それでも・まだ・ある。

d0018646_2050668.jpg
致命的な想像力の欠如、さもなくば。

そう、やすやすと、「万策」は尽きるもんじゃない。

たとえ、"もうおしまいだ・・・"と、思う瞬間でさえ。
まだ、やれることは、残されている。

「諦め」に寄っ掛かって、あっさり終焉を決め付けるより。
「一縷の光」にすら賭けて、もがき足掻く方が、ずっと、ずっと、センスがいい。



⇒これまでの「写真とことば」/⇒「」の項/⇒「可能性」の項
by makisaegusa | 2015-01-18 00:00 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://makisgs.exblog.jp/tb/21486174
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2015-01-20 07:01
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by makisaegusa at 2015-01-21 00:35
> 野花菜っ葉葉っぱぱっぱ

なぁんにもなかったから、人間ではないものたちがノビノビ生きて来られたんだね。
だからこそ、すべてがある!
それが地球の流儀。
うつくしーい!
<< WAPPEN 16:イカセンセン。 「1.17」:20年の歳月と記憶。 >>