すでに骨董本だ話。)
今と比べれば、表現も拙いけれど、ただ一貫して自分の生き方のスタンスを伝えているという意味では、現代と変わりなし。
ならば、更に進んだ私ならば、もっと自分味の増した作品を書けるんじゃないかって。
そんなわけで、来月あたり、一ヶ月ガッツリと物書きでもしてみるかと思ってたりする、ここんとこ。

絶版とは言え、私の本が滅びるわけでもなし。
どうしても手に入れたい場合、Amazonでなら、恐ろしく格安の中古でも買えるし、笑
試しに見たい場合は、国立国会図書館や、SydneyのCustoms House(*→寄贈した話)に行けば見られる。
その他の在り処は、様々。
そういえば、BOOK CROSSINGにも参加中。

ほんとに、そろそろ新たに作品を、まとめる時期が到来したような気がしてる。
今回こそは、やってくれそうな、、、、私の予感。笑

Photo: 帯に書かれていたテキストと、町化して遊ばれた本。
by makisaegusa | 2008-11-30 15:34 | Release-発売 | Trackback | Comments(6)

切り絵工作*イッタンモメンメモ。

d0018646_127081.jpg
そんなに妖怪が大好きなわけではないんだけど。
しかも、ことさらに、イッタンモメンが大好きなわけではないんだけど。
最近は、めっきりイッタンモメンが、モチーフとして多出。
ただ、彼は、とても侮(アナド)り難いフォルムをしている。

これは、ちょっとしたメモと贈り物に最適な、「続々イッタンモメンメモ」の切り絵。

ちなみに、今回のギフトの中身は、まさかのコレ(→HP)。
私にとっても御用達。
なぜなら、楽しい。
特に「ズルむけコンテスト」は、驚きの宝庫。一見の価値あり。笑
by makisaegusa | 2008-11-29 01:40 | Papercrafts-工作 | Trackback | Comments(2)

壁の前。

d0018646_3301472.jpg
大嫌いなものに理由はあっても、案外、大好きなものに理由はなかったりする。

何がやりたいか、やりたくないかということも、構造が似てるように思えるのは、
きっと、やりたいことに理由を付けるのが、後付けみたいで、妙に感じられるからかもしれない。

理由が付かないことって、確かには、見えず、思えず。
だから、自分が何を求めるのか、分からなくなってしまう時が、人には時として訪れる。
正体不明の混沌の霧に出くわして、自分のやりたいことを見失ったような気になって、戸惑うんだけども、私たち。
そんなときは、思い切って、全部を一回やめてみると良い。
なんなら、究極、食べることも寝ることも!
でもね、生理的なところから始まって、私たちは、自分に必要なこと求めてることを、
ついつい、やり始めてしまう性質のようだから、そんなに答えは遠くない。
あんなにいっぱいの選択肢に迷った頃は、否定する理由をいくつも並べて、自分を苦しくしてたけど、
どこかから拾って来たような、もっともらしい理由は要らなくて。
少しの怯えに乗じて、自分を騙そうとしてただけだったりして。
一番大事なものは、いつだって、実の自分は、知ってる。
理由なんて、うまく説明できなくてもね。
その嗅覚は、信じてないと。
by makisaegusa | 2008-11-28 03:29 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(2)

葦。

d0018646_2231540.jpg
大気圏も飛び出して、真っ青の球体を遠くから望む景色を想像しながら、同時に、今、私の頭上にある白い雲を見る。
宇宙から観れば、この大きな雲でさえ、地球に白い模様を形成する一粒にも匹敵しないであろうことを思いながら。
私という生き物が、ここに呼吸する様子をどこか客観的に見つめ、
目の前にフワリ落っこちて来た街路樹の葉っぱに、気持ちが移れば、その葉脈の細かな美しさを間近に認める。
それから、雨上がりの花びらの上、佇む無数の雨粒の煌めきに目がくらんで、また自分が、ここにいる現実に戻る。

ミクロとマクロが混じり合う場所に、こうして思考する奇跡的な生き物。
違った、全部がそういう常識的な奇跡で成り立ってんだった。
・・・なんて思った瞬間、私を包むこの世界に畏敬と、抱きしめたい衝動。

私の歩調は自然と速まり、今日という日は、静かに過ぎ行く。
by makisaegusa | 2008-11-27 01:53 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(4)

新しい日課:非頻出ひとりしりとり。

d0018646_85317.jpg
いかそうめん、トーマス・アルバ・エジソン、魏志倭人伝、ルイ・ヴィトン、ロズウェル事件。
これらに共通するのは、何か?

答え...すべて最後に「ん」が付くこと。

新しい日課提案シリーズ
さて、ホンジツ考案した「非頻出しりとり」。
それは、ほとんど「しりとり」に出てこないレアな言葉ばかりで「しりとり」をしようとする試み。
どういうわけだか、頭に"一本背負い"という、珍ワードが浮かんだので、そこから開始することにした。
しかしながら、判明したのは、しりとりに非頻出の言葉とは、つまり、最後に「ん」が付くからということが、結構大きな理由の様子!
そのためか、詰まる、詰まる。笑
"いかそうめん"なんて、二手目で終わる始末。
自分のボキャブラリーを試せること以外は、トラップだらけだけど、やってみてはいかがでしょ?
くだらなさと、弱さがハフュッフェン(語源参照)に楽しめるはず。


*memo
前回の新しい日課:あたまのでっかいこども唄に関して。
→今日は、「せっかちさんとのんびりさんの唄」を制作。笑
by makisaegusa | 2008-11-26 08:47 | Daily fun-まいにち遊び | Trackback | Comments(0)

関西方面の12月21日(日)出没予告。

d0018646_2330389.jpg
12月21日は、冬至。
T.T.T. PROJECTの本拠地、岡山で開催されるキャンドルナイトへの出演依頼を受け、「喜んで!」と出掛けることに決定。
8月に恵比寿のart&bar entkukuiで開いた個展[ESPERANZA](エスペランサ)の巡回展と、
南米に始まったプロジェクト「生きてく子どもプロジェクト」のトーク&スペシャルライブを披露することになりそう。
友だちとの再会を含め、とってもワクワク。
その豪華さといったら、今年の集大成にピッタリ。
ワークショップがあったり、音楽があったり、それはそれはハッピーで埋め尽くされることでしょう。
出演者等々、詳細は後日、、、、ということで、まずは、報告まで。
関西の友人知人様、冬至に照準を合わせて、ぜひ会いに来たまえ。イヒヒ
関西方面とか言いつつ、関西でもないけどー。笑

Place: cafe Onsaya
Time: 2008年12月21日(日)冬至 13:00 - 21:00

photo: entkukuiでの展示作品。(ちなみに、これは今回の正式なフライヤーデザインではありません。)
by makisaegusa | 2008-11-25 23:29 | Exhibition/Event-展示 | Trackback | Comments(8)

生活感分布調査 #3 RED- #4 GREEN- #5 BLUE- #6 ORANGE 終盤。

刻々と進化してきた生活感分布調査
初めからの変化を並べ、私は、ほほぅと唸る。壮観!
まもなく、終わりを感じつつ、我ながら、すでに感心。
独自の単位「ms」での計測は、数が増えてちょっと気が萎えるので、また今度。笑

RED
d0018646_8503721.jpg
d0018646_832569.jpg

GREEN
d0018646_8511351.jpg
d0018646_8335481.jpg

BLUE
d0018646_851432.jpg
d0018646_835658.jpg

ORANGE
d0018646_8522187.jpg
d0018646_8355432.jpg


[通信欄]
生活感分布調査、調査員は、現状を報告のこと!
展示会場は、決定しております。
by makisaegusa | 2008-11-24 08:31 | ms-生活感分布調査 | Trackback | Comments(2)

昭和カメラ*イースター島。

太平洋上の孤島。
ビューーウと吹く強い風に、写真は色付けられたみたい。
d0018646_11628.jpg
1.太平洋上の空の中。
d0018646_114039.jpg
2.雲のむこうにある光。
d0018646_123637.jpg
3.フランシスカちゃん。
d0018646_131766.jpg
4.黄色。
d0018646_134884.jpg
5.湖の風。
d0018646_14714.jpg
6.二つカラーの空の下モアイ。

少し曇り空のちょうどやさしい光が、フィルムにふわっと焼き付いて、不思議な世界。
by makisaegusa | 2008-11-23 01:00 | Antique camera-昭和カメラ | Trackback | Comments(4)

ハチに刺されたりする事件。

d0018646_20353963.jpg
スローモンーションの時間が続いてる不思議な生活。
いつも睡魔と行動を共にしているような、にぶさ。
原因は、ハチ!

寒い季節の到来にも関わらず、事件発生。
森にカブトムシを取りに行っていたら、、、というのは嘘で、洗濯物に紛れ込んでいた奴にヤラレタ。
膝小僧と刺され、ウェーーン!痛いよーーーう!!!と、ハナミズで号泣の私。
やっつけられて内蔵出てても、まだ動くハチの生命力に、ドギモ。

しかも、時刻は、朝の5時。
そこから、病院を調べてタクシーで急ぐ。
「こんな時間になんで?」と再三聞かれ、確かになあとか思いつつ、
点滴を打ってもらって、薬も貰って、ひとまず、たいしたアレルギー反応もなく、今に至る。
困ったことは、長めのまばたきをしたものなら、すぐに深い眠りに落ちてしまう、厄介な薬の副作用。
あぁ、すさまじい眠気。

こうして私は、極めて早朝のハチ刺され騒動により、まだまだ人生には、未体験ゾーンがあまたにあるのだということを、痛感。
でも、もちょっと別の時間がよかったと、しみじみ。

さて、ちょっと賢くなったのは、緊急の際の対処。
東京都では、東京都医療機関案内サービス、通称ひまわり(なぜだか(笑))というのがあり、
深夜でもどこの病院なら大丈夫だよと教えてくれるので、もしも事件の時には、利用するとよさげ。
それから、ハチに刺された場合は、水で患部を洗い流して、冷やして病院にいくべし。
ふう、たいへんだった。
今週末の開始。
by makisaegusa | 2008-11-22 20:32 | Painting/Drawing-エ | Trackback | Comments(8)

「ハフュッフェン社」創設+よい社印。

d0018646_7475516.jpg
ちょうど最適に人をガッカリさせる愛すべきハフュッフェン人形たち
そんな人気に便乗し、勢い余って、「ハフュッフェン社」を創りました。
(ただ単純に、また言いづらい言葉を、言ってみたかっただけという説もあり。笑)

ともあれ、昨日の深夜、なんだか猛烈にハンコを彫りたくなったので、社印とロゴを掘ったのでした。
らくがきの域の下絵から、すばらしいハフュッフェンハンコが完成し、
もう、なにもかもが発音しにくくって、狙い通り!
にやり

ハフュッフェンのご用命は、ハフュッフェン社まで、ご遠慮なくどうぞ。
ご用命がない場合も、発音してみるだけで、なんか楽しいので、ぜひどうぞ。
レッツ、ハフュッフェン社!!!
by makisaegusa | 2008-11-20 03:17 | Stamp-ハンコ | Trackback | Comments(2)