<   2008年 07月 ( 24 )   > この月の画像一覧

カンボジアのジャケ買い万能薬*「上標油」

d0018646_145618.jpg
ぜひとも、この季節お薦めしたいのが、この薬。
アンコールワットに最も近い町、カンボジアのシェムリアップの雑貨やさんで発見して、箱のおじいさんに、やられて購入。
本当は、すごいアピールしたいのを、わざと無関心にしたかのようなヒョウヒョウとした絶妙な無表情写真。笑
実際はタイ産らしい、それは、『上標油 -Siang Pure Oil-』。
いろんな言語で書いてある説明書によると、虫さされから何から、何にでも効く万能薬らしい。
現に、庭で強力な蚊にやられたときなど、ちょっと塗るだけで効果は絶大。
不思議なことに、とてもよく効く。
メントールが主成分。
日本でも買えるので、興味のある方はお試しあれ。(⇒通販サイト)
現地で百円くらいなのに、日本だと1300円くらいしてしまう輸入のくやしさ。
それでも、試して欲しい、おじいさん薬の摩訶不思議。
by makisaegusa | 2008-07-29 01:44 | Recommend-トテモステキ | Trackback | Comments(4)

芸術。

d0018646_182019.jpg
まさに、いまさっき降り出した雨の最初の一粒が、私の頭にてっぺんに、ポツとやってきたみたいに、
夕方の街を歩きながら、私の脳は、それをついに定義した。
アート。
それは、信念の表現のことを指すのだと。
むしろ、信念こそをアートと呼ぼうと決めた。
この世には、アーティストと呼ばれる人々がたくさんいるけれど、本物は、予想以上に少なくて、
光を浴びない辺りに本物のアーティストは多数、潜伏していたりする。

毎日、絵を書いているのが、アーティストではなくて、
毎日、写真を撮っているのが、アーティストではなくて、
毎日、音楽を作っているのが、アーティストではない。

それは、食べたいという切望があって、フォークで食べるか、箸で食べるか、選ぶのに少し似ているのかもしれなくて。
目に見えるものを答えだと思うのは、トラップ。

結局は、表現のツールを選んでいるだけで、それは、なんであってもいいのだと思う。
もちろん、最適を選択しているとは言え。
表現に至るためのコアが、何よりも大切で、
心の内にある信念や切望を具現化したものが、個々の表現となって目に見える形になる。
人は、それこそをアートと呼ぶべきじゃないかな。
いくら、テクニックだけを、磨こうとしたって、それは、アートじゃない別物。
誰かの賛同如何に関わらず、私はこう考える。
アートはそんなに難しくない。
ただ、考えても答えはないというだけ。
それは、生きざまを見せてる、シルエットだから。
本物のアーティストになんて、簡単にはなれない。
だからこそ、いつも感覚を鋭くして、私は、適切の最上級の表現方法を探す。
いつかは、完全にそういうものを体現している人物になれたらなって。
by makisaegusa | 2008-07-28 23:45 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(8)

[RELEASE]GLORY GO!GO! GIRLS presents "SPACE MONKEY ANSWERS" CD!

d0018646_3281478.jpg
個展準備でアタフタしてたら、発売日をすぎてた!という、衝撃。

以前にお知らせしていたように、私がアートワークスを監修したSpace Monkey Answers(←リンク先はmy space)のCDが、去る7月26日に全国で発売。
宇宙ロック・ジェダイ・バンドKINGの楽曲を、GLORY GO!GO! GIRLSのメンバーがカバー。
KINGの持つ、独特の世界観はそのままに、女性らしい声が、新たな雰囲気を楽しませてくれる感じ。
ぜひ灼熱より遠ざかって、その別世界を、じっくりとご堪能あれ。
by makisaegusa | 2008-07-27 03:27 | Design-デザイン | Trackback | Comments(4)

エコ発明*ポケットティッシュハコティッシュ。

d0018646_15471052.jpg
世間では、最近もっぱら、エコエコ言い過ぎていて、そろそろ気持ちが悪い。
ほんとの意味なんか、シカトして、ただエコとさえ言っておけば、自分たちは安全地帯にいられるかのように、声高で不快。

さて、エコロジー大発明。
私の自負する最近の発明!は、このハコティッシュ!
デザインもさることながら、機能もムリがない、再利用。
とってもおいしいお菓子FERRERO ROCHERの空き箱に、どこかでもらえるポケットティッシュを上手に入れ込んだだけの作品。
ただし、ティッシュの入れ方には、ちゃんと次々に出てくるように小細工あり。笑
持続可能でなければ、意味がないから、こんな嬉しい感じは、最良だ。

3R(リデュース、リユース、リサイクル)は、環境配慮への有名な三つ。
だけど、もっと根本的に、私たちにはなにかできると思う。
ペットボトル一個を再生するのに、三個分のエネルギーが必要って、なんか変。
やっぱり、それらよりも、大前提に、使わないことが必要。
もっと、考えなきゃね。
by makisaegusa | 2008-07-25 15:46 | Papercrafts-工作 | Trackback | Comments(2)

one.

d0018646_933056.jpg
終焉の拒絶は、はじまりをも拒絶しているに等しい。
終わりを迎える時とは、つまり、新しい扉が、開かれる時。
それでも、私たちは、閉じた扉に恐れをなして、悲しみに塞いで、心奪われ立ち往生。
ただ一歩踏み出すだけで、新たに時は回り出すのに。
by makisaegusa | 2008-07-22 23:12 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(4)

Ltd.

d0018646_4581820.jpg
人様の人気投票で、人生の善し悪しが、決定される訳なんかないのに。
お伺いたてて、進路を定めようだなんて、ナンセンス。
多数派に、安堵感を感じるなんて、やけに不安定。
他人の求める、自分像にいくら近づいても、自分が満たされるには、ほど遠く。
結局は、自らの求める自分像に、いかに近づけるか、それだけ。
人生は、なんとでもなるけれど、他人に惑わされてうろうろするには、時間は短過ぎるから。
いつだって、ある程度、自己中であることは、かなり重要。
かなり基本。
by makisaegusa | 2008-07-21 05:03 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(6)

[REVIEW]『green+green presented by WOODWORK & UCOLOR』

d0018646_1161883.jpg
↑カバンの中で、クシャっとなってしまった、ごめんねフライヤー。

御徒町のWOOD WORKは、創業110余年の歴史を持つ材木屋さんが、手がける家具のお店。

建具職人の友だちマサが、わざわざ大阪から乗り込んでくるほどに興味津々だったから、つられてフラリ。
私も初めて行ってみた。
そしたら、ちょうどUCOLORとのコラボレーションで『green+green』という展示の会期中。
木のあたたかさと、緑の自由さが、すごく心地よくて、ついつい長居。
嘘をつかない木を、素材の特性を上手に生かして、何にでも変えてしまう職人さんて、やっぱり偉大だなあと思いながら。
"植物は、「安らぎ」という機能を持つ家具"だなんて、絶妙なコンセプトに、うまい!と唸る私。
こういう、雰囲気に囲まれてると、時間は、もっとゆっくり流れるんだろうな。
巡り合わせに感謝。
by makisaegusa | 2008-07-20 23:10 | Recommend-トテモステキ | Trackback | Comments(6)

"バーンロムサイ"の裸クマ。

d0018646_2339998.jpg
ひょんなことから、私のところにやってきたバーンロムサイ(ban rom sai)の「裸のクマ」。
10,000匹のうちの一匹。
ようこそ、ようこそ。

これは、HIVに母子感染した子どもたちのために、チャリティ・ベアの洋服を作って販売することで、タイの子どもたちを支援しようという活動。
凄いはと胸だったり、サングラスをかけてたり、タバコを吸ってたりと、なんでもありな「裸クマ」。笑
衣装作りの協力者を募集していて、希望者には、送付される仕組みなので、届けば自由にデザインして、返送。
完成品は、2008年12月13日(土)〜22日(月)六本木のAXIS Galleryにて開催される
『第7回 バーンロムサイ UnderTheTree展・10,000匹のチャリティ・ベア』にて販売されます。

そんなわけで、私がチョイスしたのは、このクマちゃん。
どうなることやら、締め切りは10月末なので、のんびりの空気にまかせて制作しよっと。

裸クマ、ご希望の方は、バーンロムサイのホームページからhttp://www.banromsai.jp
by makisaegusa | 2008-07-18 23:34 | Recommend-トテモステキ | Trackback | Comments(0)

[告知]maki+saegusa solo exhibition "ESPERANZA"

少し前に、フライヤーも必要だと気付き、慌ててデザインあたふた入稿。

緊急完成、8月2日より15日まで、恵比寿のart & bar "entkukui"で開催の個展案内!
宛先を把握している方々には、随時、送付させて頂きます。
ギリギリになりませんようにッ。
ポストカードご希望の場合は、こちらまで送り先をお知らせ下さい。(⇒メール→maki+saegusa)
d0018646_1305841.jpg
d0018646_1312364.jpg

2008.08.02(sat) - 15(fri)
maki+saegusa solo exhibition 三枝真紀 写真工作展
[ESPERANZA]-Esperanza es una luz y mecanismo imprevisible.

それは、いつも私を導いてくれる力。
どんなに微々たる可能性の隙間にだって、存在しているもの。
永遠になくなることのない、未来への手がかり。
視覚に引っかかるものじゃないから、色も形もどんな風だか、誰も知らないけれど。
もしも目に見えるものならば、それは、私たちの毎日のどこにでも満ちている、とても幸せな気持ちにさせる光みたいなもの。
そして、隠されたトリックみたいなもの。

*08.02(sat) 19:00- OPENING PARTY & my pre-birthday party
 初日2日(土)19:00〜 オープニングパーティと三枝真紀プレバースデイパーティを開きます。お気軽にどうぞ。
*08.15(fri) 19:00- CLOSING PARTY & my real birthday party
最終日15日(金)19:00〜 クロージングパーティと三枝真紀バースデイパーティを開きます。ようこそ。

*突如贈答部の方は、部員バッジ着用で起こし下さい。

[place]art & bar entkukui
東京都渋谷区恵比寿1-8-7 三恵8ビル1F
tel 03-3444-4751 http://entkukui.jp/
OPEN 19:00-(日祝定休) *ワンドリンクオーダー制(チャージ別途¥500、おつまみ付き)
by makisaegusa | 2008-07-17 23:26 | Exhibition/Event-展示 | Trackback | Comments(6)

『人生は如意である』

d0018646_4192063.jpg
『人生は如意である』とは、かの有名な偉人の残した名言。・・・とは、大嘘で、これは、私が作った言葉。

「にょい棒」の「にょい」とは、一体どういう意味?と、卒論執筆中の私は、突如疑問に思い調査開始。
そして、とうとう辿り着いた「にょい」の意味。
漢字も、意の如くと書いて、「如意」。
私は、えらく感動し、ついつい、こういった慣用句の制定に至ったのであった。

「如意」とは、思いのままになる様。
変わった響きなのに、人なつっこい不思議さを感じる。
そう、人生は、何時も如意であるべきだ。

ちなみに、私がその時書いていた卒論のテーマは「冤罪」。
過去の冤罪事件を取りあげて、その原因を追究するという内容だった。
今こそ発表したくなるような興味深い題材を取りあげた、なかなかの視点には、好評価、我ながら。笑

現在の私だけを知っている人には、度々驚かれるけれど、私は、デザインや美術を専門に学んだことがない。
それでも、いかなるルートを選択したのだとしても、今こうして、様々な方法で自分を表現する私は、
それこそ、人生の如意を同時に表現しているんじゃないかと思えて、面白い。
ああ、しみじみ。
如意だなあ。
by makisaegusa | 2008-07-15 23:02 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(10)