目覚めのメメント・モリ。

d0018646_2222176.jpg
友だちが、「メメント・モリって叫びながら、目を覚ましたー!」と、言ったので。
私も、得意気に「私だって、カルペ・ディエムって叫びながら、目を覚ましたもんねーッ。」と、うそぶいてみた。

それは、"茶色の朝"へ向かう足音が、一層、不気味に聞こえた、"あの"明くる朝のこと。

未来の私たちは、この日、この日々、この時代を、一体、どんな風に振り返り、何を想うのだろうか。
この不穏な時勢に、さらに、強く思う。

memento mori. / carpe diem.



※『茶色の朝』:突然「茶色のペット以外は飼ってはいけない」という法律ができたことで起こる変化を描いた、反ファシズムの寓話。
心理学者 フランク・パヴロフ(著)、ヴィンセント・ギャロ(挿絵)「Brown Morning」、哲学者 高橋哲哉(メッセージ)。

⇒これまでの「写真とことば」作品リスト/⇒「生きる」の項/⇒「時代」の項
by makisaegusa | 2015-02-02 22:22 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://makisgs.exblog.jp/tb/21526974
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 2015年・節分賀状は、「鬼5... aromatic "... >>