心温と体温。

d0018646_22592238.jpg
ココロ、カラダ。

どちらも同じ。
冷えれば冷えるほど、自分の冷えには、気付きにくくて。

温かさに触れたとき、やっと知る。
どれほど、冷え切っていたのかということに。

手遅れなほどに、温度を失い、二度と動き出せなくなる前に。
だから、いつでも、もっと、自分のことを気に掛けていて。

それが、自分を知るということ、労るということ、そして、愛するということ。



⇒これまでの「写真とことば」作品リスト/⇒「温度」の項/⇒「」の項
by makisaegusa | 2014-09-23 00:00 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://makisgs.exblog.jp/tb/21152130
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2014-09-27 07:48
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by iroha525 at 2014-09-27 07:48
きょうも、ありがとう。
Commented by makisaegusa at 2014-09-27 11:23
> チャック★チャック!

早いね、もうそんな時間が流れたのか、、、
でも、ちゃあんと新しい道を一歩一歩進めている。
スバラしいこと!

こちら、昨日、今年初のキンモクセイの風をキャッチしたよー。
ひんやりしてきました。

いい週末になりますようにっ☆
Commented by makisaegusa at 2014-09-27 12:26
> 葉花

それはそうと、近江商人!ね。
Commented by iroha525 at 2014-09-27 16:59
わたしも、金木犀の香りを確認しようと、マスクしながら、くんくん!
きたーーーーーーーー!!!
匂いがわかるようになったよー


ただいま。

近江商人。

ねー。。。。。
Commented by makisaegusa at 2014-09-28 09:04
> 葉花

秋は、ビューンと一気に日本中に訪れるのかなあ?
おもしろいね。
そして、キンモクセイの香りだけで、世界がちょっとオレンジ色になったような気になる〜♪
<< アロマティック美人術:ネロリと... [WORKSHOP] 天ぷらと... >>