キングオブギフト。

d0018646_23779.jpg
きんもくせいの香り。
秋の空。
虫の声。
贅沢な季節感。
彼らは、今年も、如何なく才能を発揮。

じゃあ、私の天賦の才って、何でしょう?
それって、気付かないほどに自然なもの?
気付けば勝ちって系統のもの?
ちゃんと発揮できてるかしら?

そんな謎も空に透き通るこの季節。
とてもいい風。
by makisaegusa | 2006-09-19 23:11 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(9)
トラックバックURL : http://makisgs.exblog.jp/tb/3846497
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by e/ at 2006-09-21 01:41 x
こぼれ落ちるオーラだってば
キングオブオーラ
Commented by udanao at 2006-09-21 01:55 x
I agree.↑
Commented by oki at 2006-09-21 01:59 x
自分の才にたどり着くため自由に動いてるMAKIさんをうらやましく思います☆
僕はやりたいことなのかと最近悩んでます。
Commented by makisaegusa at 2006-09-21 14:15
>e/

ほーーーんとに、毎回笑っちゃいます。
オーラ評論家☆eさま。
あたしのオーラはゴールドの鱗粉撒きまくってるタイプかしら?!
Commented by makisaegusa at 2006-09-21 14:22
>e/

そうか、もしそれが天賦の才なら、
私はオーラを売って生きていこう。笑
Commented by makisaegusa at 2006-09-21 14:23
>udanao

si.
You hava genius for giving happiness, dont ya?
Of course, you are a telepathist!!!
Thank you,nu:::::::::::::::

why?
I'm surrounded by so many "why?" .
Commented by makisaegusa at 2006-09-21 14:25
>oki

いえいえ、実際は、水面化の白鳥の必死のバタ足みたいなものです☆
でも、動かなきゃ、どこかにおちてるかもしれない答えですら、
見つけられないのだから、
それはもう動くということしかないのです。
壁には激突するし、逆走するし、、、、
それでも優雅が信条です。
うふふ。
Commented by makisap at 2006-09-21 22:40 x
きんもくせいの香り。
東京に行ってはじめてかいだ香り。
北海道に居る時には気付かなかったのか嗅いだ事がなかった。
どこから香っているのだろうと必死でその香りの素を探した幸せな日々。
思い出の甘い甘いかおり。
Commented by makisaegusa at 2006-09-21 22:54
>makisap

あの香りときたら、
容赦なく切ない気持ちを連れてくるよね。
なんでだろう。
一年でいちばん、胸が痛くなる、香り。

北海道にはないんだね。
おいでおいで、嗅ぎに来て。
カモン、本州。
香りのデリバリーが出来なくて悔しいなぁ。
<< ネオ学説。 いつかのついたち。 >>