不老不死の言。

自らが、世に放った言葉が、どこかで、誰かに共鳴し、反響し。
いつか再び、私との邂逅を果たすとき。

未だ、そこに、強い生命力が滲み、深い息吹きが宿っているということに、私は、心底の感動と歓喜を覚える。

まるで、死なない言葉。

思考を超越した、鋭利な感性のひとしずくから、産み落とされる系統の言葉は、決まって。
悠久近くの次元に在るかのように、遥か遠くまで、生き続けている。
d0018646_041751.jpg
代筆

忘れがちなあなたに代わって、私が、ここにメモをしておく。

- 自分を低く見積もらないこと。
- 自分を卑下しないこと。
- 過去の自分を後悔ばかりして、今に繋がる自分を否定しないこと。
- 終わりを自分で決めつけないこと。
- 悲観で未来を描かないこと。

そういった感情が、いかなる幸福をも生み出さないことを、肝に銘じておくように。

何時も、遊び心を忘れないように。
自分をちゃんと褒めるように。
これらは、私からの補足としてのメモ。



或る手紙

どんな日々に在っても、あらゆる瞬間に光があることを、いつも心に留めておいてね。



and so on...




⇒これまでの「写真とことば」/⇒「言葉」の項/⇒「言霊」の項
by makisaegusa | 2014-02-16 03:26 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://makisgs.exblog.jp/tb/20353630
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2014-02-18 07:56
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by makisaegusa at 2014-02-18 22:34
> MmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmttttttttT!!!!!

それはそれは、いい旅だったんだね。
きっと、それも、近い将来に起こり得ることだ。
ワクワク、とっても頼もしい。
「そうそう、それよ、それそれー!!」は、もしかしたら、まさに、このことについて言ったことなのかも。
すぐ未来にやってくるよってゆう。笑
わぉ、う。

突如、愛媛に飛ぶ予定、、、弥生の初旬。
宇宙も旅出来そうな心地。
どんな出会いがあるのやら、とっっても愉しみ!
道後温泉のパワーを纏って、戻ります。笑
Commented at 2014-02-19 07:36
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by makisaegusa at 2014-02-19 15:22
> ☆

あ、そういえば、私も、あの建物の中に入ったことない気がしてきた、、、、笑
さっき、エアも確保して、いざ。
なにそれ、しげのぶちょう!?
調べてみよーっと。
ありがとう。
Commented at 2014-02-19 16:52
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by makisaegusa at 2014-02-19 17:31
> ☆★

その名も、大街道!!
懐かしいなあ、学生時代だっけ、いつだっけ、バスで行った気がするなあ。
私もあの通り、楽しかった記憶。
あとは、そこかしこにミカンの樹が生えていたこと!

重信町!!
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%8D%E4%BF%A1%E7%94%BA
なんと、2004年に町村合併でなくなってたーーーー!!!(涙)
そういえば、飛行機で行くのは初めてだから、どんな風景が見えるのやら、愉しみにしてよっと。
それにしても、もう3月が迫っているーーーー!
Commented at 2014-02-20 10:25
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by makisaegusa at 2014-02-20 20:28
> ǩȏṣẙɵ

私は、大地の誕生日の翌日に飛ぶので、3月に入ってからです。
昨日、チケットも確保したし、たった3日だけど、間違いなく満喫。
しかも、既にめくるめく出会いが約束されているので、あれこれ、報告にご期待を!
すべてが、然るべく繋がっているので、何の迷いもなく、
そして障壁までもが、まんまと思惑通りに取っ払われてくれるのですから、
行かぬ訳にはいかない、、、むしろ、そういう思し召しだと思うより他にないのでした。
イエース!

穏やかで心躍る旅を。
そして、気を付けてね。
<< "粋更-kisara... ネ。 >>