[WORKSHOP] 「さをり織り」でストールを織る★愉快な一日体験。

日夜、未知の体験感動を求める私の元に、新たなチャンスが、またもや到来。わぁい★☆★☆★

今回は、奇遇の連続によって遭遇した「さをり織り」という、おおらかな機織りに挑戦すべく、
服飾系には、めっぽう強いマユと一緒に、吉祥寺の手織工房『Jota(じょうた)へ、ワクワクおでかけ。
d0018646_23163375.jpg
工房の中には、ずらぁり織り機と、色とりどりの糸、糸、いとーーーーッ!
うわあぁ、こりゃ、トッテモ迷う、、、

瞬間的インスピレーション任せに、完全ノープランで臨んだ私は、
素材色彩選びに、うーんうーんと幸せな悩みを、まずは堪能し、結局、オレンジグレーの糸に決定!
ふと、その色合わせの特徴に気が付いて、「坊さんの袈裟か!」と自分にツッコんでからの、いざ開始。(笑)

かくして。
作業を始めるも、早々、フツーの織り方に飽きた(!)と言い出した奔放な我々は、
スタッフの方から教えてもらった、エキサイティングな手法満載の織り方テクニックの本を広げ、アレコレ新種の試みを交えつつ。
縦糸を間隔を広げたり、横糸を引っ張り出したり、引っ掛けたり、引っ掛けなかったり・・・♬
糸の太さや、を変えて、印象の違いを遊びながら、遂には、織物なのに「織らない」の荒技までも発動させたりなんだったりで、(笑)
かなり表情豊かな一枚のストールを完成させることに成功した。バンザイブラボー!
なんともアグレッシブで、エキセントリックな作品!
もはや、遊び心と名付けたいほどのムチャクチャっぷりも、それはそれで、初心者ならではのオモシロ味ってなことで、・・・ニヤリ!

ちなみに、私のは、そのままストールとして使うから、織り方は、柔らか
マユのは、バックを制作する生地にするから、織り方も、ギュ
お互いの性格が、テキメンに反映された作品の個性雰囲気までもが、かなり愉快。

嗚呼、トーッテモ楽しかったーッ!
次は、どんな新体験に挑戦しよっかなあ、、、と妄想新たに、ウキウキの帰路。


追記:さてさて。マユはというと、帰宅後すぐさま、念願のトートバッグを完成させたというから、さすが。スンバラシ!



⇒イロイロな毎日をイロイロに遊ぶ:「まいにち遊び」シリーズ/⇒「WORKSHOP」一覧/⇒「新体験」リスト
by makisaegusa | 2015-07-06 00:56 | Daily fun-まいにち遊び | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://makisgs.exblog.jp/tb/21933335
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 「ハフュッフェンベーグル」のハ... 「忘れてしまうということ」を忘... >>