ヤマとてカベとて。

d0018646_20201056.jpg
いつか、振り返るとき。

越えた逆境の山は、以前よりも少し低く、見え。
越えた困難の壁は、次への扉だったことに、気付く。

挑み、乗り越えたものだけが掴むことの出来る、目新しい景色との遭遇は、人生の醍醐味。

試練のむこう、未踏の地。
拓けた視界に立ったとき、私たちは、真理をまたひとつ手に入れる。
新たな視点に、さらなる発見と知恵を授けられて。
それを、続く旅路の心強い伴侶として。

アンガイ。
ヤマは、オカで、オカには、ミドコロが、溢れていたりするのかも。
アンガイ。
カベは、ドアで、ドアには、ノブが、付いていたりするのかも。



⇒これまでの「写真とことば」作品リスト/⇒「試練」の項/⇒「人生」の項
by makisaegusa | 2014-11-04 00:00 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://makisgs.exblog.jp/tb/21276375
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by iroha525 at 2014-11-07 18:15
ココの景色を初めて見た去年の今月の今日からちょうど一週間後の日。
〇〇の丘。とかいう名前がついているけれど、
どう見ても、こりゃ、山だろー!と。
それを、丘と言い、さらに、〇〇の丘。という名前まで付けてしまう、その感覚こそ、まさに!

ホントに気持ちよくストンと入ってくる言葉たち。
マキッチョ-ーーーーーーーーー!
Commented by iroha525 at 2014-11-07 18:16
きょうも、ありがとう。
Commented by makisaegusa at 2014-11-07 20:50
> のかんなかんはなかなん!

なんだか、イルカとクジラの違いみたいな、空のはじまりがないみたいな、
そんなのと一緒のような気がする〜♪
オモロいなあ、感覚のなせる世界の景観変貌の術!

昨日、とってもいいこと閃いて、制作開始。
それをお歳暮という名目で贈ろうと思うので、グフフとお楽しみにねーーーー!
Commented by makisaegusa at 2014-11-07 20:52
> のかなっぱはなっぱ

こちらこそ!!
Commented at 2014-11-08 10:00
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by makisaegusa at 2014-11-08 18:16
> 野花菜葉子

私が、空と大地に挟まれたのは、南米のパタゴニアに行ったとき!
http://makisgs.exblog.jp/tags/Patagonia/
人間なんて、本当に、ただの隙間に生きさせてもらってるだけの存在なんだと痛感したことを、
いまでも、まざまざと思い出します。

アンクレット!
長らくだなんて、滅相もない〜♪
ありがとう、楽しみにまっていまーす。

今日は、いろんな美味しいものの日。
バンザーイ!
そちらにも、穏やかな週末を。
Commented by iroha525 at 2014-11-08 21:11
そうなんだよ!

隙間に生きさせてもらってるだけの存在。

これ痛感してる。

まだ雪に埋もれてもいないのに、、、
山々の植物に触れているだけで、土を素手で触っているだけで、痛感する。。。

これに尽きるの。

ありがとう!
Commented by makisaegusa at 2014-11-09 13:55
> 野花菜葉虫子

すべては、シンプルなルールに帰結するね。
今日も、ごきげんでありますように。
雪ハフュッフェンズを、心待ちにしていまーす。
<< WA RA SHI BE 20... COLLAGE CARD #3... >>