<   2007年 03月 ( 14 )   > この月の画像一覧

氷河。

d0018646_4275396.jpg
到底かなわない偉大さを、目の当たりにするとき、人は。
自分はなんてチッポケなんだろうかと、弱気になったりもするけれど。
だからといって、私たちの生きてること、
表現してることの意味を否定されるわけじゃない。

自然には、畏敬の念を。
私たちは、真摯に日々を。

それが、なんてことない、基本姿勢。
by makisaegusa | 2007-03-29 04:47 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(10)

コントラスト。

d0018646_1659288.jpg
嫌悪の極みは、感覚の鈍化。

今、嘆かわしいほど鮮明に、社会の異様さを感じつつ。
人間らしさを排除され、思考する脳を喪失した人々が漂う空気を、改めて目撃。
頭痛とめまい、吐き気を伴う症状を、どのように説明しましょうか。

馴れ合いの日々を避けて、痛みの感度をぬるくして。
自分を透過させる術だけを、再び、巧みに駆使して生きねばならないのであれば。
もう、私は、ここに長居するだけの興味は持てないな、というこの頃。

この強烈なイメージも徐々に失うのであろうという予測に、少し落ち込むけれど。
死んだように生きるのだけは、勘弁。
by makisaegusa | 2007-03-27 16:58 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(2)

部屋論。

d0018646_2563760.jpg
酸素を呼吸できている限り、ここには新鮮な空気が流れ込んでいて。
ここは閉ざされた扉の内側じゃないということ。
その隙間から、いつも溢れ出すのは、ひとすじの光。
出入口のない場所には入りこめないから、わたしたち。
望みを捨てる理由なんか存在しない。
いつか、扉の向こうに歩いて行ける。
by makisaegusa | 2007-03-26 02:55 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(4)

ミス帰国案内。

d0018646_1505946.jpg
どちらかといえば、大きなインフォミス。
帰国日、21日でした。
では、これから空港に参ります。
by makisaegusa | 2007-03-19 13:50 | Days-そんな日々 | Trackback | Comments(12)

小食スケッチжピンクケーキ。

d0018646_10151910.jpg
ラズベリー味のラブリーでピンクすぎるブリリアントなケーキ。
すてきなギフトをありがとう。

最近の悩みは、小食でなくなってきたこと。
スケッチが、できません。
いいことなんだけど、本末転倒な残念がりっぷり。
by makisaegusa | 2007-03-16 22:09 | Painting/Drawing-エ | Trackback | Comments(2)

コロールス。

d0018646_1263632.jpg
いくらかの分かり合えなさを、ときおり痛く抱きながら。
それでも、誤差の面白みに賭けてみたいと。
悲観でもなく、楽観でもなく、意識をシフトする。
by makisaegusa | 2007-03-15 13:35 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(2)

こどもとアートж犬パニック。

d0018646_10155220.jpg
とってもキュートで大切な二才のお友だち、ランランと工作。
パンチで、折り紙にいっぱい穴を空けて、ルンルン楽しい日曜日。
作っても、作っても、破り裂かれるイヌの惨劇が、逆に愉快。笑
カラフルなパニック仕様に完成しました。

Que Bonita♪
Whata Fantastic Domingo!

P.S. 今日から、日本との時差が13時間。よろしくお願い致します。
by makisaegusa | 2007-03-11 22:14 | Papercrafts-工作 | Trackback(1) | Comments(6)

小食スケッチжサラダとキッシュ。

d0018646_10591570.jpg
素早いスケッチ、上達してきた感。ウシシ。
トマトの色彩に、我ながらの恋。
by makisaegusa | 2007-03-09 22:58 | Painting/Drawing-エ | Trackback | Comments(2)

魔的系統。

d0018646_17333611.jpg
魔女か、もしくは、魔男か?
あなたを、ここに使わせたのは誰?

こういう系統の出会いの場合。
私は、毎度、問い合わせたくなるのです。
あなた、どうしてこのタイミング、どうしてこの場所に出現したのかと。

会うべく人に、会えるシステムは、仕組まれたかのように、キレよく見事。
絶妙の時を、狙って登場。
誰も知ることのない、こんな世界の粋な計らいに。
感謝を超えた感謝と、喜びを痛感する日常。
by makisaegusa | 2007-03-07 17:32 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(0)

まちがいコロンブス。

d0018646_5231825.jpg
陽気なことさえ言っていれば、うまく乗り越えていけるほど、安易で単調なものじゃない。
スムーズに進んだ方が、むしろ裏があると深読みしそうなほどに。
どうやら結構、困難や苦難は付き物。
ただし、そんなこと、自明の真理への認定級な骨董話。
大昔からの決まりごとを、さも得意げに吹聴とは、いかがなものかしらね。

愚痴をこぼさない人は、つらさを知らないのではなくて、多くの場合。
いまさら、それを口にしたところで意味をなさないと知ってるからだと思うよ。
私が、いつも笑ってるからといって、何も知らないバカというわけでもなし。
たぶん、ソイウコト。

他人への不平不満は、自身の生きざまへの文句とみなすべし。
そんな暇があれば、新たな策を講じたまえ。
愚痴は、真剣さを表す指標にあらず。
by makisaegusa | 2007-03-06 17:22 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(12)