言織 [KotoOri].

言葉を放つことは、言霊を操ることに、等しく。
言葉を大切に紡ぐことは、自分を大切に育むことに、等しい。
d0018646_101614.jpg
骨董かと疑いたくもなるほどに、使い古しの流行り言葉を、
それはそれは無自覚に、拝借して満足しているなんてのは、興ざめの極みで。
他人の言葉を採用する限り、自分は、いつまでも無責任でいられると、勘違ってでもいるかのような。
その不気味さと、節操のなさ、腐臭ただようセンスのなさに、辟易はすれど、心を動かされることなど、決してない。

真に、誰かの心深くに、想いを届けようとするのならば。
言葉の隅々にまで、意識を巡らせて、ナニハナクトモ、自分だけの表現で伝えようとする、その気概を失わないこと。

唯一無二の人生を織りなすには、借り物なんて、所詮は、不要で。
紡がれる糸が、独特であるほど、人は、その美しい彩りに、魅了されるのだから。



⇒これまでの「写真とことば」/⇒「言葉」の項/⇒「人生」の項
by makisaegusa | 2014-05-10 00:15 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://makisgs.exblog.jp/tb/20683842
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 歳・寿 [toShi]. アロマティック紫外線対策:スム... >>