滲む時間。

d0018646_12181654.jpg
すでに馴染みの、あなたのハグに私は。
「すごい久しぶりだね。元気にしてた?」って、思わず言いそうになったけど。
「はじめまして」が、現実的には適切なことば。
それを、思い出して、慌てて言い直す、気持ちの中。
やっと会えたねの喜びのあまり、自分が泣き出すんじゃないかと警戒した夜。
とても懐かしいと、とても新しいの同時進行。
過去と現在の共存。
そんなニュアンス。

細くてしなやかな月までもが、ペスポジ。
曲がりくねった真っすぐの電信柱にも、グッドジョブ。
首都高を通過する光までもが、ナルシスティック。

ありふれた日常に、あふれてる運命的な、こんな出会いの仕掛け。
だから、人生ブラボー。
感謝をこめて、salud!
vinoが、デリシャス。
奔放な、シンクロニシティ。
by makisaegusa | 2007-05-23 12:12 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://makisgs.exblog.jp/tb/5472066
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ユン at 2007-05-24 23:33 x
偶然!? それとも必然!?

そんな、出来事がまわりでおきてるのに
気づかないなんて勿体ないね。

ピュアな気持ちで、もう一度感じとってみたいと
思いましたよ。

さすが、makiさん!!
Commented by makisaegusa at 2007-05-25 12:06
>ユン

さすが!って。笑
例えば、あなたとの出会いも、そういうことなわけです。
それって、すごいよね、うん、ほんとに。
そりゃもう、ミラクル☆ウヒヒ。
<< BOOK COVER : こっ... こっちみち。 >>