涙腺販売。

d0018646_168751.jpg
情緒がないのは、感動の涙を目的とした誘導。
私が、感動作などと銘打った作品に触れたがらない理由は、安易さの充満を感じるから。
至極プライベートな領域に、踏み込んで、操作するかのようだから。
演出も度がすぎれば、けばけばしい不愉快。
感動なんてものを、他人に強要される筋合いなどなし。
安売りなどしていただかなくとも、生活は本来、本物で満ちております。
by makisaegusa | 2006-12-15 10:07 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://makisgs.exblog.jp/tb/4389359
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by makisap at 2006-12-16 21:11 x
最近さ~、本当にお涙頂戴もののドラマや映画が流行っているよね。
けど、それって悪いとは一概には言わないけれど、なんとなくね~。それだけ、皆涙を流していないというか、心を震わせてない人が一杯いてそれを求めているってことだよね。
けど、現実の涙はそんな涙よりずっとずっと感動的だし、重いんだよねぇ。
Commented by tomokolatko at 2006-12-17 00:43 x
心にしみます。
そちら海外かな?
Commented by makisaegusa at 2006-12-17 23:20
>makisapsap

そうなんだよね。
全部がダメってわけではないけど。
無理矢理に、涙に持ってこうとしてることが、、、
そんなチープなものに、しっかりちゃっかりひっかかって、
人工的な感動に酔いしれる人たちのいるのが、、、、
そっても気味悪く感じてしまうのです。
なんとかしなきゃ。
ミッション!!
Commented by makisaegusa at 2006-12-17 23:21
>tomokolatko

そんなナマエとは気付いてなかったよ!!
ライム?!

まだ日本だよ。
1月13日から2月22日までの旅です☆
<< 日本橋のプラネタリウム。 T.T.T. PROJECT作... >>