「怒り」の多才。

d0018646_21263928.jpg
「怒り」という感情は、とても多才なので。
他の感情を、含むのに長けていて。
それが、かえって、正体を不明瞭にするのだけれど。

きちんと、感情の根源に向き合うことは、前へ進むための必須の儀式。

「怒り」に変わったのは、「寂しさ」なのか、「苦しさ」なのか、「悔しさ」なのか、「悲しさ」なのか。
もっと別の感情なのか。

本質を見誤らないように、内なる自分にフォーカスすること。
慎重に、正直に、丁寧に、忍耐を持って。



⇒これまでの「写真とことば」/⇒「感情」の項/⇒「本質」の項
by makisaegusa | 2015-03-19 00:00 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://makisgs.exblog.jp/tb/21647898
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< aromatic "... さまざまなざま。 >>