青シャシンあそび手始め*アヒルのシャボン玉+根っこ。

今日、開始した新しい遊びは、ブループリント!!!
国立科学博物館で買ったわくわく"Sunprint Kit"つまり、青写真キットを使って挑戦。
青写真というのは、写真の原点。
これは、アクリル板に挟み込んだ被写体を、太陽の光で、印画紙に写し取る仕組み。
曇ってるときは、少し長めに時間をとったりと、天気の様子も見ながら、
用紙が白っぽくなるまで待ったら、水に浸して、乾かせば完成!!・・・という手順で、以下。
何に見えるでしょ?
d0018646_22484724.jpg
既に、タイトルになってますが、一つ目は、アヒルの形をしたシャボン玉の容器。[thanks! saico!!]
青くて透明のケースが、上手に写し取られました。
ニョロニョロ出てるのは、首掛け用のひも!
d0018646_2250727.jpg
ふたつめは、根っこ。
庭に生えてるクローバたちを引っこ抜いたら、根っこがクールだったので、そのまま、写真化。
これは、アヒルよりも時間が短かったので色のコントラストが弱いけど、シェイプは良いね、とても。
用紙の汚れは、土。

このキットで、あと10回!
挑戦希望者は、撮りたいものを妄想しながら、名乗り出ること!笑
なにを撮ろうか、すごくワクワク。
大きなものにも、挑戦したいです。
初回、感想文、以上。
by makisaegusa | 2008-06-17 23:06 | Daily fun-まいにち遊び | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://makisgs.exblog.jp/tb/8118015
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j.d at 2008-06-18 10:36 x
これおもろいじゃん!
なんか味あっていいね〜 あひる わかった〜!!
ひっこ抜くって言葉maki+ににあうね〜 アハハ笑
先日 実家にて20数年前のカメラに入っていたフィルムを現像したんだけど、こんな感じにあれて色も淡く ちょっと感動、そして不思議とそこに一緒に写っていた子とこの日曜日にバーベキューした巡り会わせあっちゃった!


Commented by makisaegusa at 2008-06-19 00:20
>j.d.

おお、すてきなエピソード!
すごい出会いだね。
うちもね、お父さんの子ども時代に使ってたカメラが押し入れの奥から出土したんだけど、
それは、古くてフィルムを現像する液がもうないーーと言われ、
未現像のまんま。
すっごい気になるんだけどね。

そっちは、太陽サンサンの日が多いから、日光写真にぴったりだなー、きっと。
そうそう、犬島に行きたいです。
Commented by JamyDany at 2008-06-19 09:59 x
犬島かあ〜 知り合いが夏に祭りで行ったみたいだけど 僕は行ったことないから でも少し気になります! 梅雨が明けたら行ってみたらどう? こっち方面でしょー

フィルム液がないっていうのもなんか運命的〜
そういうものなのかもね 笑顔
現像出来たフィルムは 僕が言わなかったら眠ったままにしたらしく、でも おカンは気になってたみたいで きっとそういうきっかけ、タイミングだったんだと思うよ。
あと一人はこの夏に会えると思う 笑
Commented by makisaegusa at 2008-06-20 00:07
>jamyDDDDDDdddddddddddany

新しいものも、できたんだよね。
まだ、直島にも行ってないけど、ついでにグルッと行ってみたいものです。

やっぱり、写真は手元に現物としてあることが素敵だよねー。
アナログは、あったかい。
Commented by doily at 2009-11-07 00:20 x
初めまして。日光写真の検索でこちらに伺いました。
他の記事も興味深く拝見しました。
今日の投稿に文中でリンクさせていただきました。
トラックバックの方法が未だに分からないので、
お知らせします。有り難うございました。
Commented by makisaegusa at 2009-11-07 01:02
>doliy

こちらこそ、はじめまして。
私もリンクさせていただきましたっ。
ページの上のリンクってところをおしたら、すぐにできますよ。
エキサイトブログ同士だと。

日光シャシン、このあとやって、もちょっと上手にできたのもあったんですが、(笑)
http://makisgs.exblog.jp/9658670
と、検索したら、ありました。いひひ
また、オジャマさせていただきますね。
<< こんにち。 PHOTO : クラゲ #04. >>