銀30枚。

d0018646_0401329.jpg
レオナルド・ダ・ヴィンチが偉大な芸術家で、
「最後の晩餐」が傑作だなんてことは、周知の事実。

ただし、特筆に価するのは、
当時の一般的価値観を、根本から覆した作品であるという点。
裏切者のユダを、テーブルの逆側に位置づけるのでなく、
他の使徒たちと同じ側に、着席させたという重要さにおいて。
それは、善と悪が、対極のものではなく、
むしろ明確に分かつことのできないものだと示した偉業。
誰しも、ユダになりうるのだという危うさを、呈しながら。

・・・たとえ、その解釈が彼の意図に反するものだとしても。
善と悪なんてものは、常に紙一重。
それらは共にあり、同じところから生まれるのだから。
私たちは、いつでも、その危うさの上にあって、
どちらに転ぶかなど、微妙なサジ加減ひとつなのかもしれない。
目には見えない、せめぎ合いの結果として。

敵は、いつも内側にいる。
何よりの味方である、自身の中に。
by makisaegusa | 2006-04-20 23:38 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback(1) | Comments(7)
トラックバックURL : http://makisgs.exblog.jp/tb/2994399
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from エルミタージュジャパン公.. at 2006-05-26 10:12
タイトル : ダ・ヴィンチ「リッタのマドンナ」
エルミタージュジャパン http://hermitage-japan.com/ では、ロシア国立エルミタージュ美術館の優れた芸術コンテンツや美術館内の様々な情報を日本へ向けて発信し、エルミタージュ美術館とみなさまとをつなぐ日本公式サイトです。... more
Commented by motsu at 2006-04-21 13:43 x
凄く考えさせられる日記だね。自分の中にも両極の二面性は存在するし、それを使い分けて生きてるんだと思う。
最近仕事上の駆け引きにウンザリする。多分自分は不器用な人間だし中途半端な情を持つ事に悩まされてます。
しがらみの中に生きてく無意味さを知りながら上り下りを繰り返してます。
Commented by つんつん at 2006-04-21 21:13 x
「敵は何時も内側にいる」、確かに「いる」な。。。
それにしても、素敵な画像だなあ^^
Commented by makisaegusa at 2006-04-21 21:38
>motsu

ぅん。
二面性。
まず、それを自分の中に認めることが、始まりじゃないかと思います。
その二面性を他人事のように、あの人は悪で、この人は善だとか、
そいういう決めつけを、安易にしてしまっている世間にあたしは、危機感を覚えるよ。

あたしなんて、二面どころか、超多面だけど、
けっきょく、全部あたしなんです、愛して下さいって、
自分にも周りにもゆっちゃえって思ったら、気が楽になったよ。
いっぱいの細胞でできてる、このカラダには、きっと、いっぱいの自分がいるに違いないね。

ああ、「しがらみ」って言葉は、もうそれだけ嫌気が差す、耳障りな言葉なのに、
それこそが、状態を的確に表すんだってこと、悔しくてならないぃ。
こんな理不尽な社会の中、上ったり、下がったり、、、
それ自体は、快適なことではないんだけど、
その体験が自分の内面に幅を持たせてくれるって思うから。
受けてたちます、この戦い。
そして、いつか下克上。笑

oh! toooo long message ,isn't it?
Commented by makisaegusa at 2006-04-21 22:12
>つんつん

いるよ、いるいる。
ほんっとに、困るけど、二つが、ここに同居してるから、正しさがあるのかも。
いや、なにが正しいとかはわかんないけど。
両方持ってるから、両方のことが分かるのかもね。
一個しか、内面に持ってなかったら、きっと、極もろいと思うから。
いちばんムカツクけど、いちばん信頼せねばならないのが、自分ってことかな。。。つまり。
毎日がバトル!!!

このフォトは、南米の夕空。
こんなに広い空は、ずっとこの上まで繋がってる!!って、信じがたいけど、真実☆
ちょっとうれしくなるな♪
Commented by makisaegusa at 2006-04-21 22:15
遅くなったけど、「銀30枚」の解説。
これは、ユダがイエスを敵に売ったとき手にしたとされているもの。
現代、銀30枚は、どういう形になって、わたしたちを、誘うのかしらね?
Commented by motsu at 2006-04-22 08:11 x
↑おもろいねこの話。勉強になったよ。
maki また期待しとるよ。 そしていつか・・・・。
Commented by makisaegusa at 2006-04-22 10:19
>motsu

あたしも、これを知ったとき、ほほうと唸ったものだよ。
当時の銀30枚には、比べ物にならないほどに、
コロッと線を越えちゃったりするのでしょうかね。やはり。現代。
結局は生きる信念こそ、すべてということでしょうかね。

期待は、しない程度にしててね☆うふふ。
<< それは速報。 甘党。 >>