ネクストのブックのケン。

d0018646_18514397.jpg
自分を死なせないために 自分はなにをやるのだろう
もしも余命5年と宣告を受けたなら 私の毎日はどういう変化をみせるのだろう

そのイメージのもと私は写真を撮った
外見には現れない過酷な葛藤

ーーー彼女は白血病を闘っていた
そして自分を死なせないために詩を書いた
崩壊してしまった世界を再構築するために

今 闘病の時代を話す彼女は 間違いなく生きていて
私は一緒に時間を過ごし笑い合う

生きていて本当によかったと彼女
あなたと会えて本当によかったと私

問い続ける私へ 私からの答えはまだないけれど

ただなんどきも世界は静かに鮮やかで
浸食するように 内面をえぐるように
痛みと喜びを与えてくれる

生きるとは無意識
ただし動詞であることを改めて知る

すべてに心の底からの感謝を

+++++++++++++
そして詩集が出版されます。
11月の終わりか12月のはじめ。
白血病の闘病を綴った彼女の詩。
私は、その本のために写真を撮りました。
私を透過して見た世界の手触りです。
切り取られた景色を見てみて下さい。

title 『(仮)HEAVEN'S DRIVE』(新風舎)
吉沢翠 著
photo by 三枝真紀
+++++++++++++
少々お待ち下さい。
詳細は追って連絡。
by makisaegusa | 2006-10-12 18:55 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://makisgs.exblog.jp/tb/3991671
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by e/ at 2006-10-14 00:16 x
あらためて.
新しい生命を授かったことの大きさと
その現実への感謝の念で
今にもココロが破裂しそうになりました.

それでも尚
詳細出版時期を心待ちにしております.
Commented by ジョー at 2006-10-14 00:16 x
いやっほ~い^O^
楽しみに待ってまーす♪
生きるって喜びだけじゃないよな~痛みがある!
最近かなり疲れてたけどそれは私が生きてるってことなんやね
Commented by makisaegusa at 2006-10-14 16:21
>e/

心が破裂って、すごいすごい適切な表現!!!
さすが体感してるだけあるね。
その言葉だけで、ドキドキしてくるよ。
生命って、、、、生命って、、、、
感無量。
Commented by makisaegusa at 2006-10-14 16:24
>ジョー

いやっほーーーーーい☆
ジョー待望の次回作!!あはは。
アタシの詩じゃないけどね。
ありがとう☆
待っててくれる人がいるってことが、とても励みになります。
私を新たな意欲のもと。

痛みもないと、人は鈍感になるから、
めちゃくちゃ痛いことが用意されてるよね。
無理は禁物だけど・・・そんな山あり谷ありな毎日こそライフ!
私もこっそりと、戦います。
敵はいっつも内側!!むむむ。
むずかしい!!
Commented by TAKA at 2006-10-17 12:52 x
ぼくが生きていたことを忘れないでくださいと。
生きる証を残そうと、がんばる。
でも、それは自分のためにね。

喜びと怒りと悲しみと楽しみと。。。
キャンパスはいろんな色で満たされ、
その絵の完成を死ぬ直前に喜ぶんだ。
ああ、ぼくの人生は美しかったと。
Commented by makisaegusa at 2006-10-17 23:07
>TAKA

自分のためにね。
本当に。

キャンバスの彩られてく様を、
ああ素敵だなと愛でながら歩いていけたら嬉しいな。
最期のときには、それと溶け込むように消え行こうか。
どういうみちのり?
さらに、ここから。
<< 朝がサン、夜がイチ。 読書感想文『恐竜の飼いかた教えます』 >>