カテゴリ:Photo+Kotoba-写真+ことば( 1196 )

ジンセイ幸福判定員認定通知

d0018646_00125971.jpg
あなたの人生について。
もしも、幸福判定員がいるとして。
もしも、最終判定を下すのだとして。

その最適任者は、あなた以外に、いるはずもないのだから。

お得意の察しのよさを駆使などしつつ、自分を押し殺して善良を演じてみるだとか。
お伺いをたてるように、周りから浮かない言葉を選びながらに会話してみるだとか。
そんな無粋、往生際悪く、未だ、続けたりしてないで。

ご自愛を、とりわけ、ご自身の、ご本心に。
幸いは、それぞれの内なる声の示す場所にこそ、存在し得るもの。

あなたは、他の誰でもなく、あなたを幸福にするために此処に在る。



⇒これまでの「写真とことば」作品リスト/⇒「幸福」の項/⇒「本心」の項



by makisaegusa | 2017-02-16 00:00 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(0)

LEAP

d0018646_00430971.jpg
自分のショボさすら愛せないでいるうちは、そんなに高く跳べるはずもないってなもんで。



⇒これまでの「写真とことば」/⇒「飛躍」の項/⇒「性質」の項



by makisaegusa | 2017-02-12 02:12 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(0)

会うべき人に会うために会っておくべき人

d0018646_01023652.jpg
会うべき人に、会いたいと願うなら。
まずなによりも、自分が、在るべき自分であるのかどうか確かめてみるといい。

あなたが、抜かりなく、あなた自身でありさえすれば。
あなたが、揺るぎなく、あなた自身でありさえすれば。

然るべくして、然るべきとき、狂いのない精緻なメカニズムによって。
出会いは、発動する。

装飾や虚栄を、取っ払ったその先で、嘘偽りのない自分自身に会えたとき。
あなたの物語は、真の幕を開ける。



⇒これまでの「写真とことば」/⇒「内界」の項/⇒「出会い」の項


by makisaegusa | 2017-02-11 02:11 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(0)

瞬き と 瞬き [matataki to mabataki]

d0018646_22160211.jpg
夜空を見上げるとき。

「悠久」と「有限」の時空のコントラストの中で。
星の瞬きほどにも生きない自分の、途方もないちっぽけさを。

むしろ。
この上なく、この上なく、愛おしいと思う。



⇒これまでの「写真とことば」作品リスト/⇒「生きる」の項/⇒「時間」の項



by makisaegusa | 2017-02-10 00:00 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(0)

改メニ改メテ新タナル新タ

いかに厳しい時代が到来しようとも。
挑み乗り越える勇敢さを、揺るぎない信念を、真実を見抜く目を。
何よりも、大切なものを守り抜く、逞しさを。
誰もが、失わぬように。

ーーー『2012年の章』_2012


閉じてはならない。
投げてはならない。
いかなる、苦境に在ろうとも。

繋がり、分かち合う中に、私たちは、答えを見付ける。

ーーー『黎明の書』_2013


常に、未来の可能性は、私たちの手中に、握られていて。
常に、世界の色は、私たちの想念に、塗り替えられてゆく。

ーーー『決意の句』_2014


心得ておくべきは、いかに、苛酷な日々が、私たちに降り注ごうとも、
絶望を友にすることなく、常に、未知の試練を学びの場として、未踏の地へと挑み、歩み続けること。
多くの意識の投影として、此処に、世界が在ること、そして、強い意志と信念に世界が導かれること。

いかなるときにも、思考を止めず、無限の想像力で世界を彩ることを、自らに約束。
森羅万象との新たな出会いに、心踊らせつつ、自身の果たすべき使命を、心に再び刻んで。

ーーー『謹賀新章』_2015


インスピレーションの精度が、狂わぬよう。
イマジネーションの彩度が、濁らぬよう。
感性の棘を錆びさせず、腐らせず。
常に、"凪"の海を心の内に、意志の照準を"光"に据えて。

いざ、新章。

ーーー『改メテ新タ』_2016
d0018646_12282513.jpg
さてと、2017年。
さりとて、新年。

「いよいよ、Macが、瀕死。」というだけの理由により・・・。
のったりまったり、いまさらながら睦月さながら、殊更、さらさら悪びれもせず、新春のご挨拶を申し上げます。(笑)
ミンナーーー!アケマシテオメデトーーーーーー!

とりもなおさず、謹賀新年。
よりによって、ますます腐臭ただよう時代のさなか、
それでも、ここに出会えた私たちの幸運と、ここで生き続けてゆく私たちの覚悟に。
心底からの感謝と祝福、そして、祈念を。

錆びず、媚びず、ただし、驕らず。
この惑星の鼓動に耳を傾け、根を深く張り巡らせて。
天と地に意識を繋ぎ、広く世界に目を向ける。
順境であれ、逆境であれ、そこにしかない人生の滋味を慈しみ、食し、糧として。
さらに、しなやかに世界を泳ぎ彩り、多くを導く光となれるよう、信念に向き合い真摯に精進することを、改めに改めて、自分に誓う。

思考と知性、感覚と感性、調和と変容。
すべてが美しく巡るように。

ヴィジョン!

本年も、ナニトゾよろしくお願い致しマス。
私たちに訪れる新たな日々に、大いなる学びを授ける絶品の試練が、ゴロゴロ待ち受けていますようにっ。(笑)

・・・カクカクシカジカ、2017年、始動!



⇒これまでの「写真とことば」作品リスト/⇒「新年」の項/⇒「決意」の項/⇒「使命」の項



by makisaegusa | 2017-01-11 11:11 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(0)

流転

d0018646_23503714.jpg
誰かのようになりたいと、願ってばかりいるよりも。
もっと、ほんとの自分自身になれるように。
内へと向かう旅に出ればいい。

始点も、支点も、そして、視点も。
すべて自身の中にある、人生のコンセプトに由来する。



⇒これまでの「写真とことば」/⇒「内界」の項/⇒「」の項



by makisaegusa | 2016-12-23 23:23 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(0)

流刻

d0018646_8353512.jpg
時、満ちて、紐、解けるとき。
息を吹き返すように、時計は新たな意味を刻み、針は新たな方位を指し示す。
次なる地へと向かうには、気流の乱れを抜けるけれど。
それが、然るべき進化の証。
ひとつひとつを浄化しながら、一歩一歩。

好転反応は、往々にして、激しい。
殊、成長ということに関しては。

始まる。



⇒これまでの「写真とことば」/⇒「時間」の項/⇒「始動」の項



by makisaegusa | 2016-12-21 12:21 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(0)

キヅキのダンジョン

d0018646_09073571.jpg
「道は、1つしかない」と思い込みがちな、自分の癖に気が付いたとき。
新生への鍵を、手にする。

「道は、1つしかない」と思い込ませる、社会の圧に気が付いたとき。
新章への扉が、開く。


⇒これまでの「写真とことば」/⇒「習性」の項/⇒「選択」の項


by makisaegusa | 2016-12-13 00:00 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(0)

ひとつの旅ひとつひとつの今日

d0018646_21421065.jpg
「昨日」という日を旅してこそ辿り着ける「今日」という日があって。
「今日」という日を旅してこそ辿り着ける「明日」という日がある。

ひとつ飛ばしも、ひとつ戻りもできない、その摂理のシンプルな美しさに、そっと想いを馳せるとき。
際立つ「今日」という一瞬の重みと輝かしさに、ただひたすらの有難さを覚えて。

生きて来たこと、生きていること、生きて行くこと。

描かれる軌跡の終わりない物語に、感涙やら、感心やら、感慨やら入り混じって。
長く静かに穏やかな息を、フゥーーーーーーーーッと、、、、、、ひとつ。



⇒これまでの「写真とことば」/⇒「」の項/⇒「生きる」の項



by makisaegusa | 2016-12-07 07:07 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(0)

或いは、或る日、或る所

d0018646_00055200.jpg
自然体で居られないのならば、そんな場所に長居は無用。

もはや、自分を偽り演じ
すぎて正体不明になっている場合、その限りではないけれど。



⇒これまでの「写真とことば」/⇒「居場所」の項/⇒「自然体」の項



by makisaegusa | 2016-12-05 05:05 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(0)