カテゴリ:Cosmetic Lab-アロマ&コスメ( 116 )

アロマティック宝石商:#7 マンダリン・ガーネット。

d0018646_19454299.jpg
"宝石ソープ"の7作品目は、ハワイ産のレッド・ソルトを使ったオレンジ色の石けん!
"マンダリン・ガーネット"をコンセプトに作ってみた。
表面に散らした赤い塩とマリーゴールドの花びらが、宝石のカラーイメージ。
そして、中に閉じ込めた、ゼラニウム、ベルガモット、レモンの精油は、緊張を和らげて気分を爽快にしてくれる効果あり。
水に濡れると、ますます煌めく、ステキな石けんは、日常に、贈答に、最適の輝かしさ!
ぜひ、ドーンと贅沢に、エンジョイ裕福気分!笑

*Recipe:レッツ・トライ! and リラックス!!
1. 石けん素地(クリア)100gを、ビーカーに入れてレンジで1分。(時間はレンジ次第で調整。)
2. 石けん素地が溶けたら、ハーブ素材と精油(2〜10滴)を入れて、型に流し込む。
3. 固まったら取り出す。(宝石型→「Fred社」製-製氷皿"アイスダイヤモンド")

★いままでの「宝石ソープ」⇒「#1 ダイヤモンド」/⇒「#2 シトリン + #3 クオーツ」/⇒「#4 マテ・オパール」/⇒「#5 ムーン・ストーン」/⇒「#6 琥珀
★いままでの「アロマソープ」
by makisaegusa | 2011-02-11 18:37 | Cosmetic Lab-アロマ&コスメ | Trackback | Comments(0)

アロマティック缶:"ありがたき哉"リップクリーム。

d0018646_2220728.jpg
友だちのアユから北海道土産で貰った、『六花亭』の缶入りチョコレート"ありがたき哉"。
今日は、その空き缶を利用して、新作のリップクリームを作ってみた。
レシピは、いつもと同様。
今回使用した精油は、ゼラニウム、ローズマリー、グレープフルーツ。
寒い季節柄か、すぐさま固まり美しく完成したリップクリームは、芳しく、深呼吸したくなる良品。うふふ
d0018646_22131340.jpg
完成したリップクリームは、クシャクシャにしたワックスペーパーに、雑誌からの切り抜きを貼ったラフなコラージュで、ギフト用に愉しくラッピング!
ヨガのようなリラックスを与えてくれそうというイメージから、ヨガ写真をチョイス。(・・・安易。笑)
うん、よい仕上がり。
嗚呼、なんとも、ありがたき哉。

【レシピ】
1. ミツロウ5mlと、ホホバオイル25mlを耐熱容器に入れ、ガラス棒や竹串で混ぜながら、湯煎で溶かす。(ミツロウの溶け始め:60〜70℃)
2. 完全に解けたら、精油を1滴ずつ加えて混ぜ合わせる。
3. リップ用ケースや、ガラスの小瓶に流し込む。(今回は、"ありがたき哉"へ!)
4. しばらくして、固まったら完成。
※ 常温で保存。一ヶ月以内に使い切る。

好きなケースに入れて持ち歩くと、もっと嬉しい。
エンジョイ、アロマティックな日々!!

これまでに作ったアロマテラピー作品一覧
by makisaegusa | 2011-02-10 21:48 | Cosmetic Lab-アロマ&コスメ | Trackback | Comments(0)

アロマティック越冬術:キラリリップクリーム。 kirei

d0018646_29169.jpg
だいたいの物は手作り出来ると信じて止まない私が、乾燥シーズンに向け、新たに作ったのが、リップクリーム!
この潤いたっぷりリップクリームの材料は、保湿効果のある"ミツロウ"(ミツバチ産)と"ホホバオイル"、それから、お気に入りの精油。
今回、私が選んだのは、気持ちを明るく穏やかにする効果があるとされる、柑橘系の"ベルガモット"精油。
殺菌作用まである優れモノ!

【レシピ】(20g分)
1. ミツロウ3gと、ホホバオイル15mlを耐熱容器に入れ、ガラス棒や竹串で混ぜながら、湯煎で溶かす。(ミツロウの溶け始め:60〜70℃)
2. 完全に解けたら、精油を1〜2滴加えて混ぜ合わせる。
3. リップ用ケースや、ガラスの小瓶に流し込む。
4. しばらくして、固まったら完成!
※ 常温で保存。一ヶ月以内に使い切る。

リップクリームを流し込むケースは、使い終わった物を再利用すれば、なお手軽。
効果や香りで、お気に入りの精油を選んで作ると、愛着もひとしお。
カンタンなレシピなので、ぜひ実験気分で、お試しあれ。
キラリーンつやつやリップを使えば、寒い冬も、なんだかハッピー!!
・・・などと、冬嫌いが言っても、この余りの説得力の無さに、我ながらニヤリ。笑

これまでに作ったアロマテラピー作品一覧
by makisaegusa | 2010-11-08 00:10 | Cosmetic Lab-アロマ&コスメ | Trackback | Comments(2)

アロマティックおやすみスプレー:グッドスリーーープ。

d0018646_149231.jpg
冬の到来に伴って、寒さ嫌いの私は、冬眠への助走なのか、眠くて眠くて仕方ない。
いくらでも、寝られるという自負。
しかし、周囲には、多忙のせいか、はたまたストレスのせいか、不眠の症状を見せる友だちが、ちらほら。
そこで、私は、グッスリ睡眠のためのアロマスプレーを作り、贈ることにした!
グッドアイディア!!

選んだ精油は、気持ちを落ち着かせるヒノキ、安眠を促すタンジェリン、そして、リラックス効果のあるラベンダー。
おやすみ前に、空間やリネンにシュッシュとスプレーすると、すっきりとした香りが漂って、うっとり。
思わず深呼吸したくなる爽快な香りに、健やかな気分で、眠りに就くのが良いでしょう。
デリシャスな夢が見られますようにっ。

【レシピ】(50ml分)
1. スプレー容器に、無水エタノール(もしくは、ウォッカ)5mlと、ヒノキ精油×2滴・タンジェリン精油×2滴・ラベンダー精油×1滴を入れたら、よく振って混ぜる。
2. しっかり混ざったら、精製水45mlを加えて、さらに混ぜる。
3. 完成!
4. 睡眠前に、空間にスプレー。あなたは、スヤスヤ。
※ 冷暗所で保存。一ヶ月以内に使い切ること。

これまでに作ったアロマテラピー作品一覧/⇒アロマスプレー一覧
by makisaegusa | 2010-11-02 00:52 | Cosmetic Lab-アロマ&コスメ | Trackback | Comments(0)

アロマティック宝石商:#6 琥珀。

人類史、いや地球史を覆す琥珀(コハク)を、ここに!!
私が、宝石型石けんを作り始めてから、ずっと作ってみたかったのが、琥珀。
木の樹脂が、固くなって出来るという、この宝石の中には、当時の昆虫たち(アリやクモ、ハエなど)をそのまま閉じ込めてしまった、とても貴重なものもある。
そこで、私は、石けんの中にも昆虫を封入すべく、適度な大きさのフィギュアを探し続けていたのだけれど、なかなか見付からず。
モウダメカと、諦めかけていたところに、ドーン!
友だちのシノから、誕生日プレゼントに貰ったのが、建築模型用の紙製フィギュア。
d0018646_818645.jpg
人物にイヌ、家具や自転車まで、さまざまな生活感が集約された一枚。
これは、石けん作りにピッタリ!とばかり、私は、世界の歴史を揺るがす恐るべき琥珀作りに着手したのだった。笑
d0018646_8174968.jpg
ヒラメキと勢いだけで、完成させてしまったので、相当荒っぽい作品となったものの、表現したかったのはこんな風!
水死体の如く、沈む人物。
意外とありそうな、イヌの祖先。
太古の昔の文明社会を想像させる、自転車や椅子。
石けんを使い込んだ、未来のある日、出土してくる紙がどういう状態になるのか未知数なところが、ギフト用には不安も少々。
それでも、これは、多くの意味において、世界に類を見ない大発見と言っても過言ではない。笑
今後の進化に、期待を。

[Aromatic Soap : 琥珀 - Amber]
精油:ベルガモット、グレープフルーツ、タンジェリン
はちみつ、石けん素地(クリア)

⇒いままでの「宝石ソープ」/⇒いままでの「アロマソープ」
by makisaegusa | 2010-08-23 08:17 | Cosmetic Lab-アロマ&コスメ | Trackback | Comments(6)

アロマティック宝石商:#5 ムーン・ストーン。

d0018646_2231113.jpg
これまでにも、色々な宝石をリリースしてきた「宝石ソープ」シリーズ!
本日、発表するは、私の誕生日会に駆け付けてくれた友だちへのお礼として、ギフト用に制作したもの。
白い石けんと透明の石けんが、雰囲気の違う層に重なって、上品にハーブを閉じ込めた、ラブリーな仕上がり。
精油には、ローズマリーやレモン、ペパーミントなど、灼熱シーズンにはピッタリの清涼感ある組み合わせの石けん!
中に混ぜるドライハーブには、ローズマリーとマジョラム。
スッキリ・タイプと、リラックス・タイプ。
気分爽快に夏を過ごせるようにと、念力を込めて。
二種類の石けんを重ねることで生まれた不透明感・・・。
その様子が、"ムーン・ストーン"をイメージさせることから、この宝石ソープは、ムーンストーンと呼ぶことにした。
・・・ミステーリアス。
みんな、アリガトウ!!

⇒いままでの「宝石ソープ」/⇒いままでの「アロマソープ」
by makisaegusa | 2010-08-16 22:29 | Cosmetic Lab-アロマ&コスメ | Trackback | Comments(2)

アロマティック虫よけスプレー:バイバイモスキート。

d0018646_1563899.jpg
めっきり夏が、近づいて来た!
つまり、蚊が続々と出没。
こうなると、庭に出るのもおっくうになり、ちょっと放ったらかしてただけなのに、雑草はボーボーモジャモジャ。
タイヘンダー!!・・・しかしながら、蚊は嫌だ。
というわけで、今日は、精油を使って、オリジナルの虫よけスプレーを作ってみた。

虫が嫌う代表的な精油を調合して完成させたのは、レモングラスやゼラニウムの香りが清々しい、虫よけスプレー!
人にも、部屋にも、どこにでも。
材料が分かっている安心感と、よいアロマ。
肌にやさしいことも、また嬉しい特徴。

本日は、そんなナイスな一品、虫よけスプレー「バイバイモスキート」のレシピをご紹介!!

【レシピ】(50ml分)
1. スプレー容器に、無水エタノール(もしくは、ウォッカ)5mlと、レモングラス精油×2滴・ゼラニウム精油×2滴・ペパーミント精油×1滴を入れたら、よく振って混ぜる。
2. しっかり混ざったら、精製水45mlを加えて、さらに混ぜる。
3. 完成!
4. 肌から10〜15cm離して、シュッシュとスプレー。蚊は、ぎゃふん。
※ 冷暗所で保存。一ヶ月以内に使い切ること。

【虫よけに効く精油】
シトロネラ・レモンユーカリ・ゼラニウム・ラベンダー・ペパーミント

自分で作ると、愛着もひとしお。
人にやさしく、蚊には厳しい、こちらの絶品。
お好みの精油を選んで、みなさまも、ぜひ手作りをお試しあれ!

これまでに作ったアロマテラピー作品一覧
by makisaegusa | 2010-07-08 01:55 | Cosmetic Lab-アロマ&コスメ | Trackback | Comments(2)

A. これは、スッキリ入れ歯です。

d0018646_212276.jpg
久々に発表する新作の入れ歯石けん!
今回は、ローズマリーをメインに、スッキリとした調合で精油をブレンド。
所々に、ハーブの名残を残した自然味溢れる仕上がりになった。

前回(歯肉炎&スキッパ)と前々回(新生入れ歯)では、歯と歯茎部分の色分けをして精巧に作ってみたはいいけれど、
使っていると、その境界線で入れ歯が分裂してしまうという面倒な事件が多発したため、
同じ轍は踏むまいと、今回は、再び単色での制作に挑んだ。
そんな、経験に学んだ今作、
使用するに従って、徐々に中からローズマリーが出てくるということさえ厭(イト)わなければ、清々しい香りを楽しめるものになっている。

撮影は、トマトの写真と共に。
ズルリとズレた上顎、下顎、トマトの赤が、ナイスなトリオ。
相変わらず、少々のグロテスクさに、心躍る。
入れ歯ファン、ご一報を!

これまでの「入れ歯」ソープシリーズ
アロマソープ一覧

*****
[BLOG BINGO2: 73rd day - Extra Stage]
今回の数字は、「29」!!
最後にコールされるのは、どっちの数字でしょ?!
*私が、最終75番目にコールする数字を持っていた人は、ザンネンビンゴ賞を贈呈。
*5列ビンゴを達成した人は、私宛てに、証拠写真を送って来て下さい。ヨロ。
本日迄「5列ビンゴ」→1位 shigemi☆2位 Ayu☆3位 happy☆4位 ショウコ☆5位 じっこ☆5位 まなと☆5位 しの☆5位 かと☆
6位 カヨ☆7位 かずこおばちゃん☆8位 母☆9位 CHEE☆9位 オグ☆10位 キヨミ☆
11位 佐々木組-1☆11位 佐々木組-2☆11位 プニ☆12位 makisap☆13位 ミオ☆14位 Jimmy☆15位 キラ☆
16位 じゅま☆17位 父☆18位 ダイチ☆19位 TAKA☆20位 まゆ☆21位 natsu(ルールカンチガイ賞)☆22位 ともこ☆23位 おばあちゃん☆24位 まっちぃ☆25位 ブーコ☆
26位 onnea☆27位 Mai☆28位 はるな☆
※ ブログビンゴに関する記事&番号のまとめチェックは、ブログビンゴ2のタグ(Tags)より、どうぞ。
by makisaegusa | 2010-06-27 01:58 | Cosmetic Lab-アロマ&コスメ | Trackback | Comments(8)

アロマティック宝石商:#4 マテ・オパール。 kirei

d0018646_3262780.jpg
長らく石けん作りをしていなかったので、遂に石けんが欠乏し、今日は、久々に石けんを手づくり。
「宝石ソープ」にするか「入れ歯ソープ」にするか迷った結果、今日は、「宝石ソープ」を作ることに決定!

今回の宝石の中身は、アルゼンチン産のマテ(ハーブティー)と、レモンの精油。
花粉症の人が、気に入りそうな清々しさ!
そして、たっぷり入ったマテの模様は、オパールに似ているから、この宝石は「マテ・オパール」と呼ぶことにした。(緑色だけど。笑)
バンザーイ!!
実験みたいなオモシロさ。手づくりは、やっぱり楽しい。

⇒いままでの「宝石ソープ」/⇒いままでの「アロマソープ」

*****
[BLOG BINGO2: 17th day]
今回の数字は、アルゼンチンの国際電話番号の「54」!!
イグアスの滝、早く訪れたいものだ。
本日迄「1列ビンゴ!」→1名。「1列リーチ」→3名。 ジワジワ増加、、、、
※ ブログビンゴに関する記事&番号のまとめチェックは、ブログビンゴ2のタグ(Tags)より、どうぞ。
※ 参加希望者は、こちらをご覧の上、ご参加を。⇒「本日解禁☆ブログビンゴ2!!!」
by makisaegusa | 2010-04-18 03:24 | Cosmetic Lab-アロマ&コスメ | Trackback | Comments(0)

A. 出っ歯ですか? - B.いいえ、歯肉炎とスキッパです。

私が作るアロマソープの中でも、入れ歯型を専門に扱う部門、レーベル"HAGUKI"。
・・・という名称は、たった今の思いつきだけれど。笑 
おしなべて、ブログ発表されるタイトルが会話調なのが特徴。
d0018646_12425720.jpg
photo1: 完成品。「シャキーン」号。

さて今回は、出っ歯の友だちの誕生日祝いに、美しい歯型の石けんを贈りたいというササキ夫婦のシュールな依頼により、ネタ感満載の入れ歯型石けんが完成した。
見た目はもちろんのこと、アロマテラビーの効果までも完備。

制作過程で、目標にしたのは、歯と歯茎部分をきっちりと色分けするところ。
簡単そうに見えて、シッカリ分けすぎてしまうとシリコンゴムの型から出すときに、色の境目で石けんが2つに分かれてしまうということが判明。
試行錯誤の中、生み出された「スキッパ」号や、「歯肉炎」号。
それぞれに、赴き深く、捨て去ることなどどうして出来ようか。笑
d0018646_12431939.jpg
photo2: 「スキッパ」号。

ローズヒップを、すり鉢で小さく挽いたものを、石けん素地に混ぜ、ローズヒップオイルや精油(今回は、グレープフルーツ・ベルガモット)を混合。
美肌効果を期待できる一品。
ただ、なんというか、悲しい。笑
d0018646_12433286.jpg
photo3: 「歯肉炎」号。

不健康な二点は、ミントチョコレートのイメージで制作。
歯茎には、ココアパウダーを使用し、混ぜた精油はペパーミント。
清々しい不気味さが、秀逸。
ココアパウダーの量によって、不健康度合いを加減するのが、ポイント。

・・・というわけで、何が起きようとも、それを遊びながらの制作風景。
ご用命は、いつでもどうぞ。
その際、レーベル「HAGUKI」の指定をお忘れなく。笑
by makisaegusa | 2010-01-23 12:41 | Cosmetic Lab-アロマ&コスメ | Trackback | Comments(5)