耳を澄まして音を観る。

d0018646_20122924.jpg
外界からの騒音や、他人からの雑音に掻き乱されて。
内界が濁って淀んで、本心の音色を見失ってしまったときは。
心の中に、重ね重ね積もり積もった「べきこと」のクリーニングから始めるといい。

立ち止まって、耳を澄まし、音を観る。

生来、すべての叡智と指針は、あなたの中に織り込まれているから。
不安がることはない。
どんなに多くの「べき」を取っ払ったって、あなたは消えて無くなったりしないのだから。

精神を鎮め、意識を尖らせて。
最後に響くひとつの音を、丁寧に拾い上げる。

それが、あなたの真実の想い。
それこそが、未来への標。



⇒これまでの「写真とことば」作品リスト/⇒「本心」の項/⇒「音色」の項
by makisaegusa | 2015-12-15 18:21 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://makisgs.exblog.jp/tb/22674134
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 「難しい」のカフカ。 aromatic "... >>