天に昇る龍の光。

d0018646_10113938.jpg
奇遇な巡り合わせによって、導かれ、封切られた、神聖なる場所を訪れる旅。
その最後の地で、私たちにギフトされたのは、この美しい光景!

紺碧の空と、雲の陰影、光の濃淡。
輝く光の帯のたなびきが、まるで、天に昇る龍。
龍神の粋な計らいに、歓喜のニヤリ。

嗚呼、絶景、哉。

強い光に、新たなインスピレーションが、満ちてくる。



[Photo: at 天河弁財天 (Tenkawa-Jinja), Yoshino, Nara / 23-Nov-2014]

⇒「旅 + おでかけ」一覧

⇒これまでの「写真とことば」作品リスト/⇒「絶景」の項/⇒「」の項
by makisaegusa | 2014-11-23 23:23 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://makisgs.exblog.jp/tb/21334100
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by iroha525 at 2014-11-26 06:57
封が切れる人は、切れる。
封を切られる人は、切られる。
そのどちらにも共通していることかなって。

この写真も、ほんとに、もー、すごいーーーーー!
Commented by makisaegusa at 2014-11-27 03:21
> いろはなのか!

旅の道中も、愉快の連続だったよ。
そして、すべての出会いがシンプルで美しく潔いものでした。
こうあるべきであると、幸福の中に痛感!
贅なり♪
<< 「無敵」を授ける「ルドラクシャ... 旅行代行旅行組合 [act.5... >>