悩みの眺め方。

d0018646_22504687.jpg
『悩む』という状態が始まったとき、まず最初にやるべきは、
"to do" と "not to do"で悩んでいるのか、"how to do"で悩んでいるのかを明確にするということ。
当たり前のようだけれど、それがなかなかできないのが、悩みの症状。
霧に包まれたようなモヤモヤした視界に遮られて、そんな基本を見落としてしまうから、
ついつい、不要なことまでごちゃ混ぜにして、悩みをもっと複雑に進めてしまうことがある。

どんどん種類の違う悩みが加わって、こんがらがり現象。
それはとても苦しいから、まずは基本に立ち返って、自分の悩みの種類を改めて眺めてクリアにしておく。
それだけで、ちょっと出口が近づいてくるから。
by makisaegusa | 2009-04-04 22:49 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://makisgs.exblog.jp/tb/9558522
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 新しい本のタイミング。 球根のソコヂカラ。 >>