ワンダリングワンダフルワンダー。

d0018646_4295012.jpg
ときどき、濁流に紛れて危うく優先順位を組み替えられそうになってしまうけれど。
そんな時には、ちゃんと自分を呼び戻すイベントが起こって、一番大切なものを身に染みて実感することになる。
逸れてた分だけショッキングな出来事だったりもする、そのタイミングはとにかく絶妙。
神の仕業。
それほどに。
by makisaegusa | 2009-04-16 04:27 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://makisgs.exblog.jp/tb/9608142
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ゆた at 2009-04-17 15:49 x
おおっ、こちらのおうちにも住みたい。

忙しさにかまけて何かをウシナイツツあるアンヘル長がいるようです。。
金太郎クッキー食べないと彼は下界の毒から逃げられない、ようです。


Commented by makisaegusa at 2009-04-18 00:06
>ゆた長

長を打とうとしたら、「腸」にまず変換されました。
ゆた腸。
それは、十二指腸のはじめの角を右にまがったとこの、はすむかいに隠れるようにして存在している秘境。
いやはやーー。

天竺の庭が、草むしりをやっておくれ、ゆたちゃんと呼んでいたりいなかったりするよー。
うへへい
Commented by TAKA at 2014-08-03 00:06 x
まきちゃん、Timingのところからきたよ。
このブログ、カテゴライズがおもしろいね。
ところで、「神の仕業」と「自然の摂理」って、
どういう風に使い分けるの?
ぼくは後者だと思っているから前者を信じません。
Commented by makisaegusa at 2014-08-04 01:36
> TAKA

タカサン、ブログトラベルの世界にようこそー!
ここでゆう神とは、もちろん、どこかしらの宗教で言われているような、そういう者の意味ではなく。
時として、自然の摂理、宇宙の摂理と同じ意味でもあって、
それ自体が、畏敬の対象、山だったり海だったり。
なんせ、八百万の神の国ですから!
そして、また、神は、多くが信じてるような都合のよく人間を助ける存在というわけではなく、
むしろ、試練を与えたり、見守ったり、そして、あとは、自然との調和のやり方を教えてくれる存在。
私には、神様の友だちがいるので、信じるも信じないも!・・・な世界です。笑
Commented by TAKA at 2014-08-04 11:11 x
そうだなー。八百万の神の国だもんね。
納得です。
それより神様の友達ってなんだ?!
Commented by makisaegusa at 2014-08-06 00:03
> TAKA

うひゃひゃひゃーーーー!!!笑
<< 食卓のデザイン#13:自家製ラ... 新ブーム:よいへんじ。 >>