つなぎ、つむぎ、つづき。

d0018646_212366.jpg
除夜の鐘の重奏を聴きながら、静寂に佇む夜。
いちばん大切なものを、自分の中に再確認して、安心感と共に呼吸を深くして、
つながるもの、つづいていくもの、絡み合うシンクロニシティと、あたたかな人生のストーリーに愛しさを抱く。

ふと、思い出すのは、奇跡の確信犯みたいなあるエピソード。
それは、知り合いの著名なドキュメンタリー映画の監督が教えてくれた撮影現場でのひとコマ。
「このシーンの、このあたりに、こういう人がいたらいいな」と願いながら、じりじりと一心にその時を待っていたら、
とうとう、本当にその通りの人物が、求める通りフレームに入って来たという嘘みたいな出来事。
それを聴いて、私が確信したのは、念とも言い換えることのできる、強い気持ちが実際の世界に及ぼす影響力。

信念は、世界を変える。
それくらい言ってしまっても、過言じゃない、きっと。
深層にある何かから、生み出される波動みたいなものは、引き合うようにそれぞれを巡り会わせるのかもしれない。

そんなことを、そっと頭の片隅に置きながら、おだやかにすぎる時間に泳ぐようにやってくる眠気。

ダレないように、365日くらいで一巡りが、人体にはちょうどいいのかも。
そして、やってくる新しい年。
深呼吸。
by makisaegusa | 2008-12-31 23:59 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://makisgs.exblog.jp/tb/9139988
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2013-10-15 12:12
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by makisaegusa at 2013-10-16 00:08
> mt 000000000002

昔は、一年の長さは変わらずに、一日が25時間くらいあったんだっけ。
それが、徐々に短くなって、今は、24時間。
隕石の傾きのせいだとか、なんだとか。なんだっけ?(笑)
地球人が、別の星からやってきた証拠だってゆってる説もあって、興味深いよね。

ナニハトモアレ、そういう風になっているのでした。
ブラヴォ!!

穏やかな夜を。
<< 謹んで新年のお慶びを申し上げます。 2008年の優勝できごと。 >>