コトバ科。

d0018646_533613.jpg
私は、突然、ボキャブラリー不足。
あなたを、元気づける言葉だけが。
こんなにも、少なくて、そんな自分を悔しがりながら、少しの言葉を、何度も何度も繰り返す。
"大丈夫だよ"、"心配しなくていいんだよ"って。

答えに近づくためには、信じることしか出来なくて、それが、今は、ひたすらに大切だから。
私は、その目には見えないものを、無条件に信じている。
いつか、連鎖して起きる奇跡的な変革は、突風ように不安の空間に吹き込んで、
すべての気持ちを、キレイに洗い流してくれる。
それを、知っているから私は、やっぱり、また繰り返す。
"ぜーんぶね、けっきょく、うまくいくんだよ"って。

そう、すべてが最後には、ムリのない形に、落ち着いてく。
ホント、不思議とね。



***************************
*材料:黒画用紙、キャンドルドロップ、友だちがくれたイヌのアップリケ
by makisaegusa | 2008-03-20 05:26 | Collage-コラージュ | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://makisgs.exblog.jp/tb/7523416
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Yuta soledad at 2008-03-20 13:08 x
時間は世界を真っ平らにする。

突然じゃなく、徐々に徐々に。

僕は護りながら待つだけ。







Commented by makisaegusa at 2008-03-20 16:48
>Yuta soleda

そして私は、そんな、あなたまでも、大きく優しく包みこんで、
あたたかに護っていよう。
だいじょぶさ。
世界の落ち着きも、そんなに遠くはないよ。
Commented by JamyDany at 2008-03-21 10:00 x
中学生日記。
視点とロウソク
Commented by makisaegusa at 2008-03-22 03:09
>JamyDany

ほほう、それは、暗号か?!w
<< Shisui deuxのための... まちがいくつした。 >>