カテゴリ:Collage-コラージュ( 124 )

→NEO GO!GO!のためのデザイン:web。

私、maki+saegusaが、トータルヴィジュアルデザイナーとして参加している新しいプロジェクト、
『→NEO GO!GO!(ベクトルネオゴーゴー)』は、ハッピーでルンルン☆☆☆
炸裂ガールズ!!をテーマとする愉快なムーヴメント!
今日は、HP用にデザインした作品の披露がてら、
プロジェクトの詳細チェックも含め、サイトに飛ぶことを強く勧めというより、強制します。
きっとウキウキ気分ΨΨΨ
それから、ガールズ!!様々、イベント等々、参加のこと☆☆☆
→NEO GO!GO! HP
***http://www.m-revo.com/gogo/

d0018646_12494481.jpg
↑基本のかたち。
私のクローゼットにて発見された洋服から、すてきテキスタイルを散りばめたので、
知る人ぞ知る、こっそり、マキマニアな仕上がり。にやり。
アナログにチョキチョキ、ペタペタを常とする私は、この作品もやはり同様の手法にて。
過程のギャーとか、キャーとかを感じさせない、たのしーーーい雰囲気には脱帽。
見るといつでも、嬉しい気持ちに。☆★★うふふ。
d0018646_12505817.jpg

↑HPの初めはこんな様子。check it out!
Join us and hava go!go! day!!!

- collage[コラージュ]
+ トーナルカラー(イロガミ)、クロケント、白レース、マキ服テキスタイル、ノリ、ハサミ
+++love +peace
- A4
+ maki+saegusa
by makisaegusa | 2006-05-16 13:30 | Collage-コラージュ | Trackback(1) | Comments(4)

レイアウト+プット。

d0018646_947088.jpg
インプット インプット インプット アウトプット
インプット インプット インプット インプット アウトプット インプット
インプット アウトプット インプット インプット

上記、アンバランスの図。

入力するのは、簡単だけど、出力がないと、他人はその存在にすら気付かない。
呼吸と同じ、吸いこんだら、次は吐き出し。
それが表現、それが真髄。
by makisaegusa | 2006-05-10 09:46 | Collage-コラージュ | Trackback | Comments(6)

plastic tone.

d0018646_114131100.jpg
あなたは、私を変える。
私も、あなたを変える。
世界には、縦横無尽のインスパイア。

- collage[コラージュ]
+ トーナルカラー(イロガミ)、クロケント、my photo[friends]、ノリ、ハサミ、ハナノシャシン、ジカン
- A4
+ maki+saegusa
by makisaegusa | 2006-05-08 11:47 | Collage-コラージュ | Trackback | Comments(3)

春食。

d0018646_136192.jpg春めいて

桜花を 食したくなるのが常 ゆえに

木を買おうと ひらめくものの

花そのものを 手に入れる方が 利口だと気付き

静かに 塩漬けを 選ぶことにする


八重桜は 美味の風貌


[ネタ帳ノ類 2006 vol.2 ・・・部分]
右下部分ニ ホゥラ 塩漬。黄緑ステッカー。
by makisaegusa | 2006-03-21 23:50 | Collage-コラージュ | Trackback | Comments(2)

みちづれられブック。

d0018646_10292926.jpg旅の、みちづれトラベルジャーナル。
もともと無地だった表紙には、
毎朝のいろんなお茶[te]パッケージをコラージュ。
貼っても貼っても、ボロボロになってしまうので、
上にどんどん貼り重ねてたら、どんどん厚みが出てきた旅の途中。
日記や絵や落書き、チケットにフライヤー。
スケジュールのメモや、旅仲間の連絡先、お菓子の包み紙まで。
ごちゃまぜに、詰め込まれた輝かしい代物は、
移動中や、眠る前に、つれづれなるままに書かれた珍道中の記録。
読後は、壮絶な旅の後のようなキモチになるから、
ゲッソリするけど、爽快な達成感。
ほんとに、おもしろおかしな旅だったなぁ・・・。
そして、本当に素晴らしい人々と大地。
いつかこいつも赤裸々に発表しましょっか?!うふふ。
そして、ありがとう、コカ茶☆☆☆
[travel journal in South America]
11/Jan/'06 - 13/Feb/'06
by makisaegusa | 2006-02-23 20:38 | Collage-コラージュ | Trackback | Comments(4)

変哲ノススメ。

d0018646_0325659.jpg
ケッってゆうとき、出すのは、ヘドロではなく、ヘドだれど。
この際、アタシは、ヘドロを出そう。
公害だしまくりの工場地帯みたいな、きったないやつをガツンといこう。
うげぇって、、、憤りとため息混じりに。

・・・まさか、いまだアンティークな風習が、はびこっているなんて。
そいつは、ハエトリ紙的アリガタメイワク集団。
自分達と違う動きを見せる者には、容赦なく。
からめとって、同化を命じるのが、彼らの使命。
だから、口にする。「きみ、変わってるね。」
言葉に乗せるのは憐れみの表情と、優越感。

こう言われた日には、満面の笑みで、「ありがとうございます。」と返すがよろし。
それから、少しばかり怪訝な顔つきで斯く(カク)の如く答えるべし。
「そちら様は、まったくもって、他の方と区別もつきませんね。」
「まぁうれしい。」と、相手は喜ぶかしら。

・・・・・・・・・あなたは、いつでも、そんなひとたちに惑わされないように。
延々続く、コンクリートの壁みたいな退屈世界なんて、マッピラゴメン。
どこにいても、まちがいなくあなただってゆう、色を世界に与えて欲しいから。
他人を下に見ることでしか、自分の位置を確保できないなんて、最強退屈、号泣の極み。

変哲はあってこそ。
だから、世界は彩られてく。
予測不可能な発言も行動も、それがあなたの楽しいところ。
だから、あなたは、ずっとあなた。

あたしにとっても、「カワリモノ」認定は、立派過ぎる誉め言葉。
そんなわけで、あたしもあたし。
ずっとずっと、こんな具合。
さあ、出かけましょ。
クレイジー手前レヴェルに、世界を飛び飛び廻る奇妙な生物として。


-collage
+ my photo [pasta]
+ foods f:adv
- black paper -A4
by makisaegusa | 2005-09-14 20:10 | Collage-コラージュ | Trackback | Comments(4)

core

d0018646_2311347.jpg
いま すべての色彩を
そして すべての音を 身体に染み込ませよう。

溢れ出るほど にじみ出るほど 貪欲に。

世界が ここから生まれるように。

-collage
+ my photo [piano]
+ yellow yellow yellow!! f:magazine
- black paper -A4
by makisaegusa | 2005-08-20 23:13 | Collage-コラージュ | Trackback | Comments(4)

果物傾倒系。

d0018646_0145066.jpgd0018646_0351870.jpgd0018646_0195758.jpg







「ネタ帳の類」近頃の様子。経過報告。
みなさまのご協力に感謝。
キウイのシール裏、モケモケ取りには毎度の苦心。
by makisaegusa | 2005-08-13 23:59 | Collage-コラージュ | Trackback | Comments(2)

mission

d0018646_22151154.jpg
人生の使命って すべての人に与えられてるんだと思う?
そんなの いつになったって 誰も教えてくれるわけないんだけど。
もし 自分で これかもしれないと思ったなら。
そして それを生きてくことが 自分の強さになるのなら。
そんな 幸せなことってないと思うな。

-collage
+ my photo [girl]
+ eyes f:magazine
- black paper -A4
by makisaegusa | 2005-07-11 22:06 | Collage-コラージュ | Trackback | Comments(5)

ネタ帖の類。

d0018646_02134.jpgどこに行くにも、アタシは一冊メモ帳を持って行く。
何か思いついたら、すぐに書くのが用途。

今で、何冊目なのかも分かんなくなってきたけど。
いつも表紙には、果物についてたシールを、
これでもかと貼り重ねる。
その時期に、自分的ブームになり、
食べまくってた果物のシールは、
自動的に多くなるから、飽きてくるのが常だけど。
それでも、コレクターの如く集めてる。

メモ帳の中身は、
他人に見せないのが基本のため、
クレイジーで、パニックな仕上がり。
字やら、記号やら、落書きやら。
メクルメク世界。
そのまま本にしたとしたら、
人格を疑われそうな勢い。
so nice!!

今も、着々と、増えつづけてるネタ・・・
なのかなんなのか・・・みたいなもの。
覗ける日を、心待ちにしてて。
理解可能レヴェルに、翻訳したやつ。
それまでに、どれほどの果物シールを要することやら。

みんな、果物を食べたときは、アタシのことを思って、シールを取っておいてね。

珍しい果物シールには、目がない性質だから。
by makisaegusa | 2005-07-07 23:59 | Collage-コラージュ | Trackback | Comments(10)