ズルリ。

d0018646_0271469.jpg
ひどい悪夢から逃げ出すと、私は、比較的安全なこういう場所に生存してて。
ああ、そうか、ここは、爆撃など聞こえない位置なのかと薄く感じながら。
鳥のさえずり以外聞こえない、穏やかな朝の光の中で。
どっち向きのベクトルというわけでもなく、ただ、ぽつりと自分との会話を交わす。
静寂と平穏が、正反対の存在を暗示するような、少しの恐怖と共に。
世界のどこか、戦闘の真っ只中、泣き叫ぶ命の声には、ある程度の難聴。
不幸にも、都合の良さげな、この程度の聴力。
充満する、そういう狡さ。
by makisaegusa | 2007-05-14 00:24 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://makisgs.exblog.jp/tb/5405588
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< タイガーバターマニュフェスト。 ドーコレ育教語英。 >>