ポテ。

d0018646_0485529.jpg
いつだって、誰かが、自分の投げっぱなしのこと、フォローしてくれたから、あなたは不幸にも、やり遂げることを知らない。
そんなユルさだけを、着こなすあなたの危うさの意味は、責任感と誠意の欠損。
その軽薄さが、いつまでも、あなたをスポイルして、まるで無用にあなたを、透明に見せてる。
別に妖精の羽根が与えた軽さじゃなくて、ただ、なんにもなく、脆い(モロイ)あなたという人物の儚さ。
それは、楽観とは言えるわけもなく、単なる放棄に似て。
by makisaegusa | 2008-10-14 00:15 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://makisgs.exblog.jp/tb/8773782
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by taoshin at 2008-10-19 16:09 x
僕ね、これを読んでちょっと胸が痛かったんよ。
あー僕にはこれが必要なんだって。
さて、しっかり向き合っていくよー。
Commented by makisaegusa at 2008-10-20 02:17
>taoshin

それでもね、これを読んで胸が痛いと思う人は、実は、私が指してるような人じゃないんだよ。
それは、責任感を持っているからこそ、痛むところがあるのであって。
タオシンは、とても強く責任感があると思うよ。
葛藤の中にいるのだとしても、それは、また自分に対する、なんてゆうか、、、
不甲斐なさというか、そういう類いのものに私は思えるから。

だいじょうぶだよー。
ちゃーーんと、うまいこといくから。
ゆっくりでよいからね。
<< はじめて作品吹きガラス。 よいひよこ。 >>