天晴。

d0018646_2104185.jpg
細胞から、宇宙のレベルに至るまで。
森羅万象は、「動」の連動によって調和を保ち、「静」の領域に、とどまり続けるということがないから。

もしも、変化を恐れ、惰性に甘んじて、現状に安住しようとするならば。
それこそ、この世の摂理に、振り落とされてしまうかもしれない。

「不変」に、固執するのではなくて。
「変化」を受け入れながら、私たちは前進する仕組み。
新たな経験に糧を得て、少しずつ、成長を遂げながら。



⇒これまでの「写真とことば」作品リスト/⇒「」の項/⇒「調和」の項
by makisaegusa | 2014-11-14 00:00 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://makisgs.exblog.jp/tb/21305250
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< アロマティック越冬術:フランキ... アロマティック美人術:クレイは... >>