カテゴリ:Days-そんな日々( 285 )

「世にも奇妙」なまさかの旅の話:『毎日UFOの来る町の隣町で会った一回死んだというおっちゃん』後編!

どうやら、そのバスに乗り込んだ瞬間に、いや、"一回死んだ"というおっちゃん遭遇した瞬間に、
私たちは、パラレルワールドに足を踏み入れていたらしい。

-------------------------

「世にも奇妙」なまさかの旅の話:『毎日UFOの来る町の隣町で会った一回死んだというおっちゃん』前編
に続く、今回、後編!

"一回死んだ"おっちゃん「あ、バス、来ましたよ。」からのハイエース展開をみせた衝撃の前編。(笑)
その後、"バス"に乗り込んだ私は、
おっちゃん情報に反して「ピ!」(←ICカードの意)が、まさかの使えない仕様だったことに驚くも、おっちゃんとの会話は、とめどなく絶賛継続。

はてさてどんな顛末を迎えるのか。
ワレワレを待ち受けていていた「世にも奇妙」なまさかの話、ドウゾご笑覧あれ。
d0018646_23414031.jpg
[車中の会話]
おっちゃん:「どちらからですか?」
私:「東京からです。」
おっちゃん:「私はね、銀座に一度行ってみたいんですよ。」
私:「わ、銀座ですか。いいですねえ。私は、なかなか行くことないですけど。」
おっちゃん:「東京は、どうですか?」
私:(嘘でも社交辞令的に無難なことを言いたくなくて、ちょっと考えていると・・・。)
おっちゃん:「寂しいところでしょう。」

そーーーーう!!おっちゃーーーーーーーーーん!!!まさにそれーーーーー!!!

「銀座行きたい」って言ったその口で、よくぞ言ってくれたーーーーーーっ(笑)
私が、人生で聞いた「東京」を表する一言の中で、ここまで的確、かつ絶妙に言い得た表現に出会えるとは、と、絶賛の嵐
なんと、侮りがたい人物なのだ!
自称「バカ」おっちゃん、私の中で、一気に天才のスターダムに踊り出る。(笑)

かくして、謎めくおっちゃんへの興味は、ますます津々。
時間感覚もちょっと危うい、異次元感漂いまくる「バス」車内

・・・とは言え途中下車のため、降り損ねないよう、おっちゃんに、なんなら運転手さんにも聞こえるように、
こちらの降りたいバス停名を伝えておいた上で、チラチラと電光掲示も確認しつつの魅惑の道中
満開のスポットを横切りを讃えるだの、地元の名物を聞くだの、おっちゃんの職場が山の上の福祉施設だと教えてもらうだの、なかなかに話題も尽きず。

・・・が、次の瞬間!!!
まさか、こんなことってーーーーーーーーーー!!
驚愕する、ワレワレ!
なぜか周囲には、見覚えのある風景

なんか、これもう終点のバス停付近なんですけどーーーーーーーー!!!!(笑)

なぜに教えてくれなかったのだ、おっちゃんよ。
ましてや、運転手のおっちゃんに至っては!
"一回死んだ"方のおっちゃんも、自分たちは知り合いだとか言っていたくせに、
私たちの会話も絶対聞こえていたであろうに、まったく会話に混ざることなく寡黙一徹。(笑)
マスクでほぼほぼ素顔は見ないことも相まって、不気味な存在感が、尋常じゃない。

なんてこったーーーーーーーーーーーーーー!!!

もはや、私たちにデキルコトと言えば、終点でバスを降りること以外に残されておらず。
だからといって、私たちの降車地点を告知をしなかったことを、誰一人悪びれもしておらず。(笑)
いっそ清々しくもある、その状況のオカシ味を堪能しつつ「バス」を降り、狐につままれたかのような気配に包まれて、
少々、惚けながら「バス」の様子を観察してみれば、なんと新たに乗り込む者たち数名!
案外しっかりと機能している田舎式交通手段の実情に感心してから、気を取り直して、タクシーを拾い、来た道を戻る感じでワークショプの会場へ。

すると、それは、まさにおっちゃん「ほら、桜が満開ですよ」と私たちに知らせてくれた場所であったことが判明し、
「なぜに教えてくれなかったのだ!おっちゃんよーーーーーー!!」と、ますます叫びたい衝動に苛まれるも、総じてキテレツでレアな体験だったので"まあ、許す!"認定(笑)

その後、私たちは、ワークショップを終え、街の散策を終え、夜の忍び寄る頃合いに、また宿に戻るかとバス停へ。
「また、あのバン来たら笑うよね!」なんて冗談めかして話しながら、どっちに転ぶのか心躍らせ待つは、バス、はたまた、「バス」

するとしばらく待って到来したのは、なんと、バス!
フッツーーーーのバス!!!
「うわーーーーーー!!フッツーーーーのやつもあるんだぁ!!」と新発見に喜び乗り込んでみたならば、なんと、乗客は、私と友だちの二人だけ

私が思わず、「わぁい、おっきいバス貸し切りーーー!」歓喜の声を上げたところ、運転手さんが、こう言った。
そのセリフに、この「世にも奇妙」な一日のすべてが集約されていると言っても過言ではなかった。

バスの運転手さん:「いやいや、これは、イチバン小さなバスですよ。」



えーーーーーーーーーーーーー!マジかーーーーーーーーーーーーーー!!!!(笑)
内心の絶叫たるや。

私たちは、その瞬間、を見合わせ、で語り、悟り、そして、静かに合意した。
敢えて、それ以上なにも訊かず、不可解な余白を残したまま、この物語を閉じることにしたのであった。

「世にも奇妙」なまさかの旅の話:『毎日UFOの来る町の隣町で会った一回死んだというおっちゃん』・・・幕!

嗚呼、粋なミステリアス
ウヒヒ!



by makisaegusa | 2017-11-30 00:00 | Days-そんな日々 | Trackback | Comments(2)

鍵を失くすとき、どこかで新しい扉が開いている。

d0018646_22101985.jpg
「鍵を失くすとき、どこかで新しい扉が開いている。」
・・・なんてことを想像してみた。

かくして。
とりわけ大きな転機には、必ず、鍵を失くす習性を持つらしきは、またもや本日、紛失

一体どれほど途方もない未知が、到来するのやら!?
しめしめ。
ヒヒヒ!



⇒「そんな日々」一覧/⇒「maki+」についての数々/⇒「」の項/⇒「」の項

【Silhouettes】:⇒「「ファン」なる人材」/⇒「「翼ヲ授ケル」業」/⇒「「親の顔が見てみたい」と言われる光栄」/⇒「ブログ10周年★BLOG "maki+saegusa" 10th Anniv.!!」/⇒「虹色オーラの作品を生むヒト」/⇒「「スターピープルなの?」と訊かれるヒト」/⇒「「もはや、私、独立国家になりたい。」」/⇒「イケメン守護霊モーレツ求ム」/⇒「「吾輩は天使である」かもしれないキョウダイ」/⇒「続・「吾輩は天使である」かもしれない、、、からなのか羽根がよく降ってくる件」/⇒「「オノヨーコ」と「小野妹子」の記憶方法にまつわる:マキ式検索エンジンの性能に驚愕するの件」/⇒「私のアセンテッドマスターがキリストで、しかも、その説教がセンスありすぎて笑い悶えた話」/⇒「そろそろ年賀状の返事でも書こうと思う」/⇒「長年、腑に落ちなかった『天地無用』の用法に、やっと納得のスッキリ!」/⇒「【本日の議題】 私の自転車の前カゴに、しなびたミカンを入れたのは誰なのか?」/⇒「私のオーラに金ピカ★プラス!」/⇒「マキ式新年:暗号タイプの祝辞続々「盆が正月★2016」!」/⇒「天才会議 in the BATH」/「そいつに会ったら、"転機"と思え!」/⇒「【2016年・私のそこそこビッグニュース】ヒーラーになった! 」/⇒「トホホちゃんとシカトちゃん」/⇒「アジサイが嫌いと言う。」/⇒「死なないコトバを放つ。」/⇒「私にソックリな人が、最近テレビに出ている件 」/⇒「戦争と平和を考える*人生14245日目の盆が正月「マキ式新年」から新章の日々!」/⇒「「不測の事態」を待ちわびる症 」/⇒「"転機" 授ケル者ニ "転機" 授ケラレル!



by makisaegusa | 2017-11-26 00:00 | Days-そんな日々 | Trackback | Comments(0)

「世にも奇妙」なまさかの旅の話:『毎日UFOの来る町の隣町で会った一回死んだというおっちゃん』前編!

私の身に、ひょっこりと起こりがちな「まさかの話」。(笑)
今回は、すっかり忘れていた春の旅でのデキゴトを、おひとつのっそりご報告

-------------------------

私が、その地に降り立ったのは、まだ満開の頃。
友達の実家からほど近く、ちょっと風変わりな温泉の湧くその町は、毎日UFOが出現するという町のに位置し、
これまでなりなり幾度となくUFO目撃の経験()を持つ私は、
もしかするともしかして、まんまと遭遇出来るのでは?!と密かに心を躍らせていた、その旅路

かくして・・・。
私は、案の定、実に、奇妙な体験をすることになったのデ、アッタ。

いざ、『毎日UFOの来る町の隣町で会った一回死んだというおっちゃん』前編!
d0018646_20523248.jpg
その日、私は、とある工芸のワークショップに向かうべく、いかにも旅の者らしき様子で友だちと二人、のどかにバス停バスを待っていた。
田舎独特の時間の流れに身を置き、いいもんだなあと味わっていたところ、
ふいに、「ご旅行ですか?」と声を掛けられ、
ハッと驚いて振り返ると、そこには、さっきまで気配もなかったというのに、ひとりのおじさんが立っていた。
そして、「はい、旅行です。」と答えた私に対し、おもむろに彼が放った言葉に、痛快に仰天

「私ねぇ、一回死んだんですよ。」

!!!!!
感嘆する私に、さらに、続けざま。
「クルマ買って1ヶ月で事故に遭って、3か月入院して1200万円飛びました。」

へぇーー!!
「入院費が、400万ですよ。」
なるほど、じゃあクルマは、800万か、と冷静に計算する私。
しっかし初対面の自己紹介として、なんとインパクトのあるネタをブッ込んでくるのだ、おっちゃんよ。(笑)

さらに、曰く、
「だから(事故のせいで)、私、バカなんです。」
えーーーー!!!なにそれーーーーー!?!
「全然バカそうには見えませんけどー!」と、それはそれで無礼なんじゃないかという切り返しをする。(笑)
いや、彼との会話においてでは、無礼だのなんだのといった俗っぽい次元のことなど、もはやあまりにもどうでもいいことのような気にすらなってくる。
・・・とは言え、元来、自虐的発言を厭うのが私という人なので、普段であれば、そういった相手と会話を続けようとはしないのだけれども、
この人物に関しては、非常にヒジョウに興味をそそる!

「私なんて、自分のこと"天才!"としか言わないですよ。」と堂々、言ってのけるに対し、
おっちゃん「ええ、あなたは、賢そうに見えますね。でも、賢いにも天才と秀才がありますよ?」
「・・いや、だから、私、天才やってゆったやん!」と、心の中で、めっちゃツッコむも、たいして気にせず会話続行。(笑)

ふいに、私の持っているPASMOは使えるのかなと気になって、
「そういえば、ここのバスは、ピ!(←電子マネーを使うときのジェスチャー付きで)使えますか??」と尋ねてみたならば、「ええ、使えますよ。運転手も知り合いですし。」との返事。
おお、それは助かる!
「でも、運転手さんが知り合いかどうかって、この話に関係あるかーー?!」と、込み上げるツッコミをここでも抑え込む。(笑)

そんなこんなでしばらく、とりとめのない、それでいてエキサイティングな会話を繰り広げていたら。
おじさん「あ、バス、来ましたよ。」
「お!」と、私は、顔を上げ、キョロキョロ見回し、・・・どれ、バス?!と思った瞬間、目の前に停車した、白いバン

えーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!
これが、ここでは、バスなのかーーーーーーーーーーーっ!!!!!!

まさかまさかのハイエース。(笑)
なるほど、これがこの土地のルール

アッパレ愉快な新体験に、ほくそ笑みながら乗り込んでみれば。
ちゃんと料金箱も付いているし、バス停名の電光掲示の料金表までも!
ところが、なんと、「ピ!」がなーーーーーーい。(笑)
「おっちゃーーーん、あるってゆったやーん!!」と心でガッツリツッコミ、またまた笑い込み上げて、豪快肩すかしを食らったところで、バス出発。(笑)
嗚呼、愉快。

果たして、どんな「世にも奇妙」がワレワレを待ち受けていたというのか。
乞うご期待!
・・・後編へ続く。



⇒「そんな日々」一覧/⇒「maki+」についての数々/⇒「まさかの話」の項/⇒「」の項



by makisaegusa | 2017-11-22 00:00 | Days-そんな日々 | Trackback | Comments(0)

【だるまちゃんの行って来たよリポート!】Original print textile『Zakuro』展「実る木」!

つい先日、世界平和を願う友「だるまちゃんと一緒に、テキスタイルデザイン『Zakuro』展 (by: Kayoko. K) に行って来た!

2012年に、我がハフュッフェン社とのコラボ・ハフュッフェンくん(Hafüffën × Zakuro &=Memory Hafüffën)も参加した、
「記憶のカケラ」の展示以来、かれこれ、5年9ヶ月ぶり
うわーーーーーーあ!ビックリ!!
d0018646_20094035.jpg
しかも今回の会場は、私にとって未踏の地、総社市というところにあるステキな古民家カフェ『珈琲と人
どんな出会い再会が、待ち受けているのやら、、、大雨をモノトモセズに、ワクワク到着!!

古民家のしっとりした雰囲気の中に、ビビッドテキスタイル!
おもしろいコントラスト、おいしいおやつ
まんまと、まさかの再会も果たされて、ハッピーカラフルな空間を満喫。
だるまちゃんも、作品よりも目立ってんじゃないかの勢いで、会場を動き回ってすっかり堪能。(笑)

いいひとときだったーーーーっ!
サンキュウ、ザクロ



⇒「Zakuro」にまつわるイロイロ/⇒「だるまちゃん」の活躍あれこれ/⇒「REVIEW」リスト



by makisaegusa | 2017-10-25 00:00 | Days-そんな日々 | Trackback | Comments(0)

ashimoto stories* 2017 S/A

d0018646_18352520.jpg
私が、ふいに切り取りがちなフレーム、何気ない足元の情景

みんながバラバラの瞬間、久々の再会の瞬間、ステキなデザインのフロアを踏んだ瞬間、
越しの別アングルの瞬間、「これからどうする?」って立ち話の瞬間、絶妙の色と角度に遭遇する道路脇の瞬間。
・・・たとえば、そんな。

注目を浴びなさそうなフリして、なによりも場面物語足元が、なんとも好きで、なんだか撮影しまう習性
・・・そんな私の2017年夏から秋、我が足元は、かく語りき!
ちょっとだけまとめ。



⇒「そんな日々」一覧/⇒「ashimoto stories」リスト/⇒「視点」の項/⇒「物語」の項



by makisaegusa | 2017-10-18 00:00 | Days-そんな日々 | Trackback | Comments(0)

"転機" 授ケル者ニ "転機" 授ケラレル!

d0018646_18565537.jpg
"転機" 授ケル者ニ "転機" 授ケラレル!

そいつに会ったら、"転機"と思え!で名高い(笑)にも、遂に、"転機"が授けられた模様。

その証拠に、頭上には、煌めくクラウン
(しかも、子どもの折り紙工作風なのが、さらに、めくるめくストーリーの予感!)

さてと、次は、私の番

何度でも新しく幕開ける人生の頼もしさ。
さらなる新生、私の序章に、目下、心、踊る、始動の日々!

Viva la viiiiiiiiiiiida!!!

多分にご期待を。



⇒「そんな日々」一覧/⇒「maki+」についての数々/⇒「転機」の項/⇒「始動」の項


by makisaegusa | 2017-10-10 10:10 | Days-そんな日々 | Trackback | Comments(0)

まさかの話:「マキさま」と「サエグサさま」!

あらゆる境遇の滋味を味わい愛する私は、どんなデキゴトでも、大概オモシロ可笑しく語るのだけど。
つい先日、私に起きた「まさか」のサプライズは、群を抜いて特別で、類い稀なる奇抜と奇遇と奇跡のシンクロ!

その出会いのデザインの圧倒的センスの良さは、もはや、アッパレ!
しかも!
それは、私の過去の記憶のどこにも埋まっていない、完全に人生初の経験であり、巡り合わせの妙采配の見事さには、もう、ひたすら歓喜したほどで。

(今日までの)私による統計では、そのハプニングは、まだ友だちの誰もが体験したことのない新種の「まさか」!
私の残りの人生でも、そうそう遭遇できないことが、ほぼほぼ確実な絶品の「まさか」!!

さて私に起きたのは、一体どんなデキゴトだったのか?!
とくと、ご覧あれ。
d0018646_00265081.jpg
・・・その日、私は丸の内のとあるカフェで、待ち合わせ

先に到着した友だちは、リストに彼女の名字である「ツサカ」名前を書いておいてくれた。
30分は待つ見込みだったため、「いつ呼ばれるかなあ・・・?」なんて話しながら、のんびり雑談を始めたところ、
なんと、次に呼ばれた名前が、「マキさま」!

「うわーーーーっ★私、半分行けるねーーーー!!」と、ナイスな驚きに出会い「こんなことあるんだねぇ★」と笑っていたら、・・・続けざまに、さらなる衝撃!!

呼ばれた名前が、まさかまさかの「サエグサさま」!

えーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!
こんなことって、こんなことって、あるのかーーーーーー?!?!?!!

「もう私、合わせ技で一人行けるしーーー!!!」(笑)

あまりにも想像を凌ぐ事態に、ウヒャーーーーー★と、歓喜の絶叫をするワレワレ。

「ここに、そのマキとサエグサ、合わせた人間がいますよーーーーー!!」と、大声で宣言したい衝動を抑えつつ、
"マキ""サエグサ"が集った現場に、"マキサエグサ"居合わせたという、、、
冗談みたいな驚異の空間の可笑しみを味わっていたら、遂に呼ばれた「ツサカさま」

私は、もう「なんなら私、二巡目ですけど?!」くらいの心持ちにて、テーブルまで案内されたのであった。(笑)

嗚呼!
実に、人生は、キテレツミラクルのるつぼ。
退屈の暇が、コンマ1秒すらもない。(笑)

★★★★★★

※ もし、同じサプライズ遭遇したことがあるよって方は、ゼヒゼヒご一報を。うふふ



⇒「そんな日々」一覧/⇒「maki+」についての数々/⇒「まさかの話」の項/⇒「奇跡」の項



by makisaegusa | 2017-09-30 00:00 | Days-そんな日々 | Trackback | Comments(0)

「婚約者が結婚式当日に事故って記憶喪失になる」のヤツ。

まさか、まさか、、、、私の人生に、こんな映画みたいなことが起こるなんてっ!!!!!

私に到来した、「婚約者が結婚式当日に事故って記憶喪失になる」のパターンのヤツーーーーー!
事の顛末、カクノゴトシ!
イヒヒヒヒ☆
d0018646_09102959.jpg
その夜も、私は、いつもと同じく長年愛用するMacで作業の途中。
すると突如、Mac電源が落ち再起動されたときにには、スーーーッカリ私のことを忘れてしまっていた!!!

うわーーーーーーーーーーーーーーーっっっ!!!!!!
なんて豪快な忘却ーーーーー!!!(笑)

リカバリを試みるも叶わず、記憶、戻らず。
だからといって、私は私で慌てることなく、最終的に起動すらままならなくなるも、至って冷静に状況を理解し。
その上、関西人としての本分を忘れることなく、「オマエは、映画の婚約者か!!」とツッコミを発動し、
(※ 意味:「恋愛映画なんかで、結婚式当日に事故って記憶喪失になってしまい周囲を酷く困惑させる婚約者」を凝縮したニュアンス。)
それによって、Macのあだ名は「記憶喪失の婚約者」に決定し、この一連の騒動の名称も確定。(笑)

友だちからも、「韓流ドラマだと案外するっと記憶戻るよっ♥︎」と、非常に役立つアドバイスなどもらい励まされるも、
私の日々に韓流っぽい要素は皆無のため、ここは大人しく、・・・入院という体で、しれっと修理

かくして、その「記憶喪失の婚約者」、この度、遂に、退院
帰宅後は、療養なし酷使させられる日々が待っているため、彼が、耐えられるのかどうかは定かではないものの、
何が起ころうと、「映画ほどには奇なり」なので、それはそれで、「「不測の事態」を待ちわびる症の私としては、願ったり叶ったり。
まぁ、ちょっと面倒くさいけど。(笑)

そんなこんなで、新生「記憶喪失帰りの婚約者」に期待。
もはや、別人ですけども。イヒヒ


【Silhouettes】:⇒「「ファン」なる人材」/⇒「「翼ヲ授ケル」業」/⇒「「親の顔が見てみたい」と言われる光栄」/⇒「ブログ10周年★BLOG "maki+saegusa" 10th Anniv.!!」/⇒「虹色オーラの作品を生むヒト」/⇒「「スターピープルなの?」と訊かれるヒト」/⇒「「もはや、私、独立国家になりたい。」」/⇒「イケメン守護霊モーレツ求ム」/⇒「「吾輩は天使である」かもしれないキョウダイ」/⇒「続・「吾輩は天使である」かもしれない、、、からなのか羽根がよく降ってくる件」/⇒「「オノヨーコ」と「小野妹子」の記憶方法にまつわる:マキ式検索エンジンの性能に驚愕するの件」/⇒「私のアセンテッドマスターがキリストで、しかも、その説教がセンスありすぎて笑い悶えた話」/⇒「そろそろ年賀状の返事でも書こうと思う」/⇒「長年、腑に落ちなかった『天地無用』の用法に、やっと納得のスッキリ!」/⇒「【本日の議題】 私の自転車の前カゴに、しなびたミカンを入れたのは誰なのか?」/⇒「私のオーラに金ピカ★プラス!」/⇒「マキ式新年:暗号タイプの祝辞続々「盆が正月★2016」!」/⇒「天才会議 in the BATH」/⇒「【2016年・私のそこそこビッグニュース】ヒーラーになった! 」/⇒「トホホちゃんとシカトちゃん」/⇒「アジサイが嫌いと言う。」/⇒「死なないコトバを放つ。」/⇒「私にソックリな人が、最近テレビに出ている件 」/⇒「戦争と平和を考える*人生14245日目の盆が正月「マキ式新年」から新章の日々!」/⇒「「不測の事態」を待ちわびる症

⇒「そんな日々」一覧/⇒「maki+」についての数々/⇒「事件」の項/⇒「記憶」の項



by makisaegusa | 2017-09-25 00:00 | Days-そんな日々 | Trackback | Comments(0)

戦争と平和を考える*人生14245日目の盆が正月「マキ式新年」から新章の日々!

「謹んで新年の感謝と祈念と覚悟と希望を申し上げます。」・・・の日から、スルッと10日を経過。

巡り訪れた2017年8月15日。
盆が正月な私の人生は、14245日目を刻み、新章のフィールドにて、新たな未来への胎動を感じつつ。
どのような時代が訪れようと、信念と共に生きてゆくことを、より多くとを分かち合うことを改めて覚悟する。
d0018646_17154219.jpg
前世、原爆によって幼くしてを落とした私(⇒「前世の記憶、原爆の夢」)が、
よりによって、この日を選び、この国生まれ直した意味を、いま一度、自分に問い直すとき、
戦争の匂いの漂う、如何わしくも不穏極まりない当世に、自らが、果たすべき使命を噛み締める。

揺るぎない平和ヴィジョン
これ以上、世界が壊れ続けることのないように。

かくして、皆々様
お盆の最中にも関わらず、先日は、たくさんの誕生日祝福メッセージをありがとう御座いました。
本年も何卒よろしくお願いイタシマス!
ますます、世界をしなやかに泳ぎ、のびやかに光の軌跡を描き、導き、共に、新世界へのを続けることを誓います。

かしこ。

・・・それから、お待たせ!
このデザイン、やっと返事を送ろうかなぁという今年の年賀状デザインです。(笑)



【Silhouettes】:⇒「「ファン」なる人材」/⇒「「翼ヲ授ケル」業」/⇒「「親の顔が見てみたい」と言われる光栄」/⇒「ブログ10周年★BLOG "maki+saegusa" 10th Anniv.!!」/⇒「虹色オーラの作品を生むヒト」/⇒「「スターピープルなの?」と訊かれるヒト」/⇒「「もはや、私、独立国家になりたい。」」/⇒「イケメン守護霊モーレツ求ム」/⇒「「吾輩は天使である」かもしれないキョウダイ」/⇒「続・「吾輩は天使である」かもしれない、、、からなのか羽根がよく降ってくる件」/⇒「「オノヨーコ」と「小野妹子」の記憶方法にまつわる:マキ式検索エンジンの性能に驚愕するの件」/⇒「私のアセンテッドマスターがキリストで、しかも、その説教がセンスありすぎて笑い悶えた話」/⇒「そろそろ年賀状の返事でも書こうと思う」/⇒「長年、腑に落ちなかった『天地無用』の用法に、やっと納得のスッキリ!」/⇒「【本日の議題】 私の自転車の前カゴに、しなびたミカンを入れたのは誰なのか?」/⇒「私のオーラに金ピカ★プラス!」/⇒「マキ式新年:暗号タイプの祝辞続々「盆が正月★2016」!」/⇒「天才会議 in the BATH」/⇒「【2016年・私のそこそこビッグニュース】ヒーラーになった! 」/⇒「トホホちゃんとシカトちゃん」/⇒「アジサイが嫌いと言う。」/⇒「死なないコトバを放つ。」/⇒「私にソックリな人が、最近テレビに出ている件

⇒「そんな日々」一覧/⇒「maki+」についての数々/⇒「マキ式新年」の項/⇒「野望」の項/⇒「平和」の項

⇒デザイン素材集「piece of Design Pop&Fun たのしい素材806点」/⇒「POP&FUN」あれこれ



by makisaegusa | 2017-08-25 00:00 | Days-そんな日々 | Trackback | Comments(0)

私にソックリな人が、最近テレビに出ている件。

今日もまた、友だちから、「マキにそっくりな人をテレビで観ました。」メール。
私は、「それ人間?動物?男?女?」と、質問を畳み掛けてみたところ、
その人は、「バレーボールの監督」らしく。
名前を「三枝大地」と言うらしい。
性別「男」「人間」

それ、めっちゃ、うちの弟ーーーーーーーーーーー!!!!!!(笑)
d0018646_23334340.jpg
たまたまテレビのチャンネルを変えていたら、
私にソックリで、しかも名字までもが一緒な人物が出てたもんだからビックリして写真を撮りまくったらしい。
そっか、彼女は、
誰もが紹介する前から、似過ぎてて笑いを堪え切れないと囁かれている、、、うちのにマダ会ったことがなかったんだった、か。(笑)

そんなこんなで、地方によって放送日が違っているのか、バラバラと各地の友だちからメッセージが飛んでくる近頃。
※どうやら、何度も放送しているらしい。

皆様、くれぐれもお間違え無く。
マキの方が、ダイチよりオトコマエ。(笑)



【Silhouettes】:⇒「「ファン」なる人材」/⇒「「翼ヲ授ケル」業」/⇒「「親の顔が見てみたい」と言われる光栄」/⇒「ブログ10周年★BLOG "maki+saegusa" 10th Anniv.!!」/⇒「虹色オーラの作品を生むヒト」/⇒「「スターピープルなの?」と訊かれるヒト」/⇒「「もはや、私、独立国家になりたい。」」/⇒「イケメン守護霊モーレツ求ム」/⇒「「吾輩は天使である」かもしれないキョウダイ」/⇒「続・「吾輩は天使である」かもしれない、、、からなのか羽根がよく降ってくる件」/⇒「「オノヨーコ」と「小野妹子」の記憶方法にまつわる:マキ式検索エンジンの性能に驚愕するの件」/⇒「私のアセンテッドマスターがキリストで、しかも、その説教がセンスありすぎて笑い悶えた話」/⇒「そろそろ年賀状の返事でも書こうと思う」/⇒「長年、腑に落ちなかった『天地無用』の用法に、やっと納得のスッキリ!」/⇒「【本日の議題】 私の自転車の前カゴに、しなびたミカンを入れたのは誰なのか?」/⇒「私のオーラに金ピカ★プラス!」/⇒「マキ式新年:暗号タイプの祝辞続々「盆が正月★2016」!」/⇒「天才会議 in the BATH」/⇒「【2016年・私のそこそこビッグニュース】ヒーラーになった! 」/⇒「トホホちゃんとシカトちゃん」/⇒「アジサイが嫌いと言う。」/⇒「死なないコトバを放つ。

⇒「そんな日々」一覧/⇒「maki+」についての数々/⇒「Daichi」の項/⇒「三枝家」の項

⇒デザイン素材集「piece of Design Pop&Fun たのしい素材806点」/⇒「POP&FUN」あれこれ


by makisaegusa | 2017-07-24 00:00 | Days-そんな日々 | Trackback | Comments(0)