<   2008年 08月 ( 25 )   > この月の画像一覧

777!!!

d0018646_0352488.jpg
これで、とうとう私のブログも、777個目の記事!!!
・・・と言いたいところなのに、勢いつけすぎて、実は数個、通り過ぎてたぁああ!!!!
でも、おめでたいので、チリの友だちフェリピポとエリサに登場してもらいました。
スペイン語を話すから、英語なのはちょっと嘘だけど。イヒヒ
これからも、よい具合にこのブログをご覧頂ければ幸いです。
どうぞよろしくお願い致します。
by makisaegusa | 2008-08-26 23:33 | Recommend-トテモステキ | Trackback | Comments(1)

8/26:udanao solo show "time museum"に行った日。

d0018646_1341965.jpg
とても奇妙な場所で遭遇して以来の楽しい仲間、udanaoの個展に行ってきた。
今回のタイトルは"time museum"[時の博物館]ということで、もらったフライヤーには、
「あなたの歴史が凝縮されている何かをぜひお持ちください」とのお願いごとが。
私が、持参したのは1996年から2005年までの10年日記。
全部の日にちが、私によって、なにかしらの独自な記念日に認定されているという自慢の一品。
今までの記憶を全部覚えていられないのだとしても、この一冊に書き残したことを読み返せば、
記憶スイッチがオンになって、どんどんその日を思い出せるという、私の外付けハード的な宝物。
なんなら、5年前に見た夢までも、メモから思い出せるゴージャス!
一日に5個くらいの記念日が重なった盛りだくさんな日があったり、
「ガンジーの日」という、どうした私?!と言いたくなるような愉快な記念日まであったり。笑
いくらでも楽しめる。

さて、そんな代物を携えて訪れた、今回のudanao空間は、写真がメイン。
妹のyuiが見せる、すごくリラックスして気取らない様子を写した数々の写真たちは、
あったかい人間同士の関係を、やさしく伝えていて、とても嬉しい気持ちになった。
時間を遊んだみたいな、時間をシンクロさせた作品も、また面白い。

表現する人だけが、世界観を広く持っているんじゃなくて、
人は、外から見えない部分にだって、広く世界を持っているのだけれど。
表現する人は、自分の内面世界を教えてくれてるから、どんなことを考えてるのか分かりやすくて風通しがいい。
そんな彼女と、日本について、アートについて、人生について、命について、
旅について、足の皮について、お菓子について、、、様々なことについて話をしてたら、ついつい長居。
ちゃんと思考の上に成り立つ表現こそアートと呼ぶにふさわしい。
また、それを思った。

今日もまた、私は、2冊目の10年日記にudanao展のことを、書いて記録。
こうやって、私の時間は新たなレイヤーを重ねてく。
それは、すてきなこと。

thanks! nao!!!

[info.]
udanao solo show
project now studio 2008 "time museum"
2008/Aug.26(tue)-31(sun) 11:30-19:00(open until 17:00 on Sunday)

宇田奈緒個展
プロジェクトナウスタジオ2008「時の博物館」
2008年8月26日(火)-31日(日) 11:30-19:00(最終日は17:00まで)

place* Galerie JIN ぎゃるりじん 〒231-0868 横浜市中区石川町2-85
お願い:あなたの歴史が凝縮されている何かをぜひお持ち下さい。 Please bring something about your personal history.
by makisaegusa | 2008-08-26 23:31 | Recommend-トテモステキ | Trackback | Comments(2)

夢説教家。

d0018646_2243222.jpg
キラキラ、目に星を浮かべて、願ってるだけで叶う夢なんてありえない。
もしも、そんな夢があったなら、私は、そいつを呼び出して説教してやる。
そんな安っぽいやつになるなって。

夢は、届きそうでも届かなくって、だけど、なんとか手にしてやろうとする私たちの明日に、価値を与えるもの。
追っかけるには、覚悟が要るけれど、だからこそ、未来を目指して生きてける。
じらされながら、翻弄されながら、最終的には、夢までも抜き去って、さらに未来で待ってたよって、捕まえてやればいい。
それは、ちょっとやり過ぎだけど。
by makisaegusa | 2008-08-25 22:13 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(10)

キャッとなった馬。

d0018646_2147243.jpg
photo: モアイの島で、私たちに会ってキャッとなった野生馬の記録。
by makisaegusa | 2008-08-25 21:45 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(0)

方面方角正方形。

d0018646_20585613.jpg
自分からも見えない場所に、いろんな決まりで覆い隠して、押し込んでいるのは、本当の気持ち。
あなたが、いつの間にか身につけた、その癖は、とてもとても苦しげで、私の方が窒息しそう。
どうしてだか、外側からのが、あなたの本心が透明にしっかり見えてしまうから。

自分の気持ちに逆らって、方角を違えた決意なんて。
滑稽だけど、あまりの傷ましさに、大笑いしたくなるほど、胸が痛む。
その圧迫感は、きっと、あなたが自分に課している、重み。
気持ちを小箱に封じ込める器用さは、身につけなくっていい。
by makisaegusa | 2008-08-24 21:09 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(6)

金太郎クッキー:ネコ+少年とギフトセット。

d0018646_2031290.jpg
ギフト用だというのに、どこか不穏な雰囲気のただようクッキーたち。
不幸顔のネコとパンダとボーイのセット。
パンダは、さらに衝撃的で爆発作だったため、秘密にしておいた。笑
それでも、おめでとうの気持ちは、たっぷり。
by makisaegusa | 2008-08-23 19:59 | Cookies-金太郎クッキー | Trackback | Comments(2)

"バーンロムサイ"の裸クマが、水着クマ。

d0018646_23244027.jpg
HIVに母子感染した子どもたちのために、チャリティ・ベアの洋服を作って販売し、
タイの子どもたちを支援しようという活動[バーンロムサイチャリティベア]。
その企画に、参加した私のところにやってきた裸クマは、私によって、こんなふうな服を着せられました。
昔水着をイメージしてペイントしたのに、どこか囚人みたいなクマちゃん。
ごめんよーーー。笑
たくさん、集められたクマたちは、2008年12月13日(土)〜22日(月)六本木のAXIS Galleryにて開催される
『第7回 バーンロムサイ UnderTheTree展・10,000匹のチャリティ・ベア』にて販売される予定なのですで、
この一見、囚人クマみたいな、水着クマを見つけられた方は、温かい心で、どうかお買い求め下さい。
by makisaegusa | 2008-08-22 23:28 | Exhibition/Event-展示 | Trackback | Comments(0)

Over 63y.o.

d0018646_8491816.jpg
先日、2008年8月15日は、63回目の終戦記念日だった。
毎年、確かにひとつずつカウントが増えて行くのは、自然な流れ。
今年で63年かと思うも、私には、63年分の記憶があるわけもなく、
本当に、戦争を体験した人から、生の話を聞きたければ、63才以上の人を探さなければないらないということ。
そう思った時に、突然、現実を帯びて、私は、焦った。
実際に、記憶が確かな年齢となると、70才以上の方々に尋ねる必要があるのだろうし、
私が幼い頃、祖父母に聞いたような話を、直接に受け取れたのは、私たちの代が最後になるのかもしれないと思った。

なのに、私たちは、戦争をやめようとしないという現実。
たとえば、世界のボスを気取ったような国があって、軍需産業によってなりたっていたりしているもんだから、
武器を売れば売るほど、人を殺戮すればするほどに儲かるシステムだったとして、
無関係な国のもめ事に手を出しては、無茶苦茶にして、戦争を起こしては潤ってみたり。
たとえば、ついでに、その子分みたいな国までもがあって、
加担しようとなんだかんだ、自分の国の大切な憲法まで改正して、戦おうとしてみたり。

私たちは、どこまで本気のバカなんだろ。
みなさん、戦争は、なにを理由にしてみても、許されざること。
やめましょう。
平和の方が、断然幸福。
答えは、とってもシンプルなのに。
by makisaegusa | 2008-08-21 08:48 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(6)

Mayoritaからの劇的ハフュッフェン人形:ハフュッフェニョ。

d0018646_361436.jpg
ハフュッフェンシリーズに革命とも呼べる作品が登場した。
それは、私がお誕生日ギフトにとentkukuiのMayoritaにお願いした、マヨ的ハフュッフェン人形。
あまりにも、衝撃的だったので、居ても立ってもいられず、許可もとらず、ここに発表してしまった。 sorry!

名前は、ハフュッフェニョ。
これまでのネーミングルールを無視して語尾が、「ニョ」。
首あたりには、グルグル重量級のネックレス。
よい香りにしようと香水をかけたら、度が過ぎて臭くなり過ぎ、
石鹸を一緒にギフトして、匂いを中和しようとしたという、なかなか抜け目ない作品。笑
これは、一切、引き算などしない、かなり前衛的でなハフュッフェン人形。

私作品のハフュッフェンくんたちとの初対面は、ただただ、奇妙な景色になっていた。
なんだろうか、この世界観。
あぁだこぅだと、ごまかそうとする、人間味のあるコザカシサが原材料とも言える、爽快な今回のハフュッフェニョ。
好感の持てる、そのゆるさ。
「ほんとヒドいねー」と、私は感嘆、絶賛!笑
とてもとっても、ありがとう。
by makisaegusa | 2008-08-19 03:04 | Hafüffën-ハフュッフェン社 | Trackback | Comments(2)

はいかぶり。

d0018646_2362283.jpg
悲劇のヒロインになんて、好んでなるもんじゃない。

あなたには、それを逃れる術があるというのに。
あなたは、それを知っているはずなのに、どうして。
by makisaegusa | 2008-08-18 02:25 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(0)