ブーちゃんの国。

d0018646_0443991.jpg
人の出会いは、過剰に演出されるべきではなく。
誰かを利用して、どうこうしてやろうだなんて、風情のない脳みその考えること。
すごく粋な、自信に満ちたタイミングとシチュエイションで起こるのが、それの真実。
その場しのぎの狡猾な偽物に翻弄されてる場合じゃない。

あの町には、そういう本物があって。
退屈だったら、すぐに戻ってこようと思ってた、エゴイスティックな私を動けなくした。
離れられなくしたのは、そこで運命的に会えてしまった人たちのせいで。
今を、退屈なんて、決めつけるのは、ただの堕落で。
今は、いつだって、退屈でいて、退屈じゃない。

私の暮らしたあの場所に、あなたも住むことを決めただなんて、聞いただけで。
予想もできない幸せな驚きが、あなたに降ってきそうな気がしてる。
自分のことみたいに、嬉しくて、なんか泣ける。
真夏のクリスマスには、サンタクロースのサーフィンを楽しんでね。
レッドノゥズの日には、赤鼻をつけて、町を歩いてね。
最高の出会いが、もっとあなたを自由にしてくれるはず。
五年前で止まってる私の記憶と、これからあなたに残されて行く新鮮な記憶。
そんな時差が、私たちに、また新たな感動を届けてくれそう。
ボンボヤーーーージュ!
いってらっしゃい、心をこめて。
by makisaegusa | 2007-07-30 23:18 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://makisgs.exblog.jp/tb/5890290
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ☆るるか☆ at 2007-08-01 01:10 x
あなたを動けなくしたその国、その町にこれから行くことができる子は、
めっちゃ幸せだと思うよ☆!
真夏のサンタクロースのサーフィン、とっても楽しそうだね☆!
makiのやさしさが、その子への愛が伝わってきたよ☆
Commented by makisaegusa at 2007-08-01 02:44
>☆るるか☆

ビーチにも、偽物サンタがいっぱいいるんだよ。
ああ、懐かしい。
次、私は、いつ行くんだろう。
ウズウズ。w
<< ニセブラボー。 旅とギターとワインの唄。 >>