SHE-HE-ME

d0018646_0234093.jpg
彼女は、そこに留まることにした。
彼は、そこに戻ることにした。
彼女は、そこで生きてゆくことにした。
彼は、そこで生きてゆくことにした。

この足は、私をどこへでも自由に運んでくれるはずなのに。
どうして、人は、窮屈な方を選ぶのだろう。
もしも、この世界中、無数に自分の居場所があるのだとして。
それは、気付けば目の前にあるもの?
それとも、探さなきゃ辿り着けないもの?
友人たちの選択に、そんな疑問を抱きながら、私は。
自分が、この町で、生きている現実を把握する。

この先、私は、どこで生きてゆくのだろう。
どこを選ぶのだとしても、それは、心の平穏を基準として。
by makisaegusa | 2007-05-25 23:07 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://makisgs.exblog.jp/tb/5490212
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by e/ at 2007-05-27 00:50 x
>どこを選ぶのだとしても、それは、心の平穏を基準として。

そっか.
そーゆーことか.
そーだよね.
そっか、そっか.
Commented by oki at 2007-05-27 09:27 x
昨日はピクニックおつかれしーったww

サンサンサン☆
Commented by makisaegusa at 2007-05-27 15:48
>e/

そーゆーことだと、おもうよーーーーーーーーーー
ゆるめのコメント。w

マストです、おだやかなこころ
Commented by makisaegusa at 2007-05-27 15:49
>oki

ハードなスケジュール、ごくろうごくろう☆
またまた、愉快なことをやらなきゃねーーー。
<< 特別企画「探し人:飛脚」。 BOOK COVER : こっ... >>