カテゴリ:Photo+Kotoba-写真+ことば( 1177 )

P.T.A. [hito]

d0018646_8565432.jpg

by makisaegusa | 2005-10-19 08:58 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(4)

P.T.A. [time]

d0018646_7461794.jpg

・・・・・・・・・・・・さて、旅支度をしよう。
by makisaegusa | 2005-10-03 00:00 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(2)

P.T.A. [unconscious]

d0018646_1304973.jpg

でもね、「せんそうはんたーい」って言葉に出すのは、簡単なこと。
むしろ、問題は、そう叫ぶ一方で、それとは真逆の選択をする私たち。
進む先に、なにを見てる?

私たちの無意識の無関心は、
いつか、かたちを変えて、誰かを殺める爆弾になるのかもしれないということ。

仮に気付けたとしても、トキスデニオソシ。
それは、本当に自分のそばで戦争が起きた時、愛する人が、死んでいくときなのかも。

矛盾だらけ。

どうすればいい?
恐怖の歯車。

あなたは、大げさだって私を笑うかもしれないけどね。
by makisaegusa | 2005-09-11 23:30 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(6)

コロリン論。

d0018646_0343268.jpg街を歩く人は みんなひとりきりで 
誰にも頼らないで 生きてるみたいに見える

どんなに 誰かと 強く繋がっていたって 
そんなのは 目に見える 紐じゃないから

でもね
そんな誰かとの繋がりが 切れちゃったら
人は 凄くたやすく 転んじゃうんと思うよ

スッテンコロリンて 横断歩道の真ん中でもね
by makisaegusa | 2005-08-29 00:18 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(0)

P.T.A. [equal]

d0018646_019422.jpg

『平等』なんて言葉・・・ 作ったのは人間なんだけど

彼の髪が 金色で
彼女の肌が こげ茶色で

私の瞳が 黒なのは

『不平等』とかじゃなく
世界をカラフルにするため なんだと思うよ


- deluxuxe version of a photo(+poem)
:::music & sakana crazy mr.taku 所蔵
by makisaegusa | 2005-08-24 23:30 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(2)

P.T.A. [bonds]

d0018646_2117107.jpg

by makisaegusa | 2005-08-07 21:22 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(0)

死なない名前。

d0018646_18305.jpg昆布に絶妙の角度で刃物を当て、とろろ昆布を削り出す。
デパートの地下などで、そういった職人に出くわしたなら、
私は、しばらくの間、その様に見惚れることになる。
あの手さばき。
薄く空中に流れ飛ぶ、とろろ昆布。
まさに、匠の技。

職人とはすばらしい。

寿司職人やら、煎餅職人やら、
家具職人、時計職人、和菓子職人・・・。
ありとあらゆる職人が、この世にはいるけれど、
自身の技だけが頼りというところが、大きな魅力だ。

花火職人になろうと言うのは、
この時期特有の気の迷いだとしても、
やはり、私も、いつか職人になってみたいものだ。

さしあたり、落語の『寿限無』を暗記してみることにした。
職人とは無関係の、自慢のみを目的とする挑戦。
いままでの大嘘記憶の覆しが、とても愉快だ。
無駄系努力も、人生には不可欠。
by makisaegusa | 2005-07-28 23:59 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(21)

P.T.A. [self]

d0018646_145242100.jpg

by makisaegusa | 2005-07-25 14:51 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(0)

世界のつくり。

d0018646_0254085.jpg
「心で見なくちゃ物事は分からないんだ・・・大切なことは目に見えないんだよ」
これは、『星の王子さま』でキツネが、教えてくれたこと。

生きてくことって、
そういう、目には見えないものを、信じ抜くことなんだなって。
本当に時間も空間も超えて存在する、真に強いものがあるんだって。

アタシは、改めて気付いたよ。
今日、その場所で。
嘘みたいで、嘘じゃない、できごと。

あったかい涙が、こぼれ落ちたんだ。
by makisaegusa | 2005-07-20 23:59 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(2)

溶けることを決めたひと。

d0018646_175636.jpg
あと、何度気温が上昇したら、アタシは溶け始めるんだろ。

今日なんて、むしろ、自分が固体であることの方が、信じられないくらいの灼熱。


暑さを回避する手段として、人間に、「溶け出す」って能力が、あったら、どう?
ちょっとだけ、溶けてブサイクになってしまうなら、アタシは、全部、溶けてしまおう。

そしたら、新宿の道路脇で、冬が近づく頃、再生するんだろうか。
もし、そうなら、興味深い。

そのとき、正体不明の物体にならないよう、倒れこむ時は、美しくいこう。
細心の注意を払いつつ。
by makisaegusa | 2005-07-18 23:16 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(8)