コントラスト。

d0018646_1659288.jpg
嫌悪の極みは、感覚の鈍化。

今、嘆かわしいほど鮮明に、社会の異様さを感じつつ。
人間らしさを排除され、思考する脳を喪失した人々が漂う空気を、改めて目撃。
頭痛とめまい、吐き気を伴う症状を、どのように説明しましょうか。

馴れ合いの日々を避けて、痛みの感度をぬるくして。
自分を透過させる術だけを、再び、巧みに駆使して生きねばならないのであれば。
もう、私は、ここに長居するだけの興味は持てないな、というこの頃。

この強烈なイメージも徐々に失うのであろうという予測に、少し落ち込むけれど。
死んだように生きるのだけは、勘弁。
by makisaegusa | 2007-03-27 16:58 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://makisgs.exblog.jp/tb/5046711
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by じっこ at 2007-03-29 00:02 x
毒の中で暮らしていてはそれが毒だと気づかない。
毒の中から抜け出したから毒に気づいたのね。

催眠術をかけられた人々の目を覚ましてさしあげられれば…。
覚醒のバイブレーションが広がりますように。
オアシスjikkoへようこそ。



Commented by makisaegusa at 2007-03-29 23:09
>jiccccco

こんなところにオアシスサンキュ。
よい季節です。笑
<< 氷河。 部屋論。 >>