粋生ル。

d0018646_0393927.jpg
「生きてく」ことの醍醐味は、自分で自分の「人生」をプロデュースすること。
自分で自分の「生活」をデザインすること。
自分で自分の「コンセプト」をまっとうすること。

あらゆる意味において、「デキアイ」のものを軽々しくも採用し、せっかくの「質」を劣化させるのではなく。
日々の隅から隅にまで、しかと意識を巡らせて、
「独自」であることを誇り、「独特」であることを保ち、唯一無二の「自分」を育み続けること。

シンプルに、マッスグに。



⇒これまでの「写真とことば」/⇒「人生」の項/⇒「生きる」の項

⇒『生きてく子ども』HP
by makisaegusa | 2014-05-30 03:00 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://makisgs.exblog.jp/tb/20772135
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by enzo_morinari at 2014-06-04 03:33
九鬼周造も構造的に禿同だ!
Commented by makisaegusa at 2014-06-04 23:50
> 言師

それも私の仕業ーーーー!説!!(笑)
<< 第六回報告:新・果物シール収集癖。 COLLAGE CARD #1... >>