第13回:大根を考える日。

d0018646_4101415.jpg
その朝、私は、幼少の頃によく見ていた強烈な悪夢に、うなされていた。
そんなもの、見なくなって久しいというのに。
私は、あがなうことのできない、あまりにも強大な力の圧迫感で、
いつもと絶対的に違う不快感に、怖くて、目を醒ました。

それから、およそ一時間後、
再びウトウトしかけた私は、酷い揺れに、また起こされることになる。
地面が音をたて、隣の犬が鳴き騒ぎ、一瞬でやってきた大きすぎる波動は、
最初、本当に宇宙人の襲撃かと、私を惑わせるほどに、あらゆるものを超越した非現実。
ひたすらの恐怖だった。
1995年1月17日、6000人を越える人々が命を落とした阪神淡路大震災。
あれから、あっという間に、13年の歳月が経ったけど、毎年この時期になると、私はとても涙もろくなる。

毎日、ラジオから流れる犠牲者の数と氏名を聴いては、号泣していたあの頃は、
全然、古くならないで、私のそばにあって、あの悲しみは、ずっと消えない。
今でも、当時、大根が一本一万円で売られたという衝撃的事実の意味を、
私は、思い出すたび、考える。
もっとも大切なものについて。

また今年も、そんな時期がやってきて、ふいに押し寄せる悲しみに、また節目を感じながら、黙祷を。
by makisaegusa | 2008-01-17 04:08 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://makisgs.exblog.jp/tb/7005192
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by e/ at 2008-01-18 09:41 x
大学の設計課題で徹夜してたよ。。
巨大な丸太に突き上げられたかのような衝撃で、
完成間近の図面がグジャグジャになった(笑

そうか...もう13年も経ったのか。
Commented by ジャミダニ at 2008-01-18 10:37 x
当時、ちょうど一週間程前に三宮に、買い物に行った。まだ専門学生で、広島に住んでいたんだけど、朝方 地震前に目が覚め、いままで感じた事のない揺れと不安を。 テレビで見た映像は、一週間前とは別世界であって、現実なのか? と疑った記憶が残る。
Commented by aoitao at 2008-01-18 11:54 x
早いね、時間が経つのは。
それにしても大根一万円はどうなんだろうね。
とても残念な気分。
あの規模の被害の地震はないけど、日本でも
新潟など本当に地震が増えた気がする。
やはり地球環境の悪化のひとつなんだろうかね??


Commented by じっこ at 2008-01-19 00:30 x
高校の時だったな。
高知でも相当揺れてね。
すごい揺れで目が覚めて、でもおさまったらまた寝ちゃって。
起きてテレビつけたらあの映像・・・

そうかマキはあの場で直に体験したんだね。
大根一万円で売っちゃうのか。
ま、いいけどさ。なんだかね。
Commented by makisaegusa at 2008-01-19 01:12
>e/

いやーーーあ、e/さんに、大学の時代があったのかーー。
そりゃそうだけど、なんだか時は流れるね。
あの頃、もちろんだけど、お互いを知っていなかったけど、
同じように体験してたんだと思うと、
これまた当然なんだけど、関西ならね、、、
だけど、不思議な感覚。
うん、13年もあっという間だったな。
Commented by makisaegusa at 2008-01-19 01:14
>ジャミダニ

ほんとにね。
あれは、嘘かと思ったけど、やっぱりすっごい現実でね。
復興まで20年はかかるって、当時は聞いていて、
その現実が、また信じられない非現実でした。

Commented by makisaegusa at 2008-01-19 01:22
>aoitao

なにかの引き金は、全く別の何かだったりするけれど、
やっぱり、全部はつながっているから、
あれも、これも、それは、信じられないものの影響だったりするのかもね。
Commented by makisaegusa at 2008-01-19 01:23
>じっこ

じっこも、高知にいたんだね。
その時間感覚に、ちょっと戸惑います。笑

すべての価値観が、ぶっこわされたんだろうけど、
いっちばん大事なものって、やっぱり揺るぎないんだよね。
それって、永遠だな、うん。
<< キゾク紋章ブローチ:Lily#03 魂の夢。 >>