フラワーセンターに行く冬らしさ。

d0018646_0584021.jpg
兵庫県民ならば、一度は訪れる場所「兵庫県立フラワーセンター」に行ってきた。
旅の仲間は、毎度陽気なおばあちゃん、それから、私の幼なじみと赤ちゃん。
こんな季節、一切花を期待せずに出掛け、ほぼ貸し切りの園内へ。笑
なかなかすてきな閑散っぷり。
やはり、冬は花たちには鬼門の様子。
それでも、温室には色鮮やかな花がいっぱい。
わぁぉと、目がキラキラになったような心地で、はしゃぐ一同。
湿度の高い熱帯の温室の天井に届く大きな木にも、びっくり見上げる。
d0018646_114659.jpg
そして、園内を散歩したなら発見の羅漢さまたち
その中でも、とびきりがっかりの表情が私の心を捉えたのがこの御方。↑
頭にちょこんと載せられた帽子のズレ具合も絶妙、渋い表情もお見事。
言いたいことが積もり積もっているというのに、小心で言えない性格を表したそたような口元に、
哀愁と独特の古典ハッフュッフェンを感じ、仲間意識。笑

やっぱ花は春じゃないとねという強い想いを胸に、再会と再決行を約束し解散。
なんにも準備しないで、気持ちの向くままに開催する、ゆっるぅいおでかけは、それだけで幸せな気分になるなぁ。
冬はとにかくテンションが下がりがちな、あったか季節仕様の私には、本当に、春が待ち遠しい。
花のないフラワーセンターの趣を楽しみたい方は、ぜひこの時期に。
敢えて平日に出掛ければ、いろんな意味で冬の風情が醸し出され、なおお薦め。笑

ちなみに、今なら正面の花時計は、葉牡丹で作られた牛の絵になっているので、ちょっと嬉しい。
by makisaegusa | 2009-01-06 00:57 | Recommend-トテモステキ | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://makisgs.exblog.jp/tb/9166889
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ゆたっふぇん at 2009-01-07 13:15 x
この石仏、、、、、、すごいっ。

僕も卒業したら兵庫の神様に会いに行きたい!
Commented by makisaegusa at 2009-01-08 02:42
>ゆたっふゅっふぇん

この切なげな石仏は、群れてます。
ドント ミス イット。

春にカモン!
ここもまた天竺。笑
<< 金沢21世紀美術館の《スイミン... ブランド。 >>