異才と彩 [i/sai to sai]

d0018646_01050195.jpg
このセカイを彩るのは、森羅万象の差異。
比類なき異才たちの放つ、光の奏で。

だから。
アナタは、こんなにも、誰よりも、アナタであるのだ。

たとえ。
無粋にも比較して何かを見付けたとして。
唯一無二の光の価値が、失せるわけじゃない。

ただシンプルに。
誇れ。
その差異、その異才を。



⇒これまでの「写真とことば」/⇒「色彩」の項/⇒「」の項



by makisaegusa | 2017-06-22 22:22 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://makisgs.exblog.jp/tb/24621827
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ハフュッフェン子どもきょうだい... 天と天 [ten to ten] >>