バケノカワ。

d0018646_014248.jpg
「なんでバレたんだろう?」
そう思って、光の方向に目を開けると、私は人間だった。

部屋に漂うのは、油絵具の匂い。
思考のショートとふて寝、この覚醒。

夢の中で、私は、メールの受信BOXか何か。
生物ではないバーチャルな、それでいて、自己のある存在となって。
感覚は持ちながらも、形は持たないものとして、感情とは無縁に。
身を隠していた。

ケータイのメール着信音で、現実世界に引き戻された私は、
「なんでここに隠れてるのがバレたんだろう?」と思った。
そして、自分が本当に消え去ったわけではないのだということ、
いまだ、人間の形をとどめていることを認めて。
孤独感が、ゆっくりと失われていくのを感じた。
無音の部屋の天井を眺め、なにかの答えを探そうとしたけれど、
そこには、なにも転がってはなかった。

これは、内側の葛藤が見せた逃避?
なおも続く奇妙な感覚は、不思議と不愉快でもない、そんな居心地。
by makisaegusa | 2006-04-11 23:59 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(5)
トラックバックURL : http://makisgs.exblog.jp/tb/2955252
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by makisaegusa at 2006-04-12 00:23
彼女、このオバサンは、魔女です。
たぶん。
会ったとき、魔術かけられるんじゃないかと思ったから。笑
Commented by aki at 2006-04-12 13:26 x
なんか
すっごぃインパクト・・・!!
すごぃ・・・
Commented by makisaegusa at 2006-04-12 20:38
>aki

ね、すごいでしょ?
これはね、アタシが、まだシドニーに住んでて、髪を真っ白にしてたときのこと。
「どこでそんな髪の色にしたんだい?」
(↑こういうニュアンスに聞こえた、彼女のエイゴ。とにかく魔女のイメージだったから。)
そのときは、アタシ、「あそこのさぁ・・・」って、答えてたけど、
今見たら、写真の魔女、すでに完全な白だった!!!
さすが。
仲間意識だったのかな?

うん、すごいインパクト。
いまなお。
Commented by ken at 2006-04-12 21:44 x
ロードオブザリングにでてなかった?(笑)
Commented by makisaegusa at 2006-04-12 22:31
>ken

気付いちゃった?!
さすが、ケンだね。
そうです、全作でてました。笑
<< 進行性骨董。 鍋子ふたたび。 >>