塵と灯。

d0018646_1404999.jpg
突風に巻き上げられた粉塵の中、必死に目を開けて、道を探して。
安心な誰かの手を取りたくて、わけもわからず歩みを進めるような。
毎日に舞う、暴力的な小さな塵に傷つきながら、私たち。
盲目的に、探すその先に、見えるものなど、何もないけど。

まったく、同時に別の場所、だからといって、ごく近く。
今にも、消えかけそうなキャンドルの灯が、明滅しながら、炎を燃やし続けようとして。
それでも、静かに、息を引き取っていく。

ただ、そんなことにも気づけずに、自分のことばかり気遣って、息を上げる私たち。

あたたかな場所は、いつもそばにあるというのに。
by makisaegusa | 2008-03-08 00:10 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://makisgs.exblog.jp/tb/7448940
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ジャミダニ at 2008-03-14 10:17 x
変なマンネリ化が定着しずぎ!あたたかさに気がつかないほどやばい直線型になって、変なところに変なパワーを使っている。
山型がBESTなのに。
Commented by makisaegusa at 2008-03-14 16:16
>ジャミダニ

マンネリって、コトバをね、久々耳にしました。
そして、マンネリの意味を果たして私、ちゃんと知ってるのかなと思って、調べました。
マンネリとは、マンネリズム。
マンネリズムとは、mannerism.
mannerismとは、けなした意味だと、型にはまった手法。
精神医学だと、衒気(ゲンキ)症状。
あとは、言動なんかの無意識の特徴とか癖だとか、わざとらしさ。
・・・なんだってーーーー☆
ほほう。です。笑

ちなみに、衒気症状ってのは、自分の才能とか学識を見せびらかして自慢しようとする気持ちのことだってーーーー!!
なんだか、ぜーーーーんぶが、しっくり現代にはまります。
悲しいかな。

一個、賢くなりました。
ありがとう、サンキュウ。w
<< マインドコトバ 祝用金太郎クッキー:テキサスパ... >>