金沢21世紀美術館の《スイミング・プール》。 sanpo

d0018646_23553123.jpg
完成以来ずっと気になっていた場所金沢21世紀美術館を、初探訪。
関西から東京へ戻る途中のちょっとした回り道にて、北陸目指し、閉館間際に到着という大わらわ。
なにはともあれ、逃せないのがLeandro Erlich(レアンドロ・エルリッヒ)の《スイミング・プール》という作品。
エラ呼吸なしで、水面下に入る事の出来るハッピーさ。
常設展示で、写真撮影も出来る。
d0018646_23264221.jpg
すごくプール内を感じさせるものたち。↑/↓
ブクブク。
d0018646_2327360.jpg
水色の壁と、水の波紋の影。
夜の光とオレンジの照明も、また気持いい。
d0018646_23272050.jpg
一滴の水にも濡れることなく、私も、水中撮影。笑

ここは、不思議な出会いを体感できる日常的な非日常の場所。
ちょっと遠回りの寄り道がてら、ぜひ一度訪れてみてはいかがでしょう?
by makisaegusa | 2009-01-08 23:23 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://makisgs.exblog.jp/tb/9180222
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by onnea at 2009-01-11 00:56 x
2009年初です。こんにちは。
新年早々私は夢の中でmakiさん宅に間借りしてました・・・謎・・・

すごいですね。すてき~是非行きたい!!
どうなってるのか興味津々♪♪
私は中谷宇吉郎雪の科学館なら行ったことありますよ☆
意外な面白さがあったりします。ふふ。
Commented by makisaegusa at 2009-01-12 02:08
>onnea

謹賀新年。
今年が、とってもウキウキで更に金太郎クッキーにとって輝かしい一年でありますようにっ!笑

それにしても、うちに間借りだなんて、楽しい!
ほんと、なんだかよく分かんないつながりを感じて嬉しくなります。

中谷宇吉郎雪の科学館って、いったいどんなとこだろーーーー!??!って調べてみたら、
すっごく楽しそう♪
私、寒いのは極度に苦手だけど、雪のデザインは大好き。
ぜひぜひ、今度は行ってみよーーーっと。
ナイスな情報を、ありがとうございまーーーす。
<< 神戸のコップーンから来たフィリ... フラワーセンターに行く冬らしさ。 >>