水と風。

d0018646_1461146.jpg
水ならば、清流。
固体より溶け出し、ヒトトコロにとどまることない液体の様相を呈し、なおかつ気体の容量も備えている変幻自在。
風ならば、涼風。
軽快に空を進みゆく要領で、常に新しい気流を掴む快調な歩み。

清流と涼風のイメィジを体内に取り込み、不純物を長物と見なして。
凍結を知らず、どこまでも悠々、私は行こう。
by makisaegusa | 2008-11-13 14:05 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://makisgs.exblog.jp/tb/8919390
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 昭和カメラ。 タイのぬりえ。 >>