「敬老の日」のとよ子語録:93歳、トンデモナイ「長寿の秘訣」。

問答無用に、天賦の才を発揮する、我が家の奇抜なおばあちゃん「とよ子御歳93!

「敬老の日」
ちょうど、テレビで、国内最高齢112歳おじいちゃんが、
自分の長寿の秘訣「ニコニコ暮らすこと」だと話していたので、うちのおばあちゃんにも、訊いてみた。


マキ:「おばあちゃんの"長寿の秘訣"って、何〜??」

とよ子:「そんなもんないわぁ。」

マキ:「でも、おばあちゃん93歳なんやから、じゅうぶん長寿じゃないのぉ!?」


・・・が、対するとよ子の答え!
その予想を遥かに凌ぐ豪快さに、私は、ハンパなく驚愕したのであった。
若造なんぞひとたまりもない、その名言、篤と御覧あれ、そして、心得よ。(笑)

ドント・ドント・ミス・イット!
d0018646_2039984.jpg
とよ子:「あたしなんか、まだまだ今から生きる方の人やからな。」

マキ:「エーーーーーーーマジでーーーーーーーーーーーー!!!!!」「おばあちゃん、まだ生きんのーーーーー!!!!!」(笑)


そこに居合わせた家族全員、絶句からの抱腹絶倒
本人いわく、100歳を過ぎないことには、長寿とは呼べないらしい。

なるほど、すなわち、この「マダマダ死なない感」こそが、長寿の秘訣だったということか!
・・・と、妙に納得。(笑)

まだまだ、生き続けることウケアイの奇才とよ子
ジッツに、頼もしい。
いやはや、つくづく、敬老!とことん、とよ子!!
その感性、その流儀、その人生、とにもかくにも、アリガタイ

それにしても。
90歳超えにして「まだまだ今から」ってことは、私たちなんて、あまりにも生き始めて間もない級、、、
恐るべし、とよ子スケール。(笑)
これまた、エキサイティング極まりなしッ。イヒヒ!



⇒ ALL about TOYOKO:「とよ子」の仕業いろいろ/⇒「おばあちゃん學枝」のすべて

⇒「とよ子と似顔絵」作品集/⇒「ご長寿匠芸術」あれこれ/⇒「とよ子の流儀」あれこれ/⇒「とよ子語録」の項/⇒「とよ子とぬりえ」リスト/⇒「とよ子とルール」の項
by makisaegusa | 2015-09-22 00:00 | Grandma-とよ子 | Trackback | Comments(5)
トラックバックURL : http://makisgs.exblog.jp/tb/22207630
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by iroha8788 at 2015-09-26 07:41
ははぁ!
参りましたーーーーーーーーーーーーm(__)m

さすが!^^!
Commented by iroha8788 at 2015-09-26 07:42
おばぁちゃんの、おでこのほくろ?だんだん真ん中に寄ってきてるのかもしれないー。
Commented by makisaegusa at 2015-09-26 08:34
> 葉花々

ねー!!!
そうそう、おでこのやつ。
さっき写真みてて、あれ?!と思った。
お釈迦とよ子!(笑)
オモシロいね。
ちなみに、私は、そこにホクロがあります。
でもちょっとズレてるから、ちょっと偽物!
Commented by iroha8788 at 2015-09-26 08:43
お釈迦とよ子おばぁちゃん!いいわぁ~♪♪♪

わっからんよー!
おばぁちゃんみたいに、だんだんおでこの真ん中に寄ってくるかもしれないし^^

ちなみに、私は、真ん中に深ーい縦皴ができました。
23歳の誕生日の日に(笑)
Commented by makisaegusa at 2015-09-26 09:21
> 額モーセ!

私は23歳から、いや22歳かなあ。
年齢を手放してから歳を取らなくなりました!(笑)
精神の熟成はあるのだけども。
外見もそこそこ年を重ねてはいるのだけども。

額モーセさま。(笑)
出エジプト的な、やはり、脱出を匂わせる現象だったのか!?
イヒヒ、興味深いね。
<< ハフュッフェン子どものはじめま... 旅行代行旅行組合 [act.7... >>