水は溢れた分だけ与えられる

d0018646_2163960.jpg
あなたには、いつか、話したかもしれないけれど。

私たちの心の中には、たくさんの水が蓄えられていて。
「溢れた分」だけ、他人(ひと)に与えられるようになっている。

どんなに、献身の気持ちが溢れても。
内に、たっぷりと、水が満ちていなければ、
あなたは、ただただ、さらに干涸びて、もっとも身近で大切な「自分」という存在を傷付けることになってしまう。

だから。
どんなときにも、まずは、その心に潤いを。
心の渇水には、休息と、そして、内界への旅を、じ、、、、、、、っくり、どうぞ。

焦らずとも、水は、ちゃんと、また満ちる。

外界への慈愛のギフトは、それからだって、充分、間に合う。



⇒「深く沈む・高く跳ぶ

⇒これまでの「写真とことば」/⇒「」の項/⇒「」の項


by makisaegusa | 2016-05-30 00:00 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://makisgs.exblog.jp/tb/23184973
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 【本日の議題】 私の自転車の前... ハフュッフェン子どもの成長リポ... >>