ナルホド、ソウカ、コレガ、ジブン。

d0018646_21282723.jpg
前進を阻む、最後の砦は、自分自身への「虚栄心」。

「良い」だとか「悪い」だとか、「正しい」だとか「間違い」だとか、批評することを手放して、
ただ、シンプルに、すっかりまるっと、"ありのままの自分"を受け入れることができたとき、人は、驚くほど大きく新たな一歩を踏み出してゆく。
心は、また一段と、しなやかにのびやかに強さと輝きを増してーーー。

どうあっても、あなたの価値が、失われることなどはないのだから。
どんなに理想と違う自分に出会うことになろうとも、何も怖がることはない。
嘘も、見栄も、脚色も、、、あらゆる演出は、一切不要。

自分への虚栄心と決別したとき、遂に、人生は、軽やかに動き始める。
飾らない自身の本性を認めたとき、遂に、自分を愛するという意味を知る。



⇒これまでの「写真とことば」作品リスト/⇒「」の項/⇒「受容」の項
by makisaegusa | 2015-10-18 00:00 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://makisgs.exblog.jp/tb/22362080
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 「UFO」見てから一周年! COLLAGE CARD #5... >>