Un グレイト 謝辞。

d0018646_313889.jpg
タボだるまのターボが、ペルーに帰国した本日。
慣れ親しんだ町を後にして、元居た場所に旅するときの、なんとも言えない心情をちょっと思い出す。
シドニーの空港で見送ってくれた友だちと別れ、号泣のまま搭乗した、あの日からもうすぐ7年。
一点から、どんどん離れ行く私の時間と、今、まさに新しい時間に向けて飛び立った彼のことを同時に考えて、時間旅行気分。

「マキは、ほんとに、すごいおもしろいから、ありがとう。」
最後に、ターボが私に言った感謝のニホンゴ。
この劇的センテンスは、私の人生に突如乱入してきた衝撃そのもの。
まさか、おもしろさを感謝される日が来るなんて、これは事件。笑
こんなに楽しい言葉だった「ありがとう」。
そうだ、みんな語尾にありがとうを付ければいいんだ!と、思い付く私。
感謝の言葉がいっぱいだなんて、めくるめく世界に違いない。

何よりも大切な友だちにとって、今日がまた新たな人生の始まりの日になることが、私も嬉しい。
出会えて、ありがとうって言い忘れたことを思い出したから、今度は、私が出掛けるとしよう。
再会の場所は、この地球のどこかってくらいが、きっとちょうどいい。

今日もきっと、青空。
「とっても青空でありがとう」と表現するのが最適。
by makisaegusa | 2009-03-16 03:10 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(1)
トラックバックURL : http://makisgs.exblog.jp/tb/9474056
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by makisaegusa at 2009-03-17 20:49
この文章で、あったかな気持ちになったからありがとう、と、
わざわざ、メールをくれた友だちにありがとう。笑
やっぱり、よい言葉だねえ。
<< 体重計ネオ。 意識次元。 >>