果たし状。

d0018646_315838.jpg
一番強い光は、一番暗い影を作り出す。

目の前のものを、紙の上に再現している途中、
私の手が、捕まえたのは、
最も眩しい部分の隣にこそ、光を吸収する最も暗い部分がたたずむという法則。

ここは、静止した世界ではなく、むしろ、移ろう世界だけれど、だからこそ。
あなたの今いる、その場所にも、次の瞬間、鋭い光が射すんだってこと。
待ってて、もうちょっとで、証明してみせるから。
そこは、終わりのない暗闇なんかじゃないんだよってね。
by makisaegusa | 2006-10-08 23:14 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://makisgs.exblog.jp/tb/3968813
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by TAKA at 2006-10-09 06:09 x
さすがまきちゃん、の着眼点☆

、、、その影と光が動くことがあるんだろうか。。。
、、、動くのだろうけど、もう少し早く動けないのか。。。

数百万ドルの横領をした男の靴を磨いて、50セントを得る老人。
50ドルのランチを食べている横で、20セントをねだる子供。

いや、ぼくはなにもできないんだけどw
Commented by makisaegusa at 2006-10-09 23:22
>TAKA

うん。
実際、私に、なにができているのかといえば?
、、、、ねぇ。

光と陰の立証をしようと思って、
光の部分ばかり、追って暮らしたら、ちょっと疲れました☆
答えに遠いのか、近いのか。
Commented by しゃけ at 2006-10-18 12:54 x
すごいお久しぶりです マキさん^^ マキさんの光。 ここへくればあびられる、っていう、安心感。  そんな光。 するどく強い けれどやわらかくあたたかく美しい たった一筋だけの 光。 その内側には鋭い痛みもある筈だけど。 
Commented by makisaegusa at 2006-10-18 16:55
>しゃけ

☆すごいすごーーーい、お久しぶり☆☆☆
私はいつでもここにおります。
まだまだ、磨きます。
まだまだ、足りないから。
いつでも、お暇なときに。笑
しゃけさんも、たくさんの光。
<< 読書感想文『恐竜の飼いかた教えます』 三枝真紀+T.T.T. PRO... >>