カテゴリ:Daily Study-学ぶこと( 56 )

[MOVIE] 映画『スノーデン』

「無知」に関して言えば、私たちの人生は、発見克服の繰り返し。
どれほど知っても、尽きるということがない。

2013年、元CIA職員エドワード・スノーデン暴露したこともまた、この世界の構造を理解するための重要な鍵となる情報だった。

私たちの個人の情報など、望まずとも、たやるく開示され得る。
彼が公にした内容ですら、この世の仕組みを知る者からしてみれば、きっと、基本のキほどに常識であるのだろうとは思いつつ。

さらに目を醒ますための一滴として、推奨


映画『スノーデン』 予告編https://youtu.be/tTriKtywz-U

米国最大の機密を暴いた男。彼は、英雄か。犯罪者か―。
家族、恋人、自由。すべてを捨てた若者エドワード・スノーデンの真実に迫る、衝撃の実話。

オリバー・ストーン監督最新作
映画公式サイト⇒http://www.snowden-movie.jp/



⇒「トテモステキ」なものたち/⇒「映画」の項/⇒「情報」の項/⇒「世界」の項



by makisaegusa | 2017-03-03 03:03 | Daily Study-学ぶこと | Trackback | Comments(0)

[LISTEN!!] チャップリンの「史上最高のスピーチ」。

史上最も感動的なスピ­ーチとも称される、チャーリー・チャップリンの演説の存在を、先日、遅ればせながら知った。

それは、1940年に上映された『独裁者』の中。
ヒットラーのダブルの床屋が、兵士たちの前で­、演説するシーン。

チャップリン自身によって書かれたという、そのスピーチには、彼の熱意と気迫が、宿り。
圧倒的なエネルギーを放つ言葉たちに、私は、強く、胸を打たれた。
斯くの如き、マインドを秘める人物であったからこそ、彼の表現は、ことごとく、観る者を魅了したのだと痛感した。

是非、聞いて欲しい。
チャップリンによる「史上最高のスピーチ」


チャップリンの史上ベストスピーチ/⇒「日本語翻訳テキスト

※ 映像は、現代社会の様々なニュースや、映画の場面などを加えたもの。



⇒これまでの「DAILY STUDY」/⇒「世界」の項/⇒「信念」の項
by makisaegusa | 2013-03-10 22:46 | Daily Study-学ぶこと | Trackback | Comments(8)

[ACTION!!] 日本での危険な政権の誕生に、抗議するデモ (ドイツ)。

d0018646_1423946.jpg
"Atomkraftfreies Japan - SAYONARA Genpatsu!!"
Anti Atom Berlin - Kundgebung vor der japanischen Botschaft, am Montag den 17.12.2012 um 15:30 Uhr


メディアの圧倒的な「刷り込み」の成果と言えるのか、まんまと、自民党が勝利を収めた、この度の衆議院議員選挙。

・・・・・・・・・・・・脱、、、、、力した。
これが、不正選挙でなかったとすれば。
私が、改めて、震撼するのは、国民の見事な思考停止と、完璧な洗脳下にある病的状況。

兎に角、ここに、再び誕生したのは、まさに、原発を推進してきた、自民党政権。

海外は、しっかり見ている、ちゃんと知ってる。
原発再稼働を目論む政党が、日本で、与党になったのだということを。

ベルリン(ドイツ)では、本日17日、日本での危険な政権の誕生に、抗議するデモが行われる、とのこと。
15時半より、日本大使館前にて。

当然の反応だろう。
この国に、自らのヴィジョンは、無いのか?



⇒これまでの「DAILY STUDY」/⇒『3.11』トピックス/⇒「原発」トピックス/⇒「選挙」の項
by makisaegusa | 2012-12-17 01:17 | Daily Study-学ぶこと | Trackback | Comments(5)

【選挙】 『脱原発』⇔『原発推進』政党別の早見表。

何よりも、が大事!!

戦争なんて、したくない。
原発なんか、要らない。
増税も、TPPも、許さない。

だから、私は、選挙に行く。
この国の流れに、反対を表明するために。

争点は、脱原発ではなく、経済だと言う人もいるけれど。
すべては、繋がっている。
息の根を止めて、経済活動出来る人がいるならば、教えて欲しい。(笑)

命を粗末にする国に、未来などあるはずもない。
なのに、メディアが、報道するは、原発推進派の政党のことばかり。
じゃあ、どうすればいいのか。
そのヒントになる、よい資料を、官邸前抗議で、手に入れた。

脱原発「あなたの選択」プロジェクト
原発のない未来のために
→あなたはどの政党を選択しますか。

d0018646_22413872.jpg
「選挙でなんか変わらない」「時代は繰り返す」
・・・なんてのも全部、長年かけて、私たちに、かけられた呪いのような洗脳

選挙に行かないから、変えられないだけ。

未来は、変えられる。
みんなでシェアして、考えて、学んで、投票に行こう。



⇒これまでの「DAILY STUDY」/⇒『3.11』トピックス/⇒「原発」トピックス
by makisaegusa | 2012-12-15 08:24 | Daily Study-学ぶこと | Trackback(1) | Comments(3)

[Now!!] 大飯原発前の再稼働反対アクション!

これが今、起きていること!

夜通し、市民は、この場所で、ただひたすら「再稼働反対」を訴えている。
非暴力の彼らに対して、暴力によって排除しようとする警官隊。
きっと、こういったライブがなければ、これまでのように、多数が、不当に逮捕されていたのだろうという気がする。

マスメディアが、常に、黙殺する、権力側にとっての不都合な真実。
現地に赴くことが叶わないならば、私たちは、心を飛ばし、目撃をせねばならないと思う。

原発を推進するために、行われて来たのは、こういった暴挙だったということ。
そういうことでしか、進めて行けないような、全うではない発電方法だったということ。
原子力は、もはや、斜陽。

それでも、今夜9時、制御棒が抜かれ、原子炉が起動されることになっている。

許してはならない、再稼働!
なし崩し的に、日本中で原発が動き出すことを、やめさせるためにも。

警察だって、反対向いて、戦えばいい。
守るものを間違えちゃだめだ。

「再稼働反対!」 「廃炉に賛成!!」


Ustream: IWJ "大飯原発正門前より protest against restarting Oi nuclear power plant"」/⇒マルチ画面
※ ↑↑↑翌日、録画映像に差し変えました。(録画:2012/07/01 18:52〜, 179:59)

LOVE+PEACE


⇒これまでの「DAILY STUDY」/⇒『3.11』トピックス/⇒「原発」トピックス
by makisaegusa | 2012-07-01 18:26 | Daily Study-学ぶこと | Trackback | Comments(7)

[Know,Think, Act!] BBC制作『放射能と子どもたち - Children and Radiation』。

どんなに人間が怠けても、毎日毎日、まじめにまじめに、空を、海を、大地を、汚染し続ける放射性物質。(⇒スイス気象台による放射性物質拡散予測
あの日から、一日だって、拡散は止まっていない。

収束など、していない。
何も、終わってはいない。

目に見えたら、どんなにいいだろうか。
私たちは、想像力を試されているのだろうか。
そんな考えが、いつも、私の頭を過る。

まだらに汚染された、この国土。
もはや、放射性廃棄物と呼べるほど、汚染されてしまった土地にも。
だからといって、放棄することのできない日々を生きる、多くの人生がある。
あの日以来、「異常」という日常が続いている。

ここに紹介するのは、イギリスBBC制作の番組『放射能と子どもたち - Children and Radiation』。
子どもたちへのインタビューを中心に、構成されている。
ぜひ、観て、知って、考えて欲しい。
表面には出てこない、ひとつひとつの生活。
放射能と共にある、世界。
こんなにも、身近な。


BBC「放射能と子どもたち」Children and Radiation』(15分)

私たちに必要なのは、「忘れない」を続けること。



⇒「DAILY STUDY」一覧/⇒「3.11」トピックス/⇒「フクシマ」のこと

⇒『nanohana ナノハナ』:地球と七世代先のこどもたちを元気にしていく情報サイト
by makisaegusa | 2012-05-23 22:34 | Daily Study-学ぶこと | Trackback | Comments(5)

[CHECK!] 2011年 日本の地震 + 世界の地震 分布図。

ここに、紹介するのは、2011年に発生した「日本の地震」「世界の地震」の分布図。
発生地点・規模・時刻が、スマートに、ビジュアライズされている。

美しくまとめ上げられたデータが、教えてくれるのは、
私たちの生活が、地球史上の"こういった時代"における、"こういった場所"に在るのだということ。
誰しも、「3.11」の衝撃的規模には、驚愕するに違いない。

問答無用の、地震大国。
問答無用に、活動期。
それらを考慮せず、暮らしを構築しようなど、言語道断。

  
L:「2011年の日本の地震 分布図 - Japan earthquakes 2011 Visualization map - 」/R:「2011年の世界の地震 分布図 - World earthquakes 2011 Visualization map -
2011年1月1日 00:00 ~ 2012年1月1日 00:00


⇒「DAILY STUDY」一覧/⇒「3.11」トピックス


[Blog Bingo 2000:DAY 54 extra game] Today's nunber is...「13」!=3.11っぽい数字。/⇒「BLOG BINGO 2000」関連トピックス
Report Now!!:5列ビンゴ★⇒1位 シノ、2位 クロ、3位 このか (5才)!
4列ビンゴ × 1人、3列ビンゴ × 3人、2列ビンゴ × 9人、1列ビンゴ × 12人。
8列リーチ × 1人、6列リーチ × 2人、5列リーチ × 7人、4列リーチ × 5人、3列リーチ × 9人、2列リーチ × 11人、1列リーチ × 7人。
by makisaegusa | 2012-04-03 23:05 | Daily Study-学ぶこと | Trackback | Comments(6)

[DAILY STUDY] ドイツZDF「フクシマの嘘:Die Fukushima-Lüge」。

斯くの如く、日本は、「3.11」から1年目を迎えた。
あの日以来、私は、一日のうちにも、幾度となく、「丁寧に、生きて行く」の誓いを、静かに反芻している。
同時に、「復興」の本当の意味を、混沌の中で探し続けている。

凝りもせず、主要メディアが伝えるのは、お手本のように、未来を目指す被災地の姿。
方や、福島に留まらざるを得ない、我が親愛なる友だちが、複雑な感情を滲ませながら教えてくれるのは、現地からの、痛切な生の声。
それらの甚だしいギャップは、おぞましいほどに分断された、この国の現実を、私の内部にまで、痛烈に突き付ける。

ここに、真実を求め、報道する、ひとつのメディアがある。
以前にも、紹介したドイツのテレビ局「ZDF」。
彼らが制作した番組、「フクシマの嘘」は、私たちが、まだ、知らねばならない核心までの距離を、少なからず、縮めてくれる。
ぜひ、多くの人に観て欲しい。
動画を観るだけの時間を、割けないというのであれば、文字起こしだけでも、せめて。


「これがやってきたことの結果です。この結果を人類はちゃんと知るべきだと思います。一緒に未来の政策をつくっていくことができるように。」



ドイツZDF フクシマの嘘」(日本語字幕・約30分)/⇒文字起こし


⇒『DAYS JAPAN』:志ある、世界に誇るべきフォトジャーナリズム誌。4月号発売!/⇒「DAYS INTERNATIONAL

⇒「スイス気象局 放射能拡散予報」:10m、500m、1500mの異なる高度での拡散シュミレーション。今日、明日、明後日。
フクイチは、未だ、毎時1000万ベクレルを放出中。
当初と比べれば、8000万分の1に減ったからと言って、なんだって言うんだというレベルの、、、愕然とする、途方もない量。

⇒「ドイツZDF」の記事まとめ/⇒「DAILY STUDY」一覧/⇒「3.11」トピックス/⇒「フクシマ」のこと


[Blog Bingo 2000:DAY 41] Today's nunber is...「49」!=ドイツの国際電話番号。/⇒「BLOG BINGO 2000」関連トピックス
Report Now!!:4列ビンゴ × 1、2列ビンゴ × 5人、1列ビンゴ × 9人。
5列リーチ × 1人、4列リーチ × 2、3列リーチ × 5人、2列リーチ × 8人、1列リーチ × 15人!
by makisaegusa | 2012-03-20 19:11 | Daily Study-学ぶこと | Trackback | Comments(4)

[DAILY STUDY] 『百人百話』:百人の福島県民の 顔・声で 紡がれる百話。

どんな場合であれ、犠牲者を、数字で把握するとき、私たちは、あたかも、それが、ひとつの塊であるかのように、錯覚しがちで。
個々の存在への、視点を見失う。

だからこそ、この惨状の中、私たちが、未来への指針を、求めるのならば。
何よりも、「フクシマ」と一括りに呼ばれる、その地に、どのような感情があり、温度があり、気配があるのかを、
まず知らねばならないと、痛烈に思う。

以前にも、紹介していた、「IWJ」による『百人百話』。
「福島県民100人のインタビューを、100日間かけて配信する」という、この意義深いプロジェクトが、今月6日より、再び、配信を開始した。

丁寧なインタビューにより引き出される、人々の心の内。
絞り出すように語られる、一言一言に、滲(にじ)む想いは、容易く消化できないほどに重く、生々しい。

私たちの為すべきことは、ここに強く、示唆されているような気がする。


「百人百話」第二期CM

放送⇒2012年2月6日(月) 配信再開:月~金 21:00〜/Ch:【IWJ9】http://www.ustream.tv/channel/iwj9

故郷に留まる人、故郷を離れる人、それぞれの選択。

百人の福島県民の顔・声で紡がれる百話。

葛藤、選択、家族、故郷、コドモタチ。


⇒これまでの「DAILY STUDY」/⇒『3.11』トピックス


[Blog Bingo 2000:DAY 4] Today's nunber is...「2」!=百人百話 第二期より。/⇒「BLOG BINGO 2000」関連トピックス
by makisaegusa | 2012-02-11 23:55 | Daily Study-学ぶこと | Trackback | Comments(9)

[DAILY STUDY] すでに2000回以上の核爆発を体験した地球。

「核」による惨劇を被った国が、「核」を捨てきれず、「核」により再び悲劇に見舞われているという。
この現実、その渦中。

無機質な電子音が、軽薄な人類の、愚かさを痛感させる、この作品は、
1945年から1998年の間に、世界中に行われてきた核実験を表した、Isao Hashimoto (橋本公) によるアートワーク"1945-1998"。

「2038」とは、その54年間における、核爆発の数。


Mulutimedia artwork: "1945-1998" by Isao Hashimoto
"2053" - This is the number of nuclear explosions conducted in various parts of the globe.
* The number excludes both tests by North Korea (October 2006 and May 2009).

愕然とする、膨大な愚行の記録。

それでもなお、「核」を強さであると勘違いし、執着し続ける輩。
利権に生気を吸い取られた、亡霊。
便利な別の用語を駆使し、結局は、「核」を保有したかっただけの、痛々しい国。

原点に立ち返り、今一度、指針を見定めること無くしては、真の復興などあるわけもない。
何を優先すべきかなど、明白だというのに。

私は、とても謝りたかった。
この国の「ゼロの地点」に立って、もう一度、歴史を眺めてみたいと思った。
その場所から、再生のヴィジョンを、構築すべきだと思った。
どうしても、広島に行っておこうと思った。

ゆえに、明日より、西方へ。
謝罪のためなのか、誓いのためなのか、入り交じる感情と共に。

本当に、もう、終わりにしよう。
「核」で守れるものなど、所詮、何もないのだから。


⇒「2011年を表す一文字は「核」である」/⇒これまでの「DAILY STUDY」/⇒『3.11』トピックス
by makisaegusa | 2012-01-14 23:44 | Daily Study-学ぶこと | Trackback | Comments(3)